KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

桑原 基クワハラ モトイ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名講師
学位医学博士
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/08/03

学歴・経歴

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学医学部(講師)
  •   2014年04月,  - 2017年03月, 近畿大学医学部(医学部講師)
  •   2012年,  - 2012年, University of Glasgow
  •   2007年04月,  - 2014年03月, 近畿大学医学部(助教)
  •   2005年,  - 2007年, 近畿大学医学部附属病院(臨床研修)

研究活動情報

論文

  • Acute demyelinating polyneuropathy induced by nivolumab., Fukumoto Y, Kuwahara M, Kawai S, Nakahama K, Kusunoki S, Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry,   2017年08月, 査読有り
  • ELectron microscopic abnormality and therapeutic efficacy in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy with anti-neurofascin155 immunoglobulin G4 antibody., Kuwahara M, Suzuki H, Oka N, Ogata H, Yanagimoto S, Sadakane S, Fukumoto Y, Yamana M, Yuhara Y, Yoshikawa K, Morikawa M, Kawai S, Okazaki M, Tsujimoto T, Kira JI, Kusunoki S, Muscle & nerve,   2017年08月, 査読有り
  • Diagnosis of Parkinson's disease and the level of oxidized DJ-1 protein., Yamagishi Y, Saigoh K, Saito Y, Ogawa I, Mitsui Y, Hamada Y, Samukawa M, Suzuki H, Kuwahara M, Hirano M, Noguchi N, Kusunoki S, Neuroscience research,   2017年07月, 査読有り
  • Characterization of the neurological diseases associated with Mycoplasma pneumoniae infection and anti-glycolipid antibodies., Kuwahara M, Samukawa M, Ikeda T, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Kusunoki S, Journal of neurology, 264, 3, 467, 475,   2017年03月, 査読有り
  • Serological study using glycoarray for detecting antibodies to glycolipids and glycolipid complexes in immune-mediated neuropathies., Morikawa M, Kuwahara M, Ueno R, Samukawa M, Hamada Y, Kusunoki S, Journal of neuroimmunology, 301, 35, 40,   2016年12月, 査読有り
  • Electrophysiological assessment of Guillain-Barré syndrome with both Gal-C and ganglioside antibodies; tendency for demyelinating type., Samukawa M, Kuwahara M, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S, Journal of neuroimmunology, 301, 61, 64,   2016年12月, 査読有り
  • Characterization of IgG4 anti-neurofascin 155 antibody-positive polyneuropathy., Ogata H, Yamasaki R, Hiwatashi A, Oka N, Kawamura N, Matsuse D, Kuwahara M, Suzuki H, Kusunoki S, Fujimoto Y, Ikezoe K, Kishida H, Tanaka F, Matsushita T, Murai H, Kira J, Annals of clinical and translational neurology, 2, 10, 960, 971,   2015年10月, 査読有り
  • Binding specificity of anti-HNK-1 IgM M-protein in anti-MAG neuropathy: possible clinical relevance., Hamada Y, Hirano M, Kuwahara M, Samukawa M, Takada K, Morise J, Yabuno K, Oka S, Kusunoki S, Neuroscience research, 91, 63, 68,   2015年02月, 査読有り
  • Possible paraneoplastic etiology in a case of Guillain–Barré syndrome with tumoral expression of ganglioside GM3, Yuriko Nakaoku, Masafumi Ihara, Yoshiki Hase, Yoko Okamoto, Satoshi Saito, Miki Hishizawa, Kengo Uemura, Motoi Kuwahara, Nobuyuki Oka, Susumu Kusunoki and Ryosuke Takahashi, Neurology and Clinical Neuroscience, 2, 5, 169, 171,   2014年09月, 査読有り
