KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森澤 勇介モリサワ ユウスケ

プロフィール

所属部署名理工学部 理学科 / 総合理工学研究科 / バイオコークス研究所
職名准教授
学位博士(理学)
専門分光分析化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/375-morisawa-yuusuke.html
ホームページURLhttp://www.chem.kindai.ac.jp/spectroscopy/
メールアドレス
Last Updated :2020/09/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    光を用いた定量分析・定性分析法の研究をしています。特に、高分子や機能性物質の非破壊分析を可能にするための、分光学の基礎と現場での応用分析の架け橋となるよう研究を進めています。

学歴・経歴

学歴

  • 2000年04月 - 2005年03月, 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程
  • 1998年04月 - 2000年03月, 京都大学, 大学院理学研究科修士課程
  • 1994年04月 - 1998年03月, 関西学院大学, 理学部

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学 理工学部 准教授
  •   2012年04月,  - 2016年03月, 近畿大学 理工学部 講師
  •   2008年04月,  - 2012年03月, 関西学院大学 理工学部 博士研究員
  •   2005年10月,  - 2008年03月, 台湾中央研究院 原子分子研究所 博士後研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 基礎物理化学
  • ナノテク・材料, 分析化学
  • ナノテク・材料, 結晶工学
  • ナノテク・材料, 応用物性

研究キーワード

  • 分光分析, 近赤外分光法, 分子分光学, 電子状態, 水素結合, 減衰全反射遠紫外分光法, 高分子, 表面分析, テラヘルツ分光

論文

  • UV-Polarizing Linear Polyyne Molecules Aligned in PVA, R. Sata, H. Suzuki, N. Ueno, Y. Morisawa, M. Hatanaka, T. Wakabayashi, CHINESE JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, CHINESE JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 32, 2, 175, 181,   2019年05月, 査読有り
  • Bi2Ne: Weakly bound cluster of diatomic bismuth with neon, A. Endo, M. Hatanaka, N. Ueno, Y. Morisawa, T. Wakabayashi, Fizika Nizkikh Temperatur, Fizika Nizkikh Temperatur, 45, 807, 815,   2019年01月
    概要:© 2019 Institute for Low Temperature Physics and Engineering. All rights reserved. The A-X transition of diatomic bismuth, Bi2, was revisited by laser induced fluorescence in solid Ne at 3 K. Molecular constants, i.e., vibrational frequencies of 137 cm-1 and 174 cm-1, were reproduced for the upper and lower electronic states as reported by Bondybey et al. [Chem. Phys. Lett. 76, 30 (1980)]. Two-dimensional mapping of emission spectra confirmed satellite bands in higher and lower excitation/emission energies for each of the major bands in the vibrational progression of v′-v″ (v′ = 0.5, v″ = 5-12). Based on the molecular orbital cal-culations, presence of clusters, Bi2Nen (n = 1-6), is proposed for possible carriers of the observed satellites. For the relatively large matrix shift of ∼ 67 cm-1 in solid Ne for the term energy of the A state, the diatomic bismuthis supposed to exist as a linearly coordinated cluster of Bi2Ne in the matrix.
  • Effects of intermolecular interactions on absorption intensities of the fundamental and the first, second, and third overtones of OH stretching vibrations of methanol and t-butanol‑d9 in n-hexane studied by visible/near-infrared/infrared spectroscopy, Yusuke Morisawa, Arisa Suga, Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy, Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy, 197, 121, 125,   2018年05月, 査読有り
  • A Correction Method for Attenuated Total Reflection–Far Ultraviolet Spectra Via the Use of Charge Transfer to Solvent Band Intensities of Iodide in the Ultraviolet Region, Akifumi Ikehata, Takeyoshi Goto, Yusuke Morisawa, Applied Spectroscopy, Applied Spectroscopy, 71, 7, 1530, 1536,   2017年07月, 査読有り
  • 遠紫外分光の新しい応用, 田邉一郎, 後藤剛喜, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 分析化学, 分析化学, 66, 5, 319, 331,   2017年05月, 査読有り
  • Changes in the Electronic States of Low-Temperature Solid n-Tetradecane: Decrease in the HOMO–LUMO Gap, Yusuke Morisawa, Shin Tachibana, Akifumi Ikehata, Tao Yang, Masahiro Ehara, Yukihiro Ozaki, ACS Omega, ACS Omega, 2, 2, 618, 625,   2017年02月, 査読有り
  • 遠紫外分光法による水溶液の電子遷移の解析と反応解析への展開, 後藤剛喜, 池羽田晶文, 森澤勇介, 東昇, 尾崎幸洋, 分析化学, 分析化学, 64, 3, 173, 184,   2015年03月, 査読有り
  • Rydberg and π–π* Transitions in Film Surfaces of Various Kinds of Nylons Studied by Attenuated Total Reflection Far-Ultraviolet Spectroscopy and Quantum Chemical Calculations: Peak Shifts in the Spectra and Their Relation to Nylon Structure and Hydrogen B, Yusuke Morisawa, Manaka Yasunaga, Harumi Sato, Ryoichi Fukuda, Masahiro Ehara, Yukihiro Ozaki, J. Phys. Chem. B, J. Phys. Chem. B, 118, 40, 11855, 11861,   2014年10月, 査読有り
  • Environmentally friendly synthesis and physical and optical properties of highly reflective green–black pigments, Kazutoshi SANADA, Yusuke MORISAWA, Yukihiro OZAKI, Journal of the Ceramic Society of Japan, Journal of the Ceramic Society of Japan, 122, 1425, 322, 328,   2014年05月, 査読有り
  • Combined IR/NIR and Density Functional Theory Calculations Analysis of the Solvent Effects on Frequencies and Intensities of the Fundamental and Overtones of the C═O Stretching Vibrations of Acetone and 2-Hexanone, Yujing Chen, Yusuke Morisawa, Yoshisuke Futami, Mirosław A. Czarnecki, Hai-Shui Wang, Yukihiro Ozaki, Journal of Physical Chemistry A, Journal of Physical Chemistry A, 118, 14, 2576, 2583,   2014年04月, 査読有り
    概要:Vibrational overtone studies primarily focus on X—H stretching overtone transitions, where X is an atom like C, O, N, or S. In contrast, the studies on the C═O stretching overtones are very scattered. To advance the research in this field, we measured the fundamental, first, and second overtones of the C═O stretching vibration of acetone and 2-hexanone in n-hexane, CCl4, and CHCl3, as well as in the vapor phase using FT-IR/FT-NIR spectroscopy. Density functional theory (DFT) calculations have also been performed to help the assignment of the C═O stretching bands and to guide interpretation of the experimental results. It was found that the wavenumbers, absorption intensities, and oscillator strengths of the C═O stretching bands show marked solvent dependence. In the fundamental and the first overtone regions, the intensities of the C═O stretching vibration were found to be pronouncedly more intense than those of the C—H stretching vibration. In the second overtone region, the intensities of the C—H stretching vibration are comparable to those of the C═O stretching vibration. The theoretical and observed decrease in integrated intensity upon going from the fundamen
  • Tip-enhanced Raman spectroscopic measurement of stress change in the local domain of epitaxial graphene on the carbon face of 4H-SiC(000–1), Toshiaki Suzuki, Tamitake Itoh, Sanpon Vantasin, Satoshi Minami, Yasunori Kutsuma, Koji Ashida, Tada-aki Kaneko, Yusuke Morisawa, Takeshi Miurae, Yukihiro Ozaki, Phys. Chem. Chem. Phys, Phys. Chem. Chem. Phys, 16, 37, 20236, 20240,   2014年, 査読有り
  • Elucidating electronic transitions from σ orbitals of liquid n- and branched alkanes by far-ultraviolet spectroscopy and quantum chemical calculations., Morisawa Y, Tachibana S, Ehara M, Ozaki Y, The journal of physical chemistry. A, The journal of physical chemistry. A, 116, 48, 11957, 11964,   2012年12月, 査読有り
  • 液体・固体用遠紫外分光法の開発とその分析化学への応用, 森澤勇介, 立花慎, 泰永愛佳, 光岡基樹, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 池羽田晶文, 東昇, 分析化学, 分析化学, 61, 7, 591, 603,   2012年07月, 査読有り
  • Spectroscopic characterization of a series of polyyne-iodine molecular complexes H(CºC)nH(I6) of n = 5-9, Wada, Yoriko, Morisawa, Yusuke, Wakabayashi, Tomonari, Chemical Physics Letters, Chemical Physics Letters, 541, 54, 59,   2012年07月, 査読有り
  • Attenuated total reflectance–far ultraviolet (ATR–FUV) spectra of CH3OH, CH3OD, CD3OH and CD3OD in a liquid phase ∼Rydberg states∼, Yusuke Morisawa, Akifumi Ikehata, Noboru Higashi, Yukihiro Ozaki, Chem. Phys. Lett., Chem. Phys. Lett., 476, 4-6, 205, 208,   2009年07月, 査読有り
  • Surface Structural Transformation of Pre-Carbonized Solid Biomass from Japanese Cedar via ATR-FTIR and PCA., Cherdkeattikul S, Morisawa Y, Ida T, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 36, 6, 723, 729,   2020年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • 機器分析ハンドブック 1 有機・分光分析編, 川﨑, 英也, 中原, 佳夫, 長谷川, 健, 分担執筆, 4 可視・紫外分光法蛍光, 化学同人,   2020年, 9784759820218
  • Molecular Spectroscopy(Yukihiro Ozaki, Marek J. Wojcik, Jurgen Popp Ed), Masahiro Ehara, Yusuke Morisawa, 分担執筆, Sec. 4, Wiley-VHC,   2019年09月, 9783527344611
  • Frontiers and Advances in Molecular Spectroscopy (Ed. Jaan Laane), Yusuke Morisawa, Ichiro Tanabe, Yukihiro Ozaki, 分担執筆, Advances in Far-Ultraviolet Spectroscopy in the Solid and Liquid State, Elsevier,   2017年10月, 9780128112212
    概要:https://www.elsevier.com/books/frontiers-and-advances-in-molecular-spectroscopy/laane/978-0-12-811220-5
  • Far- and Deep-Ultraviolet Spectroscopy, Yukihiro Ozaki, Satoshi Kawata(E, Yukihiro Ozaki, Satoshi Kawata, 分担執筆, Sec. 2 Sec. 3, Springer,   2015年06月
  • 近赤外分光法 (分光法シリーズ), 尾崎 幸洋, 分担執筆, 2章、5.1章, 講談社,   2015年03月, 4061569023
  • エッセンシャル化学, 尾崎 幸洋, 勝本 之晶, 森田 成昭, 山本 茂樹, 森澤 勇介, 佐藤 春実, 共著, 培風館,   2015年01月01日, 4563046205

