KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

日置 智津子ヒオキ チヅコ

プロフィール

所属部署名東洋医学研究所
職名講師
学位博士(薬学)
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/50393195.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究キーワード

  • 漢方薬, 脱共役タンパク質, 防風通聖散, アトピー性皮膚炎, 艾葉, 全人的医療, 東洋医学, 香気成分, 肥満症, 褐色脂肪組織, マイクロアレイ, マウス, センノシド, 寿命延長

MISC

  • 27-P2PM-007 東海大学医学部付属病院における漢方薬の使用状況と病棟での活用(使用状況調査、意識調査2,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア), 矢野 忠, 平綿 洋子, 橋本 昌宜, 岸川 悦子, 市川 訓, 宮坂 宗男, 日置 智津子, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24,   2014年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009880147
  • 土-P1-043 薬局における漢方薬の使用状況および意識調査(一般演題 ポスター発表,使用状況調査・意識調査,再興、再考、創ろう最高の医療の未来), 日置 智津子, 稲垣 承二, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23,   2013年08月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009796300
  • 加療中に治療薬剤の変更を要した出血性潰瘍性大腸炎の一例, 荒井 勝彦, 日置 智津子, 張 民浩, 高士 将典, 新井 信, 和泉 俊一郎, 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine, 61, 3, 308, 312,   2010年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030705168
    概要:症例は33歳,男性。潰瘍性大腸炎による下血の初回発作と再発作において,経時的に病態が変化し,初回発作とは異なる方剤により緩解した症例を経験したので報告する。X年5月,下血にて発症。他施設にて精査し,潰瘍性大腸炎(直腸炎型)と診断され,5‐ASAとステロイド座薬,整腸剤を投与するも緩解せず,漢方治療を希望され,当科受診した。前述した薬に加えて,柴苓湯エキス(9.0g/日)と芎帰膠艾湯エキス(9.0g/日)の併用で下血症状は改善し緩解した。その後,再出血の際に同方剤を用いたが緩解の効果は得られなかった。初回下血発作と異なる点は,先に便が出て,その後に出血した状態(先便後血)であり,"先便後血"症状は『金匱要略』の黄土湯の条文中の"遠血"症状であり,煎剤である黄土湯に処方を変更した。服用1カ月後には下血は少なくなり,服用2カ月後には下血症状は殆んど消失した。大腸内視鏡検査所見でも,直腸の活動性炎症性変化は軽快していた。本症は治療中に有効な処方が変わったことが,病位が変化したと説明できる興味深い症例と考えられた。
  • 内分泌代謝疾患と漢方, 吉田 麻美, 日置 智津子, 新井 信, 福澤 素子, 漢方の臨床, 56, 10, 1641, 1666,   2009年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025534053
  • 漢方医学基礎教育における医療薬学体験チーム型実習の導入と評価, 日置 智津子, 荒井 勝彦, 高士 将典, 新井 信, 藥學雜誌, 128, 10, 1467, 1473,   2008年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006935754
    概要:A model core curriculum was proposed by the government in 2001 that outlined the core structure for undergraduate medical education, in which a Kampo medicine educational program was established. The following year, it was introduced in pharmacy as well as medicine. For fourth-year students at Tokai Medical University, a lecture on Kampo herbal medicine, focusing on clinical pharmacy, was given using team-based learning. Students learned the fundamental mechanism of Kampo medicine through team discussions about their subjective assessment of herbal medicine "Keishito" using their sensory organs and comparing objective analysis data of the main ingredients of Cinnamomi Cortex. They found that knowledge about Kampo medicine can come not only from clinical trials but also from objective observation. Through this educational program, almost all had an increased interest in the possible therapeutic value of herbal medicine. The results of examinations on Kampo herbal medicine showed that this program motivated students, especially those who had less or little interest in Kampo medicine before the lecture. The lecture-style team-based format could also facilitate a mutually supportive atmosphere, because negative feelings and concerns regarding initial traditional medicine can freely be expressed. In future, pharmacists as medical staff will provide preventive and curative primary care; since, for example, the Japanese government is pressing forward to prevent metabolic syndrome, which is related to lifestyle, this project could not have been completed without the cooperation of health professionals such as pharmacists. The present educational program in Kampo medicine may also be recommended for clinical pharmacy education.