  • Clinical features in Guillain-Barré syndrome with anti-Gal-C antibody., Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S, Japanese GBS Study Group., Journal of the neurological sciences, 337, 1-2, 55, 60,   2014年02月, 査読有り
  • 抗SGPG IgG抗体陽性、抗MAG/SGPG IgM抗体陰性のIgM M蛋白血症にともなう多発ニューロパチーの1例, 中村 治子, 遠藤 雅直, 菅原 恵梨子, 桑原 基, 楠 進, 田中 章景, 高橋 竜哉, 臨床神経学, 53, 10, 799, 802,   2013年10月
    概要:症例は84歳男性である。左顔面、四肢遠位優位の感覚障害を呈した。神経伝導検査上遠位潜時の延長がめだたないが、CMAP、SNAPの振幅が低下していた。血液検査でIgM型M蛋白血症、抗SGPG IgG抗体をみとめ、抗SGPG抗体関連ニューロパチーと診断した。抗MAG IgG、IgM抗体、抗SGPG IgM抗体陰性である点が、既報告の抗MAG/SGPG IgM抗体陽性の多発ニューロパチーと異なった。IgM型M蛋白血症における抗MAG活性を持たない抗SGPG IgG抗体陽性の多発ニューロパチーの報告はなく貴重な症例と考えられた。(著者抄録)
  • Clinical features of CIDP with LM1-associated antibodies., Kuwahara M, Suzuki H, Samukawa M, Hamada Y, Takada K, Kusunoki S, Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry, 84, 5, 573, 575,   2013年05月, 査読有り
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーの臨床的および血清学的解析, 鈴木 秀和, 桑原 基, 山藤 聖子, 寒川 真, 濱田 征宏, 楠 進, 神経治療学, 30, 2, 173, 179,   2013年03月
    概要:慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy:CIDP)は、難治性の末梢神経に対する自己免疫性疾患であるが、その病態は未解明の部分が多い。本研究では、2010年のEuropean Federation of Neurological Societies/Peripheral Nerve Society(EFNS/PNS)のCIDP診断基準に基づいてprobable以上であった106例を解析した。抗糖脂質抗体の測定と、ファーストラインの治療である免疫グロブリン大量療法(intravenous immunoglobulins:IVIG)、副腎皮質ステロイド療法の反応性を中心にアンケート調査に基づいて、臨床的解析を行った。抗糖脂質抗体陽性率は8.4%であった。IVIGの有効率は86%、副腎皮質ステロイド療法の有効率は69%であった。髄液中総蛋白が高値(>100mg/dl)であった症例はIVIGもしくは副腎皮質ステロイド療法にて反応性が得られていた。また、少数例での検討であったが、抗糖脂質抗体陽性例は感覚障害が優位である例が多かった。(著者抄録)
  • An antibody to the GM1/GalNAc-GD1a complex correlates with development of pure motor Guillain-Barré syndrome with reversible conduction failure., Ogawa G, Kaida K, Kuwahara M, Kimura F, Kamakura K, Kusunoki S, Journal of neuroimmunology, 254, 1-2, 141, 145,   2013年01月, 査読有り
  • Details of treatment-related difficulties in men with anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis., Sakamoto H, Hirano M, Samukawa M, Ueno S, Maekura S, Fujimura H, Kuwahara M, Hamada Y, Isono C, Tanaka K, Kusunoki S, Nakamura Y, European neurology, 69, 1, 21, 26,   2013年, 査読有り
  • [A case of IgM paraproteinemic neuropathy associated with anti-sulfated glucuronic paragloboside (SGPG) IgG antibody without anti-myelin-associated glycoprotein (MAG) activity]., Nakamura H, Endo M, Sugawara E, Kuwahara M, Kusunoki S, Tanaka F, Takahashi T, Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 53, 10, 799, 802,   2013年, 査読有り
  • Refractory acute disseminated encephalomyelitis with anti-galactocerebroside antibody., 楠 進, 平野 牧人, 高田 和男, 桑原 基, 北田茉里, 中村 雄作, 寒川 真, 阪本 光, 鈴木聖子, Jun Tsugawa, Emi Tabata, Tatsuo Yamada, Hideo Hara, Yoshio Tsuboi, Neurosci Res, 74, 3-4, 284, 289,   2012年12月, 査読有り