講演・口頭発表等

  • Study of Electronic States of Deep Eutectic Solvents by using Attenuated Total Reflectance Spectroscopy in the Far-UV spectroscopy, Kazutaka Nishikido, Yusuke Morisawa, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium,   2016年12月06日
  • Study of electronic transitions of polymers by using attenuated total reflectance spectroscopy in the far-UV region, Yusuke Morisawa, Erika Tanimura, Yukihiro Ozaki, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium,   2016年12月06日
  • Decreasing of electronic transitions of Poly Ethylene Glycol Applied to Li/PEG complex, Nami Ueno, Yusuke Morisawa, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium,   2016年12月05日
  • Electronic state of nano carbon and nano carbon/polymer nanocomposite studied by attenuated total reflectance (ATR) far- and deep-ultraviolet spectroscopy, Kenta Kobashi, Yusuke Morisawa, Harumi Sato, Ichiro Tanabe, Takeyoshi Goto, Yukihiro Ozaki, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium,   2016年11月06日
  • Study of Electronic States of Molecules in the Condensed Phase by Using Attenuated Total Reflectance Far-UV Spectroscopy, Yusuke Morisawa, SCIX 2016,   2016年09月20日
  • Electronic States of Composite Polymer Electrolyte Composed of PEG and Lithium-salts., Nami Ueno, Tomonari Wakabayashi, Yusuke Morisawa, SCIX 2016,   2016年09月19日
  • 遠紫外分光と量子化学計算によるイミダゾリウム系イオン液体の電状態研究, 田邉 一郎, 藏脇 悠司, 森澤 勇介, 尾崎 幸洋, 第10回分子科学討論会2016神戸,   2016年09月16日
  • ナノカーボン材料およびポリマーナノコンポジットの電子状態の研究, 小橋 健太, 田邉 一郎, 森澤 勇介, 佐藤 春実, 後藤 剛喜, 尾崎 幸洋, 第10回分子科学討論会2016神戸,   2016年09月15日
  • 減衰全反射遠紫外分光法による凝縮相中の分子間相互作用による電子状態の変化, 森澤勇介, 第10回分子科学討論会2016神戸,   2016年09月15日
  • ネオンマトリックス中に捕捉されたビスマス二量体のPLマップにおけるサテライト構造, 遠藤 あすか, 畑中 美穂, 森澤 勇介, 若林 知成, 第10回分子科学討論会2016神戸,   2016年09月13日
  • ポリエチレングリコール酸素原子へのカチオン配位による電子状態の変化, 野 那美, 森澤 勇介, 若林 知成, 第10回分子科学討論会2016神戸,   2016年09月13日
  • Study of electronic transitions by using attenuated total reflectance spectroscopy in the far-UV region, Yusuke Morisawa, Shin Tachibana, Masahiro Ehara, Yukihiro Ozaki, SPIE Nanoscience + Engineering 2016,   2016年08月28日
  • 減衰全反射遠紫外スペクトルを用いたイオン液体中のアニオンについての電子 状態の研究, 森澤勇介, 田邉一郎, 平成28年度 日本分光学会年次講演会,   2016年05月26日
  • ポリアルカングリコールの分子構造による電子状態の変化, 上野那実, 森澤勇介, 平成28年度 日本分光学会年次講演会,   2016年05月26日
  • 遠紫外分光法と量子化学計算を利用したイオン液体の電子状態研究, 田邉一郎, 藏脇悠司, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 平成28年度 日本分光学会年次講演会,   2016年05月26日
  • 減衰全反射型遠紫外〜深紫外分光法によるナノカーボン材料およびポリマーナノ コンポジットの電子状態の研究, 小橋健太, 田邉一郎, 森澤勇介, 佐藤春実, 後藤剛喜, 尾崎幸洋, 平成28年度 日本分光学会年次講演会,   2016年05月24日
  • ATR-FUV 分光法による CTTS バンドの観察:塩化ナトリウムの分光学的定量法, 池羽田晶文, 森澤勇介, 平成28年度 日本分光学会年次講演会,   2016年05月24日
  • ポリアルカングリコールの遠紫外スペクトルの帰属と電子状態 の固液変化についての研究, 上野那美, 森澤勇介, 日本化学会 第96春季年会 (2016),   2016年03月27日
  • 減衰全反射型遠紫外~深紫外分光法によるナノカーボン材料お よびナノカーボン/ポリマーナノコンポジットの電子状態評価, 小橋健太, 田邉一郎, 森澤勇介, 佐藤春実, 後藤剛喜, 尾崎幸洋, 日本化学会 第96春季年会 (2016),   2016年03月27日
  • 減衰全反射遠紫外分光法による単結合からなるイオン液体の電 子状態の研究, 森澤勇介, 曽我賢冶, 田邉一郎, 日本化学会 第96春季年会 (2016),   2016年03月27日
  • 減衰全反射遠紫外分光と量子化学計算によるイミダゾリウム系 イオン液体の電子状態研究, 田邉一郎, 藏脇悠司, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 日本化学会 第96春季年会 (2016),   2016年03月27日
  • 電解酸化により発生・蓄積させたチイレニウムイオンの反応性, 堀内 俊, 林 竜太朗, 清水章弘, 松本浩一, 宮本侑, 森澤勇介, 若林知成, 吉田潤一, 日本化学会 第96春季年会 (2016),   2016年03月25日
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いた凝縮相における単結合分子骨格の電子状態研究, 森澤勇介, 日本分光学会遠紫外分光部会 第1回講演会,   2016年01月20日, 日本分光学会遠紫外分光部会
  • Study of electronic states of aqueous solutions of sodium halides by using temperature dependence attenuated total reflectance spectroscopy in the far ultraviolet region, Yuka Nishikawa, Yusuke Morisawa, Akifumi Ikehata, Pacifichem 2015,   2015年12月18日
  • Study of electronic state of polyethylene glycol using attenuated total reflectant spectrosopy in far ultraviolet, Nami Ueno, Yusuke Morisawa, Pacifichem 2015,   2015年12月17日
  • Study of surface analysis of polystyrene nano particle by using attenuated total reflectance spectroscopy in the far-UV region, Yusuke Morisawa, Pacifichem 2015,   2015年12月17日
  • Study of absorption intendsities in the near infrared region for the first and second overtones of OH and NH stretching vibration with hydrogen bonding, Misaki Tatsumi, Yusuke Morisawa, Pacifichem 2015,   2015年12月16日
  • Far UV absorption spectroscopy of linear polyyne molecules in solutions, Yoriko Wada, Usuke Morisawa, Tomonari Wakabayashi, Yukihiro Ozaki, Pacifichem 2015,   2015年12月16日
  • Investigation of Electronic States of Nano Carbon/Polymer Nanocomposites by Attenuated Total Reflectance-Ultraviolet Spectroscopy, Kenta Kobashi, Ichiro Tanabe, Yusuke Morisawa, Harumi Sato, Takeyoshi Goto, Yukihiro Ozaki, Scix 2015,   2015年09月28日
    概要:(110)
  • Studies of Electronic States of CNT/Rubber Nanocomposites by using Attenuated Total Reflectance Spectroscopy in the Ultraviolet Region, Yusuke Morisawa, Kenta Kobashi, Ichiro Tanabe, Harumi Sato, Takeyoshi Goto, Yukihiro Ozaki, Scix 2015,   2015年09月28日
    概要:(109)
  • Temperature Dependence of FUV Spectra for Aqueous Solutions of Alkali Halide to the Freezing-point of Eutectic, Yusuke Morisawa, Yuka Nishikawa, Akifumi, Ikehata, Scix 2015,   2015年09月28日
    概要:(97)
  • 減衰全反射紫外分光法によるカーボン材料/ポリマーナノコンポジットの電子状態の研究, 小橋 健太, 田邉 一郎, 森澤 勇介, 佐藤 春実, 後藤 剛喜, 尾崎 幸洋, 第9回 分子科学討論会,   2015年09月19日
    概要:4P051
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレングリコール電子状態の水素結合による変化, 上野那美, 森澤勇介, 第9回 分子科学討論会,   2015年09月19日
    概要:4P049
  • 低温アルカン固体で観測されるHOMO-LUMOギャップの減少についての研究, 森澤勇介, 立花 慎, 池羽田 晶文, 江原 正博, 尾崎 幸洋, 第9回 分子科学討論会,   2015年09月19日
    概要:4D07
  • 遠紫外分光法によるナトリウムハロゲン化物水溶液中のハロゲン化物イオンCTTSバンドに現れる変化からみた,低温溶液および固体中の電解質水和状態に関する研究, 西川由華, 森澤勇介, 日本分析化学会年会,   2015年09月11日
    概要:J3005
  • 第一,第二,第三級アルコールのOH伸縮振動第一,第二倍音の水素結合の有無による吸収強度の変化の研究, 立美美沙紀, 森澤勇介, 日本分析化学会年会講演要旨集,   2015年09月11日
    概要:J3002Y
  • 減衰全反射遠紫外分光法によるポリエチレングリコールの表面分析, 森澤勇介, 上野那美, 日本分析化学会年会,   2015年09月11日
    概要:J3007
  • 遠紫外CTTSバンドを用いた塩化物イオンの定量, 池羽田晶文, 森澤勇介, 日本分析化学会年会,   2015年09月09日
    概要:P1128