  • 20H-01 漢方医学基礎教育における医療薬学体験チーム型実習の導入と評価(薬学教育(モデル・コアカリキュラム)・卒後研修・研修制度,来るべき時代への道を拓く), 日置 智津子, 荒井 勝彦, 高士 将典, 新井 信, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 18,   2008年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006963824
  • エビデンスによる漢方の再構築 : メタボリックシンドロームに対する防風通聖散の有効性の検討, 日置 智津子, 荒井 勝彦, 高士 将典, 新井 信, 医療薬学, 34, 6, 513, 521,   2008年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006782056
    概要:Obesity is one of the most common metabolic diseases, and obesity-associated disorders have reached epidemic proportions. Abdominal obesity in particular has been linked with elevations in total cholesterol (TC), low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C), and triacylglycerol (TG), as well as with decreased high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C), and is also associated with elevated blood pressure. It has been noted that excessive fat tissue in and around the abdomen leads to the very common disorder of metabolic syndrome but effective prophylactic agents and methods for treating it have not yet been discovered. Amid these circumstances, Bofutsushosan (BF), a Kampo (Chinese herbal medicine) remedy, has been studied as an antiobesity drug for the treatment of metabolic disorders. Specialists in Kampo medicine have prescribed BF for "Himan-Shou" (obesity with large waist and potbelly) through Kampo diagnosis based on "Shou" (constitution), which cannot be said to be the same condition as the obesity that is prevalent worldwide since it is diagnosed by the procedures of western medicine. Thus in order for BF to be accepted as an anti obesity treatment in modern medicine, much data must be collected on the mechanism by which it reduces fat as well as its safety. There also need to be ethical guidelines for its use for this purpose. With this in mind, we first conducted basic experiments on obese mice and then double-blind, randomized controlled trials on outpatients in an obesity clinic. The aim of this study was to test the effectiveness of Bofutsushosan in clinical practice, in particular for obesity with impaired glucose tolerance (IGT) which is reported to increase the risk of cardiovascular events, using western medical procedures and scientific evaluation methods.
  • 029 肝気鬱結証の臨床的考察について(続報)(伝統医学的病態3,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会), 荒井 勝彦, 日置 智津子, 高士 将典, 新井 信, 和泉 俊一郎, 日本東洋醫學雜誌, 59, 0,   2008年05月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006839347
  • 263 体験型実習を取り入れた東洋医学教育の成果(第1報) : 東洋医学教育に有用な授業形態の導入(教育2,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会), 新井 信, 荒井 勝彦, 日置 智津子, 高士 将典, 本多 正光, 和泉 俊一郎, 日本東洋醫學雜誌, 59, 0,   2008年05月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006839580
  • 264 体験型実習を取り入れた東洋医学教育の成果(第2報) : 漢方生薬実習講義の導入は東洋医学教育に有用である(教育2,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会), 日置 智津子, 新井 信, 荒井 勝彦, 高士 将典, 付和 隆子, 和泉 俊一郎, 日本東洋醫學雜誌, 59, 0,   2008年05月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006839581
  • 265 体験型実習を取り入れた東洋医学教育の成果(第3報) : 鍼灸実習の成果(教育2,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会), 高士 将典, 荒井 勝彦, 日置 智津子, 和泉 俊一郎, 日本東洋醫學雜誌, 59, 0,   2008年05月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006839582
  • エビデンスによる漢方の再構築:メタボリックシンドロームに対する防風通聖散の有効性の検討, 日置 智津子, 荒井 勝彦, 高士 将典, 新井 信, 医療薬学, 34, 6, 513, 521,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004502447