  • Intravenous immunoglobulin (IVIg) with methylprednisolone pulse therapy for motor impairment of neuralgic amyotrophy: clinical observations in 10 cases., Naito KS, Fukushima K, Suzuki S, Kuwahara M, Morita H, Kusunoki S, Ikeda S, Internal medicine (Tokyo, Japan), 51, 12, 1493, 1500,   2012年, 査読有り
  • Miller Fisher syndrome associated with influenza A infection., Hara M, Morita A, Ichihara K, Kashima Y, Kamei S, Kuwahara M, Kusunoki S, Internal medicine (Tokyo, Japan), 51, 18, 2621, 2623,   2012年, 査読有り
  • Antibodies to LM1 and LM1-containing ganglioside complexes in Guillain-Barré syndrome and chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy., Kuwahara M, Suzuki S, Takada K, Kusunoki S, Journal of neuroimmunology, 239, 1-2, 87, 90,   2011年10月, 査読有り
  • 急速な症状の進行を認めたAcute oropharyngeal palsy(AOP)の1例, 岡崎 真央, 桑原 基, 豊増麻美, 塩山実章, 三井 良之, 楠 進, 近畿大学医学雑誌, 34, 4, 291, 295,   2009年12月
  • 脳波でPSDを呈したMELASの一例, 山田 郁子, 桑原 基, 阪本 光, 中村 雄作, 大阪てんかん研究会雑誌, 20, 1, 1, 2,   2009年10月
    概要:遺伝子診断でミトコンドリア遺伝子3243変異をみとめ、脳卒中様症状を伴うミトコンドリア脳筋症(Mitochondrial myopathy、Encephalopathy、Lactic Acidosis、Stroke-like episodes,MELAS)と診断され、脳卒中様発作の再発、軽快を繰り返した症例である。脳波異常が続き、フェニトイン内服を続けていたが、2008年12月再発し、頭部MRIでは右側頭葉などに多発する新たな病変をみとめ、脳波では同期性周期性放電(PSD)をみとめた。経過とともに、脳波でのPSDは改善した。(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • 抗NF155抗体陽性慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP)の1例, 柳本 諭志, 山名 正樹, 岡崎 真央, 桑原 基, 楠 進, 岡 伸幸, 日本神経学会 近畿地方会,   2017年
  • 慢性免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体, 桑原 基, 日本末梢神経学会学術総会,   2016年
  • 好酸球性肺炎の治療経過中に免疫性脱髄性ニューロパチーを発症した一例, 寒川 真, 油原 佳子, 桑原 基, 三井 良之, 岡 伸幸, 楠 進, 日本末梢神経学会学術総会,   2016年
  • HNK-1エピトープを認識するIgM M蛋白を伴うニューロパチー抗体affinityの変化と臨床経過, 濱田 征宏, 桑原 基、寒川 真, 森瀬 譲二, 堀内 恵美子, 岡 昌吾, 楠 進, 日本末梢神経学会学術総会,   2016年
  • 病理学的に血管炎の合併も認めたFBLN5遺伝子の異常によるCharcot-Marie-Tooth病の1症例, 山岸 裕子、寒川 真、桑原 基、三井 良之、岡 伸幸、橋口 昭大、高嶋 博、楠 進, 日本末梢神経学会学術総会,   2016年
  • Useful laboratory markers for predicting anti-NF155 antibody status among CIDP patirnts, 緒方英紀, 山崎 亮, 岡 伸幸, 桑原 基, 鈴木秀和, 楠 進, 八木洋輔, 横田隆徳, 松下拓也, 吉良潤一, 日本神経学会学術大会,   2016年
  • Antibodies to paranodal and juxtaparanodal proteins in CIDP and MMN, 桑原 基, 森川ゆみき, 上野莉乃 ,寒川 真, 濱田征宏, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2016年
  • 抗MAG抗体ニューロパチー:抗体affinityの変動と臨床経過, 濱田征宏, 桑原 基, 寒川 真, 森瀬譲二, 堀内惠美子, 岡 昌吾, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2016年
  • 他の抗糖脂質抗体を伴ったGal-C抗体陽性GBSの臨床的・電気生理学的検討, 寒川 真, 上野莉乃, 濱田征宏, 桑原 基, 平野牧人, 三井良之, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2016年
  • わが国におけるGBSの予後予測マーカーの検討, 山岸裕子, 鈴木秀和, 寒川 真, 桑原 基, 濱田征宏, 福本雄太, 山名正樹, 油原佳子, 吉川恵輔, 森川みゆき, 上野莉乃, 河合 滋, 岡崎真央, 西郷和真, 宮本勝一, 三井良之, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2016年
  • Electrophysiological assessment in Guillain-Barré syndrome with both anti-Gal-C and other ganglioside antibodies, Samukawa M, Kuwahara M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2016年