  • Effect of Intermolecular Interactions on Absorption Intensities of the First and Second Overtones of OH and NH Stretching Vibrations Studied by Near-Infrared Spectroscopy, Yusuke Morisawa, Misaki Tatsumi, Yukihiro Ozaki, 8th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2015年08月14日
    概要:In the present study we have investigated effects of intermolecular interactions on absorption intensities of the OH and NH the first and second overtones of 1-octanol, and pyrrole in none polar solvent by using NIR spectroscopy. We selected these molecules because they easily form hydrogen-bonding aggregates while in enough dilute solutions they do not form hydrogen-bonding species and have an intermolecular interaction with a solvent (solvent effect). We investigated higher order overtones than previous work.
  • 遠紫外CTTSバンドによるハロゲン塩水溶液の凍結・解凍過程の観察, 池羽田 晶文, 西川 由華, 森澤 勇介, 日本分析化学会第75回分析化学討論会,   2015年05月24日, 日本分析化学会
    概要:D2012 (講演者 池羽田)
  • 減衰全反射遠紫外分光法による、表面修飾したポリスチレンナノ粒子の分析, 森澤 勇介, 越智 高志, 日本分析化学会第75回分析化学討論会,   2015年05月24日, 日本分析化学会
    概要:D2011
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレングリコールの電子遷移の研究, 上野 那美, 森澤 勇介, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月28日, 日本化学会
    概要:3H3-39 (講演者 上野)
  • アルコール伸縮振動基本音・倍音の、水素結合の有無による吸収強度の変化の研究, 立美 美沙紀, 寺本幸紘, 森澤 勇介, 第 30 回記念近赤外フォーラム,   2014年11月27日
    概要:JCNIRS Student Travel Award受賞 (講演者 立美)
  • Study of the electronic state on nano-surface of cast LDPE film by using ATR-FUV spectroscopy; Redcution of the HOMO-LUMO gap on the surface, Yusuke Morisawa, Erika Tanimura, Shin Tachibana, Masahiro Ehara, Yukihiro Ozaki, SciX2014,   2014年10月02日, FACSS
    概要:Far-ultraviolet (FUV) spectroscopy has been a subject of considerable interest because it provides unique information about the electronic states and their transitions of molecules which usual UV region cannot provide. However, investigations on FUV spectra in the condensed phase have long been rare because of the difficulty in observing whole FUV bands of liquid and solid samples owing to their strong absorption. Thus, studies of FUV spectra in the condensed phase give the novel information of the energy gap of the frontier orbital and will use in the precise consideration of chemical reaction in the condensed phase. Recently, we developed an attenuated total reflection (ATR) technique for use in the FUV region. By using the ATR-FUV, we can measured FUV spectra more feasibly. In this presentation, ATR-FUV spectra were measured for low-density polyethylene (LDPE) films prepared by two different methods. A pressed LDPE film showed the similar spectrum to liquid n-alkane, while the spectrum of a cast LDPE film was totally different feature from the press film. The 8.0-eV band was weaken, and two bands peaked at 6.3 and 5.5 eV were appeared. The component which have the novel 3-bands component could be found on the nano-surface because the penetration depth of the ATR-FUV is lower than 100 nm, and the transmittance spectrum of cast LDPE film doesn`t show thecomponent. At the lower energy region very small signal was found at 4.5eV. Those features are similar to low-temperature solid of n-alkane. The origin of these spectral changes was investigated by quantum chemical calculations that calculate orbital energy and electronic transitions of model dimer by changing the intermolecular distance between two molecules. These results provide new insight: valence molecular orbitals, even σ orbitals, interact with their neighbors in the condensed phase. As a result, the band gap energy is reduced by about 3 eV, which corresponds to one third of the liquid state. The surface of the cast LDPE film shows the reduction on the surface of casting film at room temperature.
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いた固体表面の分光分析, 森澤 勇介, 谷村 恵里香, 江原 正博, 尾崎 幸洋, 日本分析化学会第63年会,   2014年09月19日, 招待有り, 日本分析化学会
    概要:I3009
  • ラジカル測定用時間分解遠紫外分光システムの開発, 後藤剛喜, 東昇, 立花慎, 森澤勇介, 尾崎幸洋, ケミカルエンジニヤリング,   2014年03月, 招待有り
  • アニーリングによるポリエチレン表面の電子状態の変化, 森澤 勇介, 谷村 恵里香, 江原 正博, 尾崎 幸洋, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月, 日本化学会
    概要:2D2-39
  • "凝集相におけるベンゼンの電子遷移および会合体形成についての減衰全反射遠紫外分光法と量子化学計算による研究, 植松 祐貴, 森澤 勇介, 江原 正博, 尾崎 幸洋, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • テラヘルツ分光による植物葉の水分状態把握に関する研究, 石川大太郎, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 保科宏道, 佐藤周作, 入澤昭好, 今村元規, テラヘルツ分光法の最先端 Ⅶ,   2013年10月, テラヘルツ分光法の最先端 Ⅶ
    概要:ポスター P-22
  • Temperature and Consentration Dependence of Far Ultraviolet Spectra in Alcohol-Hexane Solution ~ Alternation of Hydrogen bonding~, 森澤 勇介, 寺本幸紘, 尾崎幸洋, SCIX 2013,   2013年10月, SCIX 2013
    概要:Poster;FUV Spectrum of methanol in the pure-liquid states have already reported by using attenuated total reflection (ATR) - FUV spectroscopy. Concentration dependence of tail structure in the region of 190-210 nm has been observed. The molar absorption coefficient of the tail structure was decreasing with the increase of the concentration of methanol. In the present study, temperature dependence of the tail structure for the alcohol-hexane solution of the different concentration. Temperature dependence of the molar absorption coefficients were increasing with the increasing of temperature for the conc-solution, on the other hand, that for the diluted solution were decreasing. We will discuss about this alternation of the temperature dependence
  • Study of S0→S3 Transition for Liquid Benzene and Mono-Substituted Benzenes by Using Far-Ultraviolet Spectroscopy and Quantum Chemical Calculations, 植松祐樹, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 江原正博, SCIX 2013,   2013年10月, SCIX 2013
