藤澤 博康 (フジサワ ヒロヤス)

  • 文芸学部 文学科英語英米文学専攻 教授
Last Updated :2022/06/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    シェイクスピアを劇作家であると同時に詩人としても理解し、詩の観点から作品の再解釈を行っている。また彼の日本での受容、特に坪内逍遥への影響を研究しています。

研究者情報

学位

  • 博士(文学)(広島大学)

ホームページURL

J-Global ID

現在の研究分野(キーワード)

    シェイクスピアを劇作家であると同時に詩人としても理解し、詩の観点から作品の再解釈を行っている。また彼の日本での受容、特に坪内逍遥への影響を研究しています。

研究分野

  • 人文・社会 / 文学一般 / 比較文学
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学

研究活動情報

書籍

  • 「『シェイクスピアのソネット集』における黒い女再考――黒い聖母崇拝と錬金術からの考察」 『シェイクスピア作品研究――戯曲と詩、音楽』
    藤澤 博康 (担当:単著範囲:)英宝社 2016年05月

講演・口頭発表等

  • 書評発表 泉紀子編『新作能マクベス』(和泉書院)  [通常講演]
    藤澤 博康
    日本比較文学会関西支部例会 2016年04月 口頭発表(招待・特別)

MISC

  • 芥川龍之介が贈った「マリア伝」 日夏耿之介の蔵書に
    藤澤 博康 信濃毎日新聞 2016年12月

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.