  • Kuwahara M, Samukawa M, Hamada Y, Kusunoki S, The spectrum of neurological diseases associated with Mycoplasma pneumoniae infection and anti-glycolipid antibodies, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2016年
  • Valuable objective markers for predicting anti-neurofascin 155 antibody status among CIDP patients, Ogata H,Yamasaki R,Oka N,Kuwahara M,Suzuki H,Kusunoki S,Yagi Y,Yokota T,Matsushita T,Kira J, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2016年
  • 免疫介在性ニューロパチーと自己抗体 Update, 桑原 基, 日本神経治療学会総会,   2015年
  • 単純血漿交換が有効であったGAD抗体低力価陽性小脳性運動失調症の1例, 寒川 真, 山岸裕子, 森川みゆき, 桑原 基, 三井良之, 北口正孝, 楠 進, 日本神経治療学会総会,   2015年
  • RCVS, 片麻痺性頭痛の両者の病態から考えられ、治療経過中に群発頭痛を呈した一例, 濱田征宏, 福本雄太, 河合 滋, 西郷和真, 桑原 基, 鈴木秀和, 寒川 真, 楠 進, 日本頭痛学会総会,   2015年
  • 単純血漿交換療法が奏功した抗Neurofascin 155抗体陽性CIDPの1例, 桑原 基, 福本雄太, 岡崎真央, 森川みゆき, 三井良之, 岡 伸幸, 緒方英紀, 吉良潤一, 楠 進, 日本末梢神経学会学術集会,   2015年
  • 遺伝性と考えられる末梢神経障害に血管炎性末梢神経障害を合併した一症例, 山岸裕子, 寒川 真, 桑原 基, 三井良之, 岡 伸幸, 楠 進, 日本末梢神経学会学術集会,   2015年
  • 抗SGPG抗体陰性のIgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーにおける血清学的および臨床的特徴の解析, 桑原 基, 濱田征宏, 森川みゆき, 上野莉乃, 寒川 真, 楠 進, 日本神経免疫学会学術集会,   2015年
  • わが国におけるGBSの予後予測マーカー(EGRISおよびmEGOS)の検討, 鈴木秀和, 桑原 基, 濱田征宏, 市橋珠里, 加藤茉里, 寒川 真, 岡崎真央, 河合 滋, 上野莉乃, 山岸裕子, 森川みゆき, 吉川恵輔, 山名正樹, 福本雄太, 油原佳子, 高田和男, 西郷和真, 宮本勝一, 三井良之, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2015年
  • 当院で経験した抗signal recognition particle抗体陽性筋症の臨床像, 寒川 真, 吉川恵輔, 山岸裕子, 河合 滋, 岡崎真央, 志賀俊彦, 濱田征宏, 桑原 基, 鈴木秀和, 野崎祐史, 鈴木重明, 西郷和真, 三井良之, 西野一三, 船内正憲, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2015年
  • Combinatorial Glycoarrayによる網羅的抗糖脂質抗体の検出-ELISAとの比較-, 桑原 基, 森川みゆき, 上野莉乃, 寒川 真, 濱田征宏, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2015年
  • グライコアレイを用いた免疫性ニューロパチーにおける血中糖脂質複合体抗体の解析, 森川みゆき, 上野莉乃, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2015年
  • 合成GM1dimerに対する抗GM1抗体の反応性の解析:Guillain-Barré syndromeにおける検討, 中川慶一, 桑原 基, 楠 進, 尾上祐行, 池脇克則, 日本神経学会学術大会,   2015年
  • Clinical and serological investigation of IgM paraproteinemic neuropathies without anti-MAG antibody activities, Kusunoki S, Kuwahara M, Hamada Y, Morikawa M, Ueno R, Samukawa M, Mitsui Y, World Congress of Neurology,   2015年
  • Clinical Manifestation in Necrotizing Myopathy: Possible Association With Tumor Malignancy, Samukawa M, Yoshikawa K, Kawai S, Okazaki M, Shiga T, Hamada M, Kuwahara M, Suzuki H, Nozaki Y, Saigoh K, Mitsui Y, Funauchi M, Kusunoki S, Annual Meeting of the American Neurological Association,   2015年
  • Neuropathy with anti-MAG/SGPG-negative IgM M-proteins: Clinical and serological features, Kusunoki S, Kuwahara M, Hamada Y, Morikawa M, Ueno R, Samukawa M, Mitsui Y, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2015年
  • The reactivity of anti-GM1 antibody to dimeric GM1-GM1: Comparison with reactivity to bovine GM1 and its clinical relevance, Nakagawa K, Kaida K, Kuwahara M, Kusunoki S, Ciampa MG, Mauri L, Sonnino S, Ikewaki K, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2015年
  • 妊娠期の視神経脊髄炎関連疾患2例の治療経験, 寒川 真, 山岸裕子, 加藤茉里, 桑原 基, 宮本勝一, 楠 進, 日本神経治療学会総会,   2014年