    概要:Obesity is one of the most common metabolic diseases,and obesity-associated disorders have reached epidemic proportions.Abdominal obesity in particular has been linked with elevations in total cholesterol (TC),low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C),and triacylglycerol (TG),as well as with decreased high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C),and is also associated with elevated blood pressure.It has been noted that excessive fat tissue in and around the abdomen leads to the very common disorder of metabolic syndrome but effective prophylactic agents and methods for treating it have not yet been discovered.Amid these circumstances,Bofutsushosan (BF),a Kampo (Chinese herbal medicine) remedy,has been studied as an antiobesity drug for the treatment of metabolic disorders.Specialists in Kampo medicine have prescribed BF for"HimanShou"(obesity with large waist and potbelly) through Kampo diagnosis based on"Shou"(constitution),which cannot be said to be the same condition as the obesity that is prevalent worldwide since it is diagnosed by the procedures of western medicine.Thus in order for BF to be accepted as an anti obesity treatment in modern medicine,much data must be collected on the mechanism by which it reduces fat as well as its safety.There also need to be ethical guidelines for its use for this purpose.With this in mind,we first conducted basic experiments on obese mice and then double-blind,randomized controlled trials on outpatients in an obesity clinic.The aim of this study was to test the effectiveness of Bofutsushosan in clinical practice,in particular for obesity with impaired glucose tolerance (IGT) which is reported to increase the risk of cardiovascular events,using western medical procedures and scientific evaluation methods.
  • Bofutsushosan use for obesity with IGT : search for scientific basis and development of effective therapy with Kampo medicine, 日置 智津子, Arai Makoto, 和漢医薬学雑誌, 24, 4, 115, 127,   2007年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006367499
    概要:メタボリックシンドロームを構成する疾病は,単独でも動脈硬化症を発症させるが,未病の段階で,これらの症候が重なると動脈硬化が進展する。早期治療が最も重要である。特に耐糖能異常(impaired glucose tolerance: IGT)患者は脳梗塞と冠動脈疾患を併せた心血管病の発症率が高いと報告があり,IGTは,メタボリックシンドロームの中心に位置する。そこで東洋医学的診断による"肥満症"に適応が認められている防風通聖散が,西洋医学的診断基準の肥満症,メタボリックシンドロームに有効であるかをIGTを伴う肥満症女性患者81名の協力により調査した。その結果,安静時代謝量を減少させずに体脂肪量の減少が見られた。特に腹部内臓脂肪および胴囲が有意に減少し,インスリン抵抗性の改善が認められ,メタボリックシンドロームの改善に有効であると考えられた。この臨床研究展開に先駆けて,防風通聖教の体重および脂肪減量効果が肥満動物を用いて調べられた。保険適応のもとに使用されている漢方薬を,現代疾病治療に活用する,つまり一定の範躊において西洋薬と同様に病名治療に使用するために,作用織序が明らかにされている成分系と比較した実験研究が行われた。ここではカフェインとエフェドリン併用における熱産生効果との比較がなされた。その結果,防風通聖散は熱産生組織である褐色脂肺組織を活性化し,白色脂肪組織の脂肪分解を促進することが示された。この効果は麻黄に含まれるエフェドリンにより交感神経が活性化され,さらに甘草,荊芥,連翹の持つフォスフォディエステラーゼ阻害作用(カフェインの効果に類似)が相加的に働いた結果であることが明らかとなった。肥満症やメタボリックシンドローム予備軍の増加にもかかわらず,その有効な治療対策は見つけられていない。フランスでは,エフェドリン・カフェインの合剤が, Letigen^[○!R]として市販されてきたが,2004年,米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)は,エフェドリンアルカロイドを含む栄養補助食品(ダイエタリーサプリメント)の販売を禁止した。日本では,β-アドレナリン受容体を剌激し,ニューロンを介して満腹中枢に促進的,摂食中枢には抑制的に作用する食欲抑制剤が,BMI 35 kg/m^2以上の肥満症に限られ,投与期間も3ヵ月間に限定され保険適応されている。これらの生活習慣と密接に関わる疾病の世界的増加は,その予防や治療の難しさを物語っている。そこで防風通聖歌の肥満症患者に対する臨床効果を中心に,西洋医学的治療における漢方適応の今後の国際的展望にむけて概説する。
  • 146 脊髄腫瘍の疼痛コントロールに柴苓湯と八味地黄丸が有効であった1例(整形外科疾患1, 第58回日本東洋医学会学術総会), 新井 信, 荒井 勝彦, 日置 智津子, 高士 将典, 日本東洋醫學雜誌, 58, 0,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006395216
  • 157 随証治療により軽快した乾燥性紅斑型アトピー性皮膚炎の一例(漢方処方・湯液6, 第58回日本東洋医学会学術総会), 荒井 勝彦, 日置 智津子, 高士 将典, 新井 信, 日本東洋醫學雜誌, 58, 0,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006395227
  • 191 東洋医学科の併設が鍼灸外来の患者層へ与える影響の検討(鍼灸3, 第58回日本東洋医学会学術総会), 高士 将典, 荒井 勝彦, 日置 智津子, 新井 信, 日本東洋醫學雜誌, 58, 0,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006395261
  • 30P2-009 薬剤師が参画した肥満症治療1 : 防風通聖散はIGTを伴う肥満症患者に有効である(薬物療法(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた), 日置 智津子, 吉田 俊秀, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16,   2006年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006961565