    概要:Poster;Benzene and its derivatives are basic chemical compounds. In the present study, the FUV spectra of benzene and its derivatives in liquid phase are examined by an attenuated total reflection far-ultraviolet spectrophotometer (ATR-FUV) which was recently developed by our research group. [2] Different concentration solutions (1.0 M ~ neat) of benzene and eight mono-substituted benzenes (toluene, chlorobenzene, bromobenzene, anisole, benzyl alcohol, acetophenone, nitrobenzene, aniline) were prepared in cyclohexane. The ATR-FUV spectra of the sample solutions were measured in the wavelength from 145 to 300 nm. To examine how the inter-molecular interaction among benzene units affects the S0→S3 transition, the electronic spectra of chlorobenzene molecules for monomer, dimer and trimer with ππ stacking configuration were calculated by quantum chemical calculations with a time-dependent density functional theory (TD-DFT) method.
  • Low-frequency Raman and Terahertz spectroscopies and Quantum chemical calculation studies on temperature-dependent structural changes in Nylon 6, 森澤 勇介, 大西絵里香, Kummetha Reddy, 石川大太郎, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 石井伸弥, 鈴木陽, 保科宏道, SCIX 2013,   2013年10月, SCIX 2013
    概要:Oral;Low-frequency Raman and Terahertz spectroscopies provide information about intermolecular vibrations such as hydrogen-bonds, which reflect the conformational changes in polymers. Nylon is one of the most widely used synthetic fibers, and its phase behavior and crystal structures have extensively been studied by various methods. The neighboring molecular chains of Nylon are connected by strong hydrogen bonds (N-H…O=C), which dominate the physical behaviors of Nylon. In this study, we have studied temperature-dependent structural changes of Nylon 6 by using low-frequency Raman, Terahertz spectroscopies and quantum chemical calculations of the spectra.
  • First Electronic Transition of Vicinal Water of α-Alumina Surface Studied by Attenuated Total Reflection Far-Ultraviolet Spectroscopy, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 池羽田晶文, UV-DUV Plasmonics and Nanophotonics Workshop (UPN2013),   2013年10月, UV-DUV Plasmonics and Nanophotonics Workshop (UPN2013)
    概要:We report the first electronic transition of vicinal water of an α-alumina surface probed by variable-angle attenuated total reflection far-ultraviolet (VA-ATR-FUV) spectroscopy. As the path length of the probe light (de) is shorter from 94.4 to 36.5 nm, (1) the band is blue-shifted by 1 nm and (2) the absorption coefficient increases by 1.9 - 104 cm-1. The measured VA spectra were linearly decomposed into the spectra of bulk and interfacial water based on the dependence of the spectral changes on the de values. The bands of the bulk and interfacial water appear at 147.8 and 143.4 nm. The band shapes of liquid water show their own hydrogen bond (H-bond) structures. Specifically, the band shapes of bulk and interfacial water are very close to those of amorphous and hexagonal crystal ice of water, respectively.
  • 異方性分子固体の光学特性評価のための紫外偏光顕微鏡の試作, 若林 知成, 森澤 勇介, 柴田 宙延, 女木, 健司, 瀧, 智司, 和田 資子, 第7回分子科学討論会,   2013年09月, 第7回分子科学討論会
    概要:2C03
  • 減衰全反射遠紫外分光法と量子化学計算による、ベンゼンと一置換ベンゼンの液相におけるS0→S3遷移の研究, 植松祐貴, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 江原正博, 第7回分子科学討論会,   2013年09月, 第7回分子科学討論会
    概要:2D07
  • 減衰全反射遠紫外分光を用いたポリマー表面の電子状態, 森澤 勇介, 立花慎, 谷村恵里香, 江原正博, 第7回分子科学討論会,   2013年09月, 第7回分子科学討論会
    概要:4C16
  • 低波数ラマン,テラヘルツ分光及び量子化学計算によ るナイロン6の温度変化に伴う分子間相互作用及び構 造変化に関する研究, 大西絵里香, 森澤 勇介, Kummetha Raghunatha Reddy, 石川大太郎, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 山本茂樹, 保科宏道, 第62回高分子討論会,   2013年09月, 第62回高分子討論会
    概要:1Pe047 ポスター発表(大西)
  • 遠紫外減衰全反射分光法を用いた凝縮相における分子の電子遷移を用いた分析, 森澤 勇介, 江原正博, 尾崎幸洋, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:K1010 依頼公演(口頭 森澤)
  • 遠紫外スペクトル測定によるオクタノール/ヘキサン溶液における水素結合の温度および濃度依存性の研究, 森澤 勇介, 寺西拓也, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:P3012(ポスター 森澤)
  • 減衰全反射遠紫外分光法によるアルミナ表面近傍100 nm以下の液体水分子の水素結合構造変化に関する検討, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 池羽田晶文, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:K1010 口頭発表(後藤)
  • 時間分解遠紫外分光法によるオゾン水の光反応ダイナミクスの解析, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 東昇, 池羽田晶文, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:P3015(ポスター 後藤)
  • 固体極表面用減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレンの熱挙動に関する研究, 谷村恵里香, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 苅山直美 東, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:Y1017(ポスター 谷村) ポスター賞受賞
  • 促進酸化水中のラジカル種のリアルタイム濃度モニタの開発, 立花慎, 森澤 勇介, 苅山直美, 後藤剛喜, 尾崎, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:K1015 (口頭 立花)
  • 低波数ラマン,テラヘルツ分光及び量子化学計算を用いたナイロン6の温度変化に伴う構造変化に関する研究, 大西絵里香, 森澤 勇介, Kummetha Raghunatha Reddy, 石川大太郎, 尾崎幸洋, 山本茂樹, 佐藤春実, 保科宏道, 日本分析化学会第62年会,   2013年09月, 日本分析化学会第62年会
    概要:K1014 (口頭 大西)
  • Tip-enhanced Raman spectroscopic measurement of epitaxial graphene prepared by SiC thermal decomposition method, 鈴木利明, 森澤 勇介, 南聡史, 尾崎幸洋, 久津間保徳, 芦田晃嗣, 金子忠昭, 伊藤民武, 三浦健, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:A-041 口頭発表 (鈴木利明)
  • Time Resolved Raman Spectroscopy of Electrochemically Generated ArS(ArSSAr)+, 島田和明, 松本 浩一, 森澤 勇介, 若林 知成, 柏村 成史, 菅誠治, 吉田潤一, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:P-136(島田)
  • Terahertz vibrational spectroscopy of poly(3-hydroxybutyrate) and nylon, 保科宏道, 森澤 勇介, 石井伸也, 鈴木晴, 大谷知行, 山本茂樹, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:C-001 口頭発表 (保科宏道)
  • Study on Temperature-dependent Structural Changes due to Intermolecular Interaction of Nylon 6 by using Low-frequency Raman, Terahertz Spectroscopies and Quantum Chemical Calculation, 大西絵里香, 森澤 勇介, 石川大太郎, 佐藤春実, 山本茂樹, 石井伸也, 鈴木晴, 保科宏道, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:P137 ポスター発表 (大西絵里香)
  • Non-ideality of Acetic Acid/Water Binary Mixture Studied by Near-Infrared and Far-Ultraviolet Spectroscopy, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 池羽田晶文, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:P316ポスター発表 (後藤剛喜)
  • Near-Infrared Electronic Spectra of High Reflective Green-Black (HRGB) Pigments, Its Related Pigments, and Their Components Inorganic Materials, 真田和俊, 森澤 勇介, 野村聡史, 尾崎幸洋, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:P262ポスター発表 (真田和俊)