  • 純粋運動型CIDPと初期診断したlipoprotein-receptor-related protein 4抗体陽性重症筋無力症の1例, 鈴木秀和, 森川みゆき ,濱田征宏, 加藤茉里, 油原佳子, 岡崎真央, 桑原 基, 樋口 理, 中根俊成, 三井良之, 楠 進, 日本神経治療学会総会,   2014年
  • 頭痛と視力低下で発症した真菌性視神経症の1例, 岡崎真央, 福本雄太, 桑原 基, 西郷和真, 三井良之, 宮下美恵, 楠 進, 日本頭痛学会総会,   2014年
  • 抗GQ1b IgG抗体が陽性であったインフルエンザウィルス感染後のギラン・バレー症候群の2例, 岡崎真央, 桑原 基, 加藤茉里, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進, 日本神経感染症学会総会学術集会,   2014年
  • 神経疾患における抗GM3抗体の検討, 桑原 基, 濱田征宏, 寒川 真, 上野莉乃, 高田和男, 楠 進, 日本神経免疫学会学術集会,   2014年
  • 抗GalNAc-GD1a抗体陽性症例における臨床病型の解析, 濱田征宏, 上野莉乃, 寒川 真, 桑原 基, 高田和男, 三井良之, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2014年
  • 免疫性神経疾患における抗糖脂質抗体クラススイッチの検討, 寒川 真, 桑原 基, 上野莉乃, 濱田征宏, 高田和男, 三井良之, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2014年
  • 自律神経障害を呈するGuillain-Barré症候群の臨床的特徴と抗糖脂質抗体の解析, 高崎 寛, 海田賢一, 森口幸太, 桑原 基, 楠 進, 尾上祐行, 池脇克則, 日本神経学会学術大会,   2014年
  • インフルエンザウィルス感染後のGuillain-Barré症候群及びFisher症候群, 桑原 基, 寒川 真, 濱田征宏, 高田和男, 楠 進, 日本神経学会学術大会,   2014年
  • 抗糖脂質抗体陰性Guillain-Barré syndromeにおける抗neurofascin抗体の検索, 森口幸太, 高崎 寛, 桑原 基, 楠 進, 尾上祐行, 池脇克則, 海田賢一, 日本神経学会学術大会,   2014年
  • Electrophysiological features of Guillain-Barré syndrome associated with anti-galactocerebroside antibodies as well as anti-ganglioside antibodies, Kusunoki S, Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, International Congress of Neuroimmunology,   2014年
  • Clinical and electrophysiological analysis in Guillain-Barré syndrome with anti-Gal-C, Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S and the Japanese GBS Study Group, Annual Meeting of the American Neurological Association,   2014年
  • anti-GalNAc-GD1a antibodies in multifocal motor neuropathy and related disorders, Hamada Y, Samukawa M, Kuwahara M, Mitsui Y, Kusunoki S,   2014年
  • The anti-glycolipid antibodies binding to both GQ1B and GM1/GD1A complex in Guillain-Barré syndrome and Fisher syndrome, Kuwahara M, Hamada Y, Samukawa M, Takada K, Sonnino S, Kusunoki S, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2014年
  • Electrophysiological subtypes of GBS with anti-Gal-c antibodies and other anti-glycolipid antibodies, Kusunoki S, Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Meeting of the Peripheral Nerve Society Meeting,   2014年
  • Electrophysiological analyses in GBS with anti-Gal-C antibody and other anti-glycolipid antibodies, Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Kusunoki S, the Scientific Committee of the 14th Asian and Oceanian Congress of Neurology (AOCN 2014),   2014年
  • 抗Gal-C抗体かつ他の抗糖脂質抗体も陽性であったGuillain-Barre症候群の電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 髙田 和男, 三井 良之, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • A Case of Anti-AQP4 Antibody Related Myelitis With HTLV-1 Antibody., 楠 進, 上野莉乃, 河合 滋, 桑原 基, 三井 良之, 宮本 勝一, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.,   2013年11月, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.
  • Refractory acute disseminated encephalomyelitis with anti-galactocerebroside antibody, 楠 進, 寒川 真, 平野 牧人, 阪本 光, 高田 和男, 桑原 基, 鈴木 聖子, 北田 茉里, 中村 雄作, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, Department of Neurology, Saga University School of Medicine, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, Department of Neurology, Saga University School of Medicine, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, the American Neurological Association's 2013 Annual Meeting,   2013年10月, the American Neurological Association's 2013 Annual Meeting
  • 抗galactocerebsoside抗体陽性で末梢神経障害を合併した急性散在性脳脊髄炎の臨床的特徴, 楠 進, 平野 牧人, 阪本 光, 高田 和男, 桑原 基, 山藤聖子, 加藤茉里, 中村 雄作, 寒川 真, 津川 潤, 田畑絵美, 山田達夫, 原 英夫, 坪井義夫, 第24回日本末梢神経学会学術集会,   2013年08月, 第24回日本末梢神経学会学術集会
  • 小脳失調で発症した悪性リンパ腫と考えられる傍腫瘍性症候群の1例, 楠 進, 森川みゆき, 岡崎真央, 桑原 基, 江本正克, 日本神経学会第98回近畿地方会,   2013年06月, 日本神経学会第98回近畿地方会
  • 血液および髄液中HTLV-1抗体が陽性であったアクアポリン4抗体陽性脊髄炎の一例, 河合 滋, 桑原 基, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 沼本 勲, 日本神経学会第98回近畿地方会,   2013年06月, 日本神経学会第98回近畿地方会
  • Guillain-Barre症候群及びFisher 症候群におけるGQ1bと交差反応を示す抗GM1/GD1a抗体, 桑原 基, 濱田征宏, 寒川 真, 高田 和男, 楠 進, Laura Mauri, Sandro Sonnino, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーにおけるHNK-1抗体活性と臨床特徴の関連, 楠 進, 濱田征宏, 寒川 真, 桑原 基, 高田 和男, 宮本 勝一, 藪野景子, 森瀬譲二, 岡 昌吾, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 抗galactocerebroside抗体陽性Guillain-Barre症候群の臨床的、電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 鈴木 秀和, 高田 和男, 三井 良之, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 低補体活性化能の抗ガングリオシド抗体についての検討, 汐崎 祐, 楠 進, 桑原 基, 東原真奈, 尾上祐行, 池脇克則, 海田賢一, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 抗galactocerebroside抗体陽性Guillain-Barre症候群の臨床的・電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 鈴木 秀和, 高田 和男, 三井 良之, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスおよび補体活性化能と臨床症状の検討, 海田 賢一, 楠 進, 桑原 基, 汐崎 祐, 池脇 克則, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 頭痛症状より発症した炎症性筋線維芽細胞性腫瘍による肥厚性硬膜炎の一例, 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 桑原 基, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 第40回日本頭痛学会,   2012年11月, 第40回日本頭痛学会
  • シェーグレン症候群を合併した神経サルコイドーシスの1例, 岡崎 真央, 桑原 基, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第23回日本末梢神経学会学術集会,   2012年09月, 第23回日本末梢神経学会学術集会