  • Low-Frequency Raman and THz Spectroscopy of polystyrene, 森澤 勇介, 末永 勇作, 佐藤春実, 保科宏道, 尾崎幸洋, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:C-001 ポスター発表 (森澤勇介)
  • Infrared Spectra of the Polyynes and Polyyne-Iodine Complexes in Solutions, 和田資子, 若林 知成, 森澤 勇介, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:P-208 (和田資子)
  • Effects of Intermolecular Interactions on Absorption Intensities of the Fundamental and Overtones of OH Stretching Vibrations, 森澤 勇介, 菅亜里沙, 尾, 寺本幸紘, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy,   2013年08月, 7th International Conference on Advanced Vibrational Spectroscopy
    概要:A-056 口頭発表 (森澤)
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレンのスペクトルと表面構造の研究, 谷村 恵里香, 森澤 勇介, 尾崎 幸洋, 佐藤 春美, 苅山 直美, 東, 第59回高分子研究発表会,   2013年07月, 第59回高分子研究発表会
    概要:Pb-44
  • Study of Electron Transition for the liquid benzene and mono-substituted benzenes by using far-ultraviolet spectroscopy and quantum chemical calculations, 植松 祐貴, 森澤 勇介, 泰永 愛佳, 尾崎, 33rd International Conference on Solution Chemistry,   2013年07月, 33rd International Conference on Solution Chemistry
    概要:2PB06
  • Electronic Transitions from Liquid Amides Studied by Attenuated Total Reflection Far-Ultraviolet Spectroscopy and Quantum Chemical Calculations, 森澤 勇介, 泰永 愛佳, 福田 良一, 江原, 33rd International Conference on Solution Chemistry,   2013年07月, 33rd International Conference on Solution Chemistry
    概要:3PB20
  • Temperature-dependent structural changes and intermolecular hydrogen bonds in Nylon 6 studied by low-frequency Raman and Terahertz spectroscopies and Quantum chemical calculation, 大西絵理香, 森澤 勇介, K. R. Reddy, 石川大太郎, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 山本茂樹, 石井伸也, 鈴木晴, 保科宏道, 19th European Symposium on Polymer Spectroscopy (ESOPS19),   2013年07月, 19th European Symposium on Polymer Spectroscopy (ESOPS19)
    概要:P-26 (ポスター賞受賞)
  • Intermolecular vibrational modes of crystalline poly-(R)-3-hydroxybutyrate, 山本茂樹, 森澤 勇介, 佐藤春実, 保科宏道, 尾崎幸洋, 19th European Symposium on Polymer Spectroscopy (ESOPS19),   2013年07月, 19th European Symposium on Polymer Spectroscopy (ESOPS19)
    概要:P-05
  • 遠紫外領域に観測される電子遷移吸収を用いた溶液の水素結合状態分析, 池羽田 晶文, 森澤 勇介, 後藤剛喜, 東昇, 尾崎幸洋, 第73回分析化学討論会,   2013年05月, 第73回分析化学討論会
    概要:波長200nm以下の遠紫外(FUV)領域に観測される溶媒の吸収はσ軌道やπ軌道といった外殻電子の遷移に起因する。これらは水素結合等の相互作用によって変化を受けやすい。本研究ではATR-FUV分光帆を用い、水素結合性分子であるメタノール(MeOH)を極性の異なる有機溶媒で希釈した際のFUVスペクトルを観測した。得られたスペクトルをmultivariate curve resolution (MCR)によって水素結合種に分解し、会合モデルによって会合分子数を推定した。
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレンのスペクトルと表面構造の研究, 谷村 恵里香, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 佐藤 春美, 苅山 直美, 東, 第73回分析化学討論会,   2013年05月, 第73回分析化学討論会
    概要:Y1007
  • 減衰全反射遠紫外分光法によるナイロンの電子スペクトルを用いた表面分析, 森澤 勇介, 泰永 愛佳, 尾崎, 洋, 江原 正博, 第73回分析化学討論会,   2013年05月, 第73回分析化学討論会
    概要:F1011 遠紫外領域に観測される許容電子遷移は大きな吸光係数を持つため、微小な領域(ナノメートル程度)の分子の電子状態を観測することができ、このような領域の組成や化学反応性を分析する手段として期待される。高分子の表面から数10ナノメートルはその表面物性を決定する重要な領域である。今回は化学構造の異なるナイロンを測定し、液体アミドとナイロンのスペクトルの比較及びナイロンの構造の違いによるスペクトルの結果を報告する。
  • 低波数ラマン, テラヘルツ分光, 量子化学計算によるナイロンの低波数スペクトル解析, 大西 絵里香, 森澤 勇介, 石川 大太郎, Kummetha Raghunatha Reddy, 尾崎幸洋, 佐藤 春美, 石井 伸弥, 木, 晴, 保科 宏道, 第73回分析化学討論会,   2013年05月, 第73回分析化学討論会
    概要:Y1006
  • 分光 (2012年日本光学会の研究動向), 森澤勇介, 石川大太郎, 山本茂樹, 鈴木利明, 北濱康孝, 尾崎幸洋, 光学,   2013年04月, 招待有り
  • Far-Ultraviolet (FUV) Spectroscopy in the Slid and Liquid States, Principle Instrumentation, and Application, 森澤 勇介, 後藤剛嬉, 池, 田晶文, 東昇, 尾崎幸洋,   2013年03月
    概要:DOI: 10.1002/9780470027318.a9287
  • ショートコース基礎編:近赤外吸収の原理から、分光分析に含まれる情報について考える, 森澤 勇介, 第28回近赤外フォーラム,   2013年03月, 第28回近赤外フォーラム
  • アルコールOH伸縮振動倍音吸収強度の倍音次数依存性に関する研究, 森澤 勇介, 菅亜里沙, 尾崎幸洋, 第28回近赤外フォーラム,   2013年03月, 第28回近赤外フォーラム
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレンを主鎖にもつ 接着樹脂の表面構造の研究, 森澤 勇介, 中山篤史, 谷村恵里香, 佐藤春実, 苅山直美 東, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
    概要:減衰全反射(ATR)法を用いれば測定物と内部反射部材甲面からおよそ 波長の半分の分子の分光情報を観測することができる。遠紫外領域(140-200nm) ではその観測領域は数十ナノメートルとなる。これを高分子の表面分析に用いれば、 その接着性等の表面機能・物性の分析に力を発揮すると考えた。本研究ではポリ エチレンと側鎖に極性基を持った接着性樹脂の共重合体を遠紫外領域における 透過スペクトルとATRスペクトルを測定し、比較することでその表面構造の研究 を行ったので報告する。
  • 減衰全反射遠紫外分光法による液体アミドとナイロンの電子状態の研究, 森澤 勇介, 泰永愛佳, 尾, 江原正博, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
    概要:当研究室独自で開発した減衰全反射遠紫外分光器を用いて、構造の異なる 5種類のナイロンの観測を行った。すると、ナイロンのスペクトルは液体アミド同様 のスペクトルが観測された。また、ナイロンの構造の違いがスペクトルに現れること がわかった。当日は、ナイロンのスペクトルと液体モノマーのスペクトルの比較およ び、量子化学計算による比較を行い議論する予定である。
  • 減衰全反射遠紫外分光法と量子化学計算による、ベンゼンと一置換ベンゼンの液相における吸収帯の帰属, 植松裕貴, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 泰永愛, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
    概要:ベンゼンとその誘導体は、遠紫外領域において強い吸光係数をもつため、これまでは気体状態における遠紫外スペクトルしか測定されていなかった。しかし、当研究室で開発された減衰全反射法を用いた遠紫外分光システム(ATR-FUV)により、液体状態におけるそれらの遠紫外スペクトルを簡便に測定できるようになった。本研究では、ベンゼンと7種類の一置換ベンゼンについて、それらの純液体および希釈溶液の遠紫外スペクトルの測定を行った。
  • ポリイン-ヨウ素錯体の赤外分光, 和田 資子, 若林 知成, 森澤 勇介, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月, 日本化学会第93春季年会
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いた高分子の極表面分光分析, 森澤 勇介, 日本分光学会関西支部,   2013年03月, 日本分光学会関西支部
    概要:遠紫外光の減衰全反射法を用いれば内部反射部材から数十ナノメートル程度しみだした 光と試料の相互作用を観測することができ、吸収係数が大きく微小部の分光分析に適した この領域の特徴を最大限に生かすことができる。応用分析に必須となる凝縮相における遠 紫外スペクトルの遷移帰属について、基礎的な分子から高分子まで実験および理論的な研 究について紹介する。
  • Temperature-dependent structural changes and hydrogen bonding in Nylon studied by low frequency Raman and Terahertz spectroscopy, 大西絵里香, 森澤 勇介, 石川大太郎, 山本茂樹, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 石井伸也, 鈴木陽, 保科宏道, The 9th SPSJ International Polymer Conference,   2012年12月, The 9th SPSJ International Polymer Conference
    概要:13P1G2-142b ポスター発表
  • Electronic States on Extreme Surface of Polymers Studied by Using Attenuated Total Reflection Spectroscopy in Far Ultraviolet Region, 谷村恵里香, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 苅山直美 東, The 9th SPSJ International Polymer Conference,   2012年12月, The 9th SPSJ International Polymer Conference
    概要:13P1G2-074b ポスター発表
  • A study of electronic state of nylon at the extreme surface by using attenuated total reflection spectroscopy in far ultraviolet region, 泰永愛佳, 森澤 勇介, 尾崎幸洋, 佐藤春実, 福田良一, 池羽田晶文, 東昇, The 9th SPSJ International Polymer Conference,   2012年12月, The 9th SPSJ International Polymer Conference
    概要:13P1G2-073a ポスター発表
  • 減衰全反射遺紫外分光法による酸/塩基水溶液溶存アミノ酸の価電子遷移の評価, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 池羽田晶文, 東昇, 尾崎幸洋, 日本分光学会年次講演会,   2012年11月, 日本分光学会年次講演会
    概要:ポスター発表 P14
  • 減衰全反射遠紫外分光法によるポリエチレン表面の電子状態, 森澤 勇介, 谷村恵里香, 佐藤春実, 苅山直美, 日本分光学会年次講演会,   2012年11月, 日本分光学会年次講演会
    概要:高分子表面の分析技術はその改質や修飾技術の発展とともに、重要な技術となってきた。 中でも、表面の分光学的情報は表面における分子レベル、官能基レベルといったミクロな視点での情報を与える。これまで減衰全反射(Attenuated Total Reflection、ATR)赤外(IR)分光法が官能基レベルでの表面の構造情報を与える分析手法としてよく用いられてきたが、その分析深さ(光のもぐりこみ深さ)はμm オーダーに達してしまう。ATR-FUV 領では分子の許容電子遷移に相当する強い吸収が観測され、nm サイズの領域からスペクトルを得ることができる。我々はこれまでにFUV 領域でのATR 法(ATR-FUV)分光法を開発してきた。ATR-FUV では分析深さ数十nmのATRスペクトルを観測することができる。高分子でATR-FUV を測定することができれば、高分子の数十nm に限定した表面の電子状態を観測することが可能である。
  • Two-Dimensional Correlation Spectroscopy of Polymer in Terahertz Frequency Region, 保科宏道, 森澤 勇介, 大谷知行, 石井伸弥, 佐藤春実, 山本茂樹, 尾崎幸洋, 野田勇夫, FACSS presents SciX 2012,   2012年10月, FACSS presents SciX 2012
    概要:oral presentation (370)
  • Intermolecular Vibrations of poly-(R)-3-hydroxybytyrate in Low-Frequency Raman and THz Time-Domain Spectra Explored by DFT calculation with Cartesian Coordinate Tensor Transfer, 山本茂樹, 森澤 勇介, 佐藤春実, 保科宏道, 石井伸弥, FACSS presents SciX 2012,   2012年10月, FACSS presents SciX 2012
    概要:presentation (611)
  • Far-Ultraviolet Spectroscopy in the Solid and Liquid States, 森澤 勇介, 池羽田晶文, 東昇, 尾崎幸洋, FACSS presents SciX 2012,   2012年10月, FACSS presents SciX 2012
    概要:Oral Presentation (671)
  • Extreme Surface Analysis of Polyethylenes by Attenuated Total Reflection Far-ultraviolet Spectroscopy - Comparison with Atomic Force Microscope, 谷村恵里香, 森澤 勇介, 佐藤春実, 苅山直美 東, FACSS presents SciX 2012,   2012年10月, FACSS presents SciX 2012
    概要:poster presentation (221)
  • 減衰全反射遠紫外分光法によるナイロン極表面の電子状態の研究, 泰永愛佳, 森澤 勇介, 佐藤春実, 江原正博, 池羽田晶文, 東昇, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号1C02;遠紫外領域(FUV:120-200 nm)におけるアミドの電子状態に関する研究は、これまでには実験的困難から気相や希薄溶液に限られていた。当研究室独自で開発した減衰全反射遠紫外(ATR-FUV)分光システム1)2)を用いることで、吸収強度の高い遷移を純溶液に対しても吸収飽和することなくピークとして測定することができる。さらに、サンプルへの潜り込み深さが数十nmであることを考慮に入れると固体の極表面測定への適用が期待される。以前に液体アミドの電子遷移の観測を行い、量子化学計算を用いて帰属を行った。液体アミドの中でも、 N-メチルアセトアミド(NMA)はナイロンのユニットモデルとして、その水素結合の構造の研究が他の分光法でも盛んに行われている。本研究では構造の異なるナイロンのATR-FUVスペクトルの観測を行い、200 nm付近には液体アミド同様の吸収が観測された。液体アミドとナイロンのスペクトルの比較およびナイロンの構造の違いによるスペ
  • 減衰全反射遠紫外分光法と量子化学計算を用いた凝集相におけるアルカンの電子状態の研究 ~Rydberg状態を含むσ電子化学の可能性~, 森澤 勇介, 立花慎, 泰永愛佳, 尾崎幸洋, 江原正博, 池羽田晶文, 東昇, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号1D01;遠紫外(FUV)領域には分子のRydberg状態への遷移が存在し、これまで気相の分子の電子状態を対象にした研究が盛んに行われてきた。しかし、これらの遷移の多くは許容電子遷移であり、モル吸光係数が大きく、またほとんどの溶媒が吸収をもつために、凝縮相に対しては透過法では測定が困難であった。従って、FUV領域の遷移、特にRydberg状態への遷移が凝集相においてどのような影響を受けるかということはほとんどわかっていない。我々は、減衰全反射(ATR)法を用いたFUV分光器を開発した。サンプル交換が容易で吸収飽和しないATR-FUV分光器を用いることで、容易に液体のFUV領域の吸収スペクトルの観測ができる[1]。これまでに、アルコール[2]、アルカン[3]、ケトン[4]、等の有機液体を系統的に測定した。化学構造の違いに対する吸収ピーク波長および吸収強度の変化を検証し、気相スペクトルとの比較や、量子化学計算で求まる電子励起エネルギーとの比較などの帰属法を検討
  • 低波数ラマン分光と量子化学計算による高分子の振動解析, 山本茂樹, 森澤 勇介, 佐藤春実, 保科宏道, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号1P049;
  • ポリエチレン表面の電子状態の研究, 森澤 勇介, 谷村恵里香, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 苅山直美, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号2P054;FUV領域(140-200 nm)には分子の許容電子遷移に相当する強い吸収が観測される。しかし、吸光係数が大きすぎ、これまで国内・国外において液体や固体のFUV領域の研究は限定的にしかされてこなかった。我々は測定部となる内部反射部材(IRE)から数十nm浸み出した光の吸収を測定するATR-FUV分光法を開発してきた。これまでの研究の中で、水、メタノール、アルカン、ケトンなど、これまで液体での研究が困難であった基本溶媒の電子状態研究を行ってきた。この中で、液体アルカンの電子励起状態への遷移に相当する吸収が、炭素数や枝分かれのような分子構造の違いにより変化することを示した。また、アルカンの固体相において液体とは大きく異なる吸収が観測されることも見出した。この研究から、(長鎖アルカンである)高分子などの骨格の構造変化によってそのスペクトルが変化すると予想される。 高分子の遠紫外スペクトルは、薄膜の透過スペクトルの報告があ
  • ポリインーヨウ素錯体の赤外吸収スペクトル, 和田資子, 若林 知成, 森澤 勇介, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号1P082
  • CH・・・O水素結合したRH・・・OCH2(R=CCF, CFCF2, CF3)クラスターの構造と振動数の量子化学計算, 二見能資, 森澤 勇介, 尾崎裕, 濱田嘉昭, 尾崎幸洋, 第6回分子科学討論会,   2012年09月, 第6回分子科学討論会
    概要:発表番号1P071;
  • 無極性溶媒中におけるポリイン-ヨウ素錯体の赤外吸収スペクトル, 和田 資子, 若林 知成, 森澤 勇介, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム,   2012年09月, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム
  • 減衰全反射遠紫外スペクトルによるポリエチレンの極表面分析―AFM測定との比較―, 谷村恵里香, 森澤 勇介, 佐藤春実, 苅山直美 東, 日本分析化学会第61年会,   2012年09月, 日本分析化学会第61年会
    概要:D2003;高分子の表面改質や表面装飾は、高分子材料の用途の広がりとともに、必然的に重要になってきた技術である。従来高分子の表面の官能基などの分子に関する情報を得る方法として減衰全反射(ATR)赤外(IR)分光法があるが、分析深さは数μmである。分析深さは波長に比例するので、遠紫外(FUV)領域では分析深さが数十nm程度となり、これまでに比べてはるかに薄い表面に局在した情報を分析できる。本研究では、固体極表面分析用ATR-FUV分光器を開発し、これを用いてポリエチレンの測定を行い、ATR-FUVスペクトルの変化について考察した。また、原子間力顕微鏡(AFM)を用いて、ポリエチレンの表面状態とスペクトルとの比較を行った。
  • 液体状態水分子の第一電子遷移: カチオン水和の観点から, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 池羽田晶文, 東昇, 尾崎幸洋, 日本分析化学会第61年会,   2012年09月, 日本分析化学会第61年会
    概要:D2003;液体状態水分子の第一電子遷移(A-X)エネルギーは遠紫外領域(122~200 nm)に存在し, その電子遷移は水分子間の水素結合状態に強く依存している. これまで測定されたs, pブロック金属塩水溶液の減衰全反射遠紫外(ATR-FUV)スペクトルから, A?Xエネルギーはカチオンの水和状態に依存する傾向が分かっている.[1] 本研究では, その傾向の背景を明らかにすることを目的に, ATRスペクトル及び量子化学計算から液体水分子のA?Xを検討した.
  • 時間分解遠紫外透過分光法を用いた促進酸化水光反応のキネテックス解析, 後藤剛喜, 森澤 勇介, 池羽田晶文, 苅山直美, 高場京子, 尾崎, 日本分析化学会第61年会,   2012年09月, 日本分析化学会第61年会
    概要:P3036;低ケミカルな洗浄プロセスとしてO3を主成分とする促進酸化水が半導体基板洗浄など多様な分野で用いられている. O3や過渡種であるOHラジカルは高い酸化力を有し, 多様な有機物の無機化に効果を示す. O3の光解離反応, ラジカル反応機構は複雑かつ多様であり, 様々なアプローチで研究が進められてきた. 本研究では, ポンプ-プローブ時間分解遠紫外透過分光法を用いて促進酸化水の光反応キネテックスの検討を行う
  • 時間分解ATR-FUVを用いたオゾン水の光分解の研究, 森澤 勇介, 後藤剛喜, 東昇 苅山直美, 高場京子, 尾崎, 日本分析化学会第61年会,   2012年09月, 日本分析化学会第61年会
    概要:P3020;オゾン水に紫外線(266nm)を照射することで、溶液中でオゾンの光分解がおこることが知られている。生成されるのは小分子ラジカルであるため、既存の過渡吸収法では生成物の吸収を得ることは難しいと考えられる。一方、ラジカルを検出するために短波長側に測定を名橋た場合、水の強い吸収によって光を透過させることができないため、これまで測定が難しかった。我々は、独自に開発した減衰全反射遠紫外(ATR-FUV)分光法を用いて、短波長領域(本研究では170-185 nm)においても、吸収スペクトルを測定することができる。さらに、これにパルスレーザーの照射光学系と時間応答性の高い検出器を組み合わせ、50ns~1μsの時間分解能で0.001~0.0005abs程度の感度でFUV過渡吸収測定を可能にする時間分解ATR-FUVを開発した。本研究では、これを用いてオゾン水に紫外線を当てた時に生じる過渡種の検出を試みた。