  • 脊髄障害にて発症し診断に難渋した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫(IVL)の1例., 岡崎 真央, 桑原 基, 鈴木 秀和, 塩山実章, 三井 良之, 佐藤隆夫, 楠 進, 日本神経学会第96回近畿地方会,   2012年07月, 日本神経学会第96回近畿地方会
  • マイコプラズマ感染に伴う免疫性神経疾患と抗糖脂質抗体の検討, 桑原 基, 鈴木聖子, 髙田 和男, 楠 進, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • GM1-GD1a hybrid dimer に対する抗GM1/GD1a 複合体抗体の反応性の検討., 桑原 基, 楠 進, Laura Mauri, 海田賢一, Sandro Sonnino, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議,   2012年01月, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議
  • 運動神経伝導ブロックの有無と抗GM1/Ga1NAc-GD1a抗体陽性GBSの臨床像の関係, 小川 剛, 桑原 基, 楠 進, 海田 賢一, 木村 文彦, 鎌倉 惠子, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • 免疫性ニューロパチーにおけるLM1に対する抗体の検討について, 桑原 基, 鈴木聖子, 楠 進, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会

MISC

  • 慢性免疫性ニューロパチーのメカニズム 慢性免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体, 桑原 基, 末梢神経, 27, 2, 170, 173,   2016年12月
    概要:慢性免疫性ニューロパチーの慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)や多巣性運動ニューロパチー(MMN)の発症メカニズムは未だ不明であるが、一部のCIDPではLM1に対する抗体が、IgM M蛋白関連ニューロパチーではMAG/SGPGやGD1bなどのジシアロシル基を持つガングリオシドに対する抗体が検出されることがある。これらに対する抗体陽性例は比較的均一な臨床病型を呈するため、抗体が病態に関わっている可能性がある。一方、MMNではGM1に対するIgM抗体が高頻度で検出されることが知られているが、IgM GM1抗体とMMNの病態との関連は不明な点が多い。最近ではCIDPやMMNにおいても2種類の糖脂質を混合した抗原(糖脂質複合体)に対する抗体がみられることが報告されており、Guillain-Barre症候群のみでなく、CIDP、IgM M蛋白関連ニューロパチーやMMNといった慢性免疫性ニューロパチーにおいても抗糖脂質抗体は補助診断として有用な場合がある。今後、新規抗体の検索や細胞性免疫の解析などによって慢性免疫性ニューロパチーの発症機序のさらなる解明が期待される。(著者抄録)
  • 【炎症性神経・筋疾患の新たな展開】 ギラン・バレー症候群の新しい治療, 桑原 基, 楠 進, BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩, 68, 12, 1423, 1429,   2016年12月
    概要:ギラン・バレー症候群(GBS)の治療は血漿浄化療法と経静脈的免疫グロブリン療法が確立されており,その有効性はほぼ同等である。これらの治療で多くの症例は改善する。しかしながら一部の症例では発症後1年の時点で歩行に介助が必要であり,新規治療法が望まれる。GBSの神経障害には補体が関与するため,現在英国と本邦で重症例を対象に補体阻害薬の試験が進行中である。今後,新規治療法により重症例の予後が改善されることが期待される。(著者抄録)
  • 【ICUにおける神経内科】(Part 3)末梢神経・筋疾患 Guillain-Barre症候群などの末梢神経障害 重症例に対する治療と全身管理, 桑原 基, Intensivist, 8, 4, 839, 848,   2016年10月
    概要:GBSは急速進行性の四肢筋力低下をきたす免疫介在性の多発末梢神経炎で,発症前に約70%で先行感染がみられ,症状は4週間以内にピークとなり,以降は回復していく。GBSの診断は臨床徴候によって行われる。補助検査として,神経伝導検査の異常所見,脳脊髄液中のタンパク細胞解離や抗糖脂質抗体の測定が有用であるが,初期に神経伝導検査や脳脊髄液検査の所見が正常であっても,GBSを否定できないことに注意する。GBSに対する免疫療法は血漿浄化療法と経静脈的免疫グロブリン療法があり,有効性はほぼ同等である。ICUでの治療が必要な重症GBS患者では,呼吸筋麻痺や心・血管系の自律神経障害に注意し,血圧,心電図,酸素飽和度モニター,肺活量の測定を行う。GBSの予後不良因子として,ピーク時の重症度,高齢者,先行する下痢または,C.jejuni感染,人工呼吸器の装着が挙げられる。発症早期に予後を予測するEGRISやmEGOSが報告されている。(著者抄録)