  • MONITORING OF PHOTOREACTION OF OZONE WATER BY USING NOVEL TIME-RESOLVED FAR-ULTRAVIOLET SPECTROSCOPY., 立花慎, 森澤 勇介, 苅山直美, 後藤剛喜, 高場京子, 尾崎, RSC Tokyo International Conference, International Session, JASIS Conference,   2012年09月, RSC Tokyo International Conference, International Session, JASIS Conference
    概要:In this study, we measured the photoreaction kinetics of O3 water by using the pump-probe style time-resolved far-ultraviolet (TR-FUV) spectrometer. The TR-FUV spectrometer is equipped with Nd:YAG laser (266 nm, 50 mJ/pulse) as a excitation pulse to start the photoreaction of O3. The laser driven Xe lamp source is employed as a probe light source. The probe light transmitting the sample is detected by photomultiplier (PMT) after through the spectrometer. The detected signal is collected by digital oscilloscope. Temporal resolution is determined by the response time of pre-amplifier as 50 ns. We measured 50 μs before and after pulse irradiation.
  • ATTENUATED TOTAL REFLECTION SPECTROSCOPY IN FAR ULTRAVIOLET REGION (ATR-FUV) FOR EXTREME SURFACE OF POLYMERS, 森澤 勇介, 谷村恵里香, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 苅山直美, RSC Tokyo International Conference, International Session, JASIS Conference,   2012年09月, RSC Tokyo International Conference, International Session, JASIS Conference
    概要:A technique for the surface analysis of polymers regarding molecular level is needed. ATR-IR spectroscopy has been widely used for surface analysis of polymers. In the measurement of ATR-IR, however, the depth of analysis is reached to several micrometers. In the far-UV region, transitions of the valence electrons have been observed in the liquid phase by using ATR-FUV spectroscopy. Because the penetration depth is proportional to the wavelength, it is tens of nanometers in the ATR-FUV measurement. Thus, if we applied the ATR-FUV to the polymers, one should be possible to obtain the information of electronic structure localized to the more extreme surface by using ATR-FUV. In this study, we originally developed FUV spectrometer for investigating extreme surface of polymers by using ATR technique. To test the instrument, we studied electronic state of several kinds of polyethylenes.
  • 二次元相関分光法による高分子のテラヘルツスペクトル解析, 保科宏道, 森澤 勇介, 石井伸也, 佐藤春実, 野田勇夫, 応用物理学会テラヘルツ電磁波研究会並びに電子情報通信学会テラヘルツ応用シス テム研究会共催「テラヘルツ電磁波研究会」,   2012年07月, 応用物理学会テラヘルツ電磁波研究会並びに電子情報通信学会テラヘルツ応用シス テム研究会共催「テラヘルツ電磁波研究会」
  • Vibrational Spectroscopy of Nylon Samples in Terahertz Frequency Region, 保科宏道, 森澤 勇介, 鈴木はる, 石井, 伸弥, 大谷知行, 山本茂樹, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 内山哲治, The 2nd International Symposium on Terahertz Nanoscience (TeraNano 2012),   2012年07月, The 2nd International Symposium on Terahertz Nanoscience (TeraNano 2012)
  • 近赤外分光法, 森澤 勇介, 日本分光学会,   2012年06月, 日本分光学会
    概要:田隅 三生 編著「赤外分光測定法-基礎と最新手法」発刊にともなって、日本分光学会が主催した講習会において、「近赤外分光法」に関する講師を務めた。講演では、当該冊子の内容に沿って、近赤外分光法の特徴と課題について解説を行った。
  • Terahertz Vibrational Spectroscopy of Polymers with Hydrogen Bonds, 保科宏道, 森澤 勇介, 大谷知行, 石井伸弥, 山本茂樹, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 野田勇夫, European Optical Society,   2012年06月, European Optical Society
    概要:プログラム P.23 (口頭発表) Vibrational spectra of poly-(3-hydroxybutyrate) (PHB) and nylon were studied by terahertz (THz) spectroscopy. The vibrational peaks of hydrogen bonds, which control the intermolecular structure, were observed. The correlation between THz spectra and higher order conformation of polymer was studied.
  • Assignments and analyses of vibrational bands in THz and low-frequency Raman spectra of poly-(R)-3-hydroxybutyrate (PHB) based on the DFT calculation with Cartesian coordinate tensor transfer method, 森澤 勇介, 山本茂樹, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 保科宏道, European Optical Society,   2012年06月, European Optical Society
    概要:プログラム P.23 (口頭発表) Terahertz (THz) and low-frequency Raman spectra of poly(3-hydroxybutyrate) were compared with the DFT calculations with Cartesian coordinate tensor transfer method. Result of the calcula-tion agreed with both the THz and Raman spectra. Assignments of inter- and intramolecular vi-brational bands have been carried out.
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いたポリエチレンのスペクトルと表面構造の研究, 谷村恵里香, 立花慎, 佐藤春実, 尾崎幸洋, 森澤 勇介, 苅山直美, 東昇, 第72回分析化学討論会,   2012年05月, 第72回分析化学討論会
    概要:ポスター発表 Y1015 要旨集p.130 【序論】近年、高分子の表面装飾や表面処理が注目を集めている。優れた表面の作製には、ナノメートルオーダーの物性や組成を分析することが有用である。従来高分子の表面を官能基レベルで分析する手法として用いられてきた減衰全反射(Attenuated Total Reflection、ATR)赤外(IR)分光法では、分析深さは数μmである。分析深さは波長に比例するので、遠紫外(FUV)領域では分析深さが数十nm程度となり、これまでに比べてはるかに薄い表面に局在した情報を分析できる。これまでの研究から、液体アルカンの炭素数や枝分かれの違いがスペクトルに変化をもたらす1)ということがわかっている。本研究では、固体極表面分析用ATR-FUV分光器を開発し、これを用いてポリエチレンの測定を行い、液体、固体アルカンとの比較から、ATR-FUVスペクトルの変化について考察した。 【実験】ATR-FUV測定装置は窒素パージ式で、光源には重水素ランプ、内部反射部材にはサフ
  • 時間分解減衰全反射遠紫外分光法によるフェノールおよびトリプトファンの光解離の研究, 森澤 勇介, 東昇, 苅山直美, 高場京子, 尾崎幸洋, 後藤剛喜, 池羽田晶文, 第72回分析化学討論会,   2012年05月, 第72回分析化学討論会
    概要:口頭発表 C1006 要旨集P33 減衰全反射遠紫外分光法(ATR-FUV)を用いることで、これまで水の強い吸収によって光を透過させることができなかった波長領域(本研究では170-185 nm)においても、吸収スペクトルを測定することができる。さらに、これにパルスレーザーの照射光学系と時間応答性の高い検出器を組み合わせることで、ATR-FUVのns~μs程度の時間分解能で過渡吸収測定を可能にする時間分解ATR-FUVを開発したことを第60年会で報告した。本討論会では、以前の発表では問題となっていた感度について、光学系および光源の改善により向上させた結果について報告する。 図は今回開発したATR-FUVによって得られた5mMフェノール水溶液に266 nmレーザー光照射後の172 nmにおける吸収信号の時間変化である。時間分解能はプリアンプの応答速度である50 ns程度であることが見積もられる。図に示されるようにフェノール水溶液に光を照射した直後に急激に吸光度が立ち上がり、それが1 μs程度
  • 極短パルスレーザーを用いた生体分光計測 広がる振動分光法の世界 ?超短パルス光源がもたらした進歩?, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 保科宏道, 光学,   2011年08月, 招待有り
  • 遠紫外分光法による水及び水溶液の分析, 池羽田晶文, 後藤剛喜, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 東昇, 分析化学,   2011年, 招待有り
  • Terahertz spectroscopy of poly(3-hydroxyalkanoate)s, Hoshina, Hiromichi, Morisawa, Yusuke, Ishii, Shinya, Sato, Hammi, Noda, Isao, Ozaki, Yukihiro, Otani, Chiko, Annual Report - Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena,   2011年
  • 宇宙電波観測を用いた,暗黒星雲コアにおける環状C3H2のオルト・パラ比と化学進化の相関に関する研究, 森澤勇介, 分光研究,   2006年, 招待有り