  • 【神経疾患治療の進歩2015年】 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 33, 4, 537, 541,   2016年07月
  • 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 臓器特異的自己免疫疾患 免疫性神経・筋疾患 免疫性末梢神経疾患 Fisher症候群, 桑原 基, 楠 進, 日本臨床, 別冊, 免疫症候群I, 40, 43,   2015年11月
  • 【免疫性神経疾患-病態解明と治療の最前線】 その他の免疫性神経疾患 Bickerstaff脳幹脳炎, 桑原 基, 楠 進, 医学のあゆみ, 255, 5, 536, 538,   2015年10月
    概要:Bickerstaff脳幹脳炎(BBE)は急速に進行する意識障害、外眼筋麻痺、運動失調を主徴とし、Guillain-Barre症候群(GBS)の亜型として平成27年(2015)7月1日より指定難病となっている。年間発症率は10万人当り0.078人とまれな疾患であり、多くに先行感染がみられ、75%の症例で血中のIgG抗GQ1b抗体が検出される。BBEの発症機序はGBSやFisher症候群(FS)と同様と考えられているが、中枢神経障害の機序はいまだ不明であり、自己抗体の特異性や血液-脳関門の透過性の亢進の関与が示唆されている。四肢筋力低下や球麻痺を伴い重篤な経過を呈する場合も多いが、予後は比較的良好である。しかし、IgG抗GQ1b抗体陰性例や主徴候を満たさない症例(probable BBE)では、発症1年の時点においても独歩不能な症例が存在する。(著者抄録)
  • 【神経疾患治療の進歩2014年】 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 32, 4, 483, 486,   2015年07月
  • 【神経疾患治療の進歩2013年】 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 31, 4, 412, 415,   2014年07月
  • 【内科疾患 最新の治療 明日への指針】(第7章)神経・筋 Guillain-Barre症候群, 桑原 基, 楠 進, 内科, 113, 6, 1402, 1403,   2014年06月
  • 【末梢神経診療update】 ガングリオシド抗体 最新の知見, 桑原 基, 楠 進, Brain Medical, 25, 3, 217, 223,   2013年12月
    概要:ガングリオシドなどの糖脂質に対する自己抗体は、免疫介在性ニューロパチーにおいてしばしば検出される。ヒト末梢神経における糖脂質の局在と、それらに対する抗体が検出されるニューロパチーの臨床病型には相関があり、診断マーカーとして有用である。近年では、2種のガングリオシドから構成されるガングリオシド複合体に対する抗体や、補体を介在した神経障害作用に関して解析が進められている。本稿ではガングリオシドおよびそのほかの糖脂質に対する各抗体とその意義、抗体による神経障害作用について解説する。(著者抄録)
  • 【神経疾患治療の進歩2012年】 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 30, 4, 423, 426,   2013年07月
  • 【自己免疫疾患・アレルギー疾患(後篇)それぞれの疾患の理解】 臓器特異的自己免疫疾患 ギラン・バレー症候群, 桑原 基, 楠 進, 最新医学, 68, 6月増刊, 1354, 1361,   2013年06月
    概要:ギラン・バレー症候群(GBS)は,急性発症の四肢筋力低下,深部腱反射の消失を主徴とする単相性の末梢神経障害である.約2/3の症例で先行感染を認め,自己免疫機序によって発症する.急性期患者血清中に約60%の頻度で糖脂質に対する抗体が検出され,病態に関与している.急性期治療は免疫グロブリン静注療法(IVIg),および血液浄化療法が有効であるが,経過中に人工呼吸器管理が必要となったり,重篤な自律神経障害を来すケースもあるため,適切な診断と治療が重要である.(著者抄録)
  • 【Guillain-Barre症候群とその類縁疾患】 Guillain-Barre症候群の亜型"acute oropharyngeal palsy", 岡崎 真央, 桑原 基, 楠 進, 神経内科, 78, 1, 39, 44,   2013年01月
  • 【神経疾患治療の進歩2011年】 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 29, 4, 409, 411,   2012年07月