MISC

  • 含水PMEAの減衰全反射遠紫外スペクトルの考察, 中島有利佳, 上野那美, 森澤勇介, 田中賢, 森田成昭, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 98th, ROMBUNNO.1G3‐33,   2018年03月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802273722616611
  • 遠紫外分光法──新しい電子分光法の誕生とその応用, 尾崎幸洋, 田邉一郎, 森澤勇介, 化学, 72, 3, 31, 35,   2017年02月, 招待有り, https://www.kagakudojin.co.jp/book/b280861.html
  • 減衰全反射遠紫外分光法を用いた凝縮相分子の電子遷移の研究, 森澤勇介, 分光研究, 65, 2, 92, 103,   2016年, 査読有り, 招待有り
  • 近赤外分光法を用いた分子会合状態の研究, 森田成昭, 森澤勇介, FERI Activity Report, 25, 55‐59,   2015年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209088461050
  • 溶液中の分子会合状態によって変化する振動倍音遷移の吸収強度の研究, 森澤勇介, 森田成昭, FERI Act Rep, 25, 46, 52,   2015年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502212565315797
  • 月例卓話 遠紫外分光法を用いた基礎研究とその分析応用, 森澤 勇介, 海洋化学研究 = Transactions of the Research Institute of Oceanochemistry, 28, 2, 87, 93,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020656326
  • ラジカル測定用時間分解遠紫外分光システムの開発, 後藤剛喜, 東昇, 立花慎, 森澤勇介, 尾崎幸洋, ケミカルエンジニヤリング, 59, 3, 196, 201,   2014年03月, 招待有り, http://www.kako-sha.co.jp/2014contentschem.html
  • 分光 (2012年日本光学会の研究動向), 森澤勇介, 石川大太郎, 山本茂樹, 鈴木利明, 北濱康孝, 尾崎幸洋, 光学, 42, 4, 170, 175,   2013年04月, 査読有り, 招待有り
  • Far-Ultraviolet (FUV) Spectroscopy in the Slid and Liquid States, Principle Instrumentation, and Application, 森澤 勇介, 後藤剛嬉, 池, 田晶文, 東昇, 尾崎幸洋, 2013, March, 1, 21,   2013年03月, 10.1002/9780470027318.a9279
    概要:DOI: 10.1002/9780470027318.a9287
  • OH,C=O伸縮振動の基本音および倍音の吸収強度の水素結合による変化についての研究, 森澤勇介, 菅愛里紗, CHEN Yujing, 言上隆之, 二見能資, 尾崎幸洋, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 2, 224,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202224984393590
  • 水素結合によるOH伸縮振動基本音および倍音の強度と波数シフトの研究, 森澤勇介, 言上隆之, 二見能資, 菅亜里沙, 尾崎幸洋, 近赤外フォーラム講演要旨集, 27th, 90,   2011年11月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102230517031114
  • 極短パルスレーザーを用いた生体分光計測 広がる振動分光法の世界 —超短パルス光源がもたらした進歩—, 森澤勇介, 尾崎幸洋, 保科宏道, 光学, 40, 8, 388, 401,   2011年08月, 査読有り, 招待有り
  • 基本音及び倍音観測によるフェノールOH伸縮振動の分子内水素結合の研究, 言上隆之, 森澤勇介, 二見能資, 尾崎幸洋, 溶液化学シンポジウム講演要旨集, 33rd, 70,   2010年11月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002202838226820
  • 宇宙電波観測を用いた,暗黒星雲コアにおける環状C3H2のオルト・パラ比と化学進化の相関に関する研究, 森澤勇介, 分光研究, 55, 4, 239, 244,   2006年, 査読有り, 招待有り, 10.5111/bunkou.55.239

特許

  • 促進酸化活性種の濃度測定方法および濃度測定装置, 東 昇, 苅山 直美, 尾崎 幸洋, 森澤 勇介, 池羽田 晶文, 後藤 剛喜, 特願2012-193266, 特開2014-048233
  • 全反射吸収測定装置および全反射吸収測定方法, 東 昇, 苅山 直美, 森澤 勇介, 特願2012-076824, 特開2013-205339

受賞

  •   2020年11月, 近赤外研究会, NIR Advanced Award, 「溶液中の分子間相互作用による近赤外吸収強度の増強・減衰効果の研究」, [1] “Effects of intermolecular interactions on absorption intensities of the fundamental and the first, second, and third overtones of OH stretching vibrations of methanol and t-butanol‑d 9 in n-hexane studied by visible/near-infrared/infrared spectroscopy.” Yusuke Morisawa, Arisa Suga, Spectrochimica Acta A., 197, 170– 175 (2018) [2] “Solvation effects on wavenumbers and absorption intensities of the OH-stretch vibration in phenoliccompounds – electrical- and mechanical anharmonicity via a combined DFT/Numerov approach.” Manuel J. Schuler, Thomas S. Hofer, Yusuke Morisawa, Yoshisuke Futami, Christian W. Huck, Yukihiro Ozaki, Physical Chemistry Chemical Physics, 22, 13017-13029 (2020)
  •   2013年11月, 日本分光学会, 奨励賞, 「減衰全反射遠紫外分光法を用いた凝縮相分子の電子遷移の 研究とその装置開発」
  •   2013年01月, 日本分析化学会近畿支部, 近畿分析技術研究 奨励賞
  •   2011年09月, 日本分析化学会, 先端分析技術賞・JAIMA機器開発賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 多角入射ATR紫外分光法によるグラフェンナノコンポジットの表面電子状態の研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イオンの化学形態を直接観測する新しいATR遠紫外スペクトル分析法
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 有機電解合成へのラマン分光法の導入による反応解析と合成化学への応用
  • 文部科学省, 基盤研究(B), 極表面分析用全反射減衰遠紫外分光分析装置の開発と高分子極表面分析への応用
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 表面修飾ナノ粒子分析を目指した、ATR-FUV分光測定による分析深さの精密化
  • 文部科学省, 化学研究費補助金(基盤(B)), テラヘルツ-赤外二次元相関分光の開発と高分子集合体の機能発現の解明
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 液体の水素結合は価電子励起状態にどのような変化を与えるか, 研究代表者らが開発した減衰全反射遠紫外(ATR-FUV)分光法を用いて、分子同士が及ぼす力が分子の最外殻に存在する電子(価電子)の状態にどのような変化を与えるかを研究した。低温を測定するために低温用温度制御ATR-FUV測定装置を製作し、低温(~-70℃)におけるアセトン(弱い水素結合をもつ)液体、およびアルカン(水素結合をおもたない)液体・固体の電子状態変化を観測した。新しい観測結果を高精度量子化学計算と比較し新たな知見を得た。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 分光物性化学, 近畿大学理工学部理学科化学コース
  • 分子分光学特論, 近畿大学大学院総合理工学研究科
  • 分光物性化学特別研究, 近畿大学大学院総合理工学研究科
  • 分光物性化学特論, 近畿大学大学院総合理工学研究科
  • 近赤外分光法, 日本分光学会 「赤外分光測定法-基礎と最新手法」講習会
  • 近赤外分光法 ショートコース 基礎編, 第28~31回 近赤外フォーラム
  • 卒業研究ゼミナール, 近畿大学理工学部理学科化学コース
  • 化学実験III, 近畿大学理工学部理学科化学コース
  • 卒業研究, 近畿大学理工学部理学科化学コース
  • 基礎ゼミ, 近畿大学理工学部理学科化学コース
  • 機器分析化学, 近畿大学理工学部理学科化学コース

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 「赤外分光の基礎と応用」, 講師, 京都府中小企業技術センター、公益財団法人京都技術科学センター,   2019年10月09日
  • 遠紫外分光法の分光学的基礎、物理化学への応用, 講師, オプトロニクス,   2014年11月20日