KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

永岡 隆ナガオカ タカシ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生命情報工学科 / 生物理工学研究科
職名講師
学位博士(工学)
専門生物電子計測・制御
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1345-nagaoka-takashi.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/tea/csb/
メールアドレスnagaoka[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    光を用いた皮膚の計測について研究しています。ハイパースペクトラルイメージャーという色を詳細に計測できる装置を使って、メラノーマの診断や化粧品の評価に取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2005年03月, 早稲田大学大学院, 理工学研究科 , 生命理工学専攻博士後期課程
  • 2000年04月 - 2002年03月, 早稲田大学大学院, 理工学研究科 , 電子・情報通信学専攻修士課程
  • 1996年04月 - 2000年03月, 早稲田大学, 理工学部, 電子情報通信学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2009年04月,  - 2015年03月, 早稲田大学(次席研究員)
  •   2006年04月,  - 2009年03月, 県立静岡がんセンター(任期付研究員)
  •   2003年04月,  - 2006年03月, 早稲田大学理工学部(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 皮膚科学
  • 人間医工学, 医用システム
  • 外科系臨床医学, 消化器外科学
  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学

研究キーワード

  • メラノーマ, ハイパースペクトラルイメージング, 表在性腫瘍, 無侵襲計測, 生体情報・計測, 眼底, 応用分光学, 医療機器開発, 内視鏡, 検査・診断システム, 医用・生体画像

論文

  • Clinical contributions of exhaled volatile organic compounds in the diagnosis of lung cancer, 永岡 隆, PLoS One, 12, 4, e0174802,   2017年03月, 査読有り
  • Prospective analyses of volatile organic compounds in obstructive sleep apnea patients., Aoki T, Nagaoka T, Kobayashi N, Kurahashi M, Tsuji C, Takiguchi H, Tomomatsu K, Oguma T, Kobayashi N, Magatani K, Takeda S, Asano K, Abe T, This study was performed at the Sleep Center of Tokai University Hospital., Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, 156, 2, 362, 374,   2016年12月, 査読有り
  • Hyperspectroscopic Evaluation correlated to the Subjective Evaluation for Cosmetics, 永岡 隆, 38th Annual International Conference of the IEEE EMBS,   2016年08月, 査読有り
  • Recent Advances in Diagnostic Technologies for Melanoma, 永岡 隆, Advanced Biomedical Engineering, 5, 111, 117,   2016年07月, 査読有り
  • Portable hyperspectral imager with continuous wave green laser for identification and detection of untreated latent fingerprints on walls., Nakamura A, Okuda H, Nagaoka T, Akiba N, Kurosawa K, Kuroki K, Ichikawa F, Torao A, Sota T, Forensic science international, 254, 100, 105,   2015年09月, 査読有り
  • Fiber-type hyperspectral melanoma screening system, Nagaoka T, Nakamura A, Kiyohara Y, and Sota T, 37th annual international conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,   2015年08月, 査読有り
  • Modification of a melanoma discrimination index derived from hyperspectral data: A clinical trial conducted in 2 centers between March 2011 and December 2013, T. Nagaoka, Y. Kiyohara, H. Koga, A. Nakamura, T. Saida, T. Sota, T. Sota, Skin Research and Technology, 21, 3, 278, 283,   2015年08月, 査読有り
    概要:Background: The morphology of pigmented skin lesions (PSLs) is predominantly a result of varying concentrations and distributions of pigmented molecules such as melanin and hemoglobin. Based on these differences and the fact that their information is contained in cutaneous spectra, a hyperspectral imager (HSI) for pigmented melanoma and a single discrimination index derived from the resultant hyperspectral data are proposed. Objective: To develop and evaluate a new discrimination index for melanomas, compared to the previous index. Methods: A HSI, which is convenient for both patients and clinicians, was newly developed and used in a clinical trial conducted in 2 centers with 80 patients with primary lesions and 17 volunteers between March 2011 and December 2013. There were 24 melanomas and 110 other PSLs. A previously proposed discrimination index was used without modifications. A new index, which emphasized the essential features of melanoma, was proposed, and its performance was examined. For each index, a threshold value was set to minimize the average value of the false positive and false negative fractions. The performances of both indices were compared. Results: The sensitivity and specificity of the old index were 75% and 97%, respectively, while those of the new index were 96% and 87%. Conclusion: The new index had a higher sensitivity and adequate specificity, indicating that it is more useful than the old index. © 2014 John Wiley & Sons A/S.
  • Hyperspectroscopic imager for baby fibers, T. Nagaoka, A. Nakamura, T. Yamazaki, Y. Nakata, K. Endo, T. Sakaguchi, N. Kawata, T. Sota, 2014 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2014, 218, 221,   2014年01月, 査読有り
    概要:© 2014 IEEE. Hyperspectral imaging system for diagnosing digestive diseases was newly developed in order to obtain information on pathology beyond morphology of lesions. In order to guide light reflected from a lesion, a baby fiber, which can be inserted in a forceps channel of the electronic endoscope, was also developed. The performance of the system was evaluated by animal experiment. Obtained hyperspectral data were found to have sufficient quality endurable to practical use. Harmful phenomena to a living body were not observed within the experiment. It was considered from the animal experiment that the present system could be practically used for humans.
  • Development of a new measurement system to detect selectively volatile organic compounds derived from the human body, S. Kanou, T. Nagaoka, N. Kobayashi, M. Kurahashi, S. Takeda, T. Aoki, T. Tsuji, T. Urano, T. Abe, K. Magatani, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS, 3837, 3840,   2013年10月, 査読有り
    概要:A new concept expired gas measurement system used double cold-trap method was developed. The system could detect selectively volatile organic compound (VOC) derived from the human body. The gas chromatography (GC) profiles of healthy volunteer's expired gas collected by our system were analyzed. As a result, 60 VOCs were detected from the healthy volunteer's expired gas. We examined 14 VOCs among them further, which could be converted to the concentration from the GC profiles. The concentration of almost VOCs decreased when the subjects inspired purified air compared with the atmosphere. On the other hand, isoprene was almost the same. It was strongly suggested that these VOCs were derived from the human body because the concentration of these VOCs in the atmosphere were nearly zero. Expired gas of two sleep apnea syndrome (SAS) patients were analyzed as preliminary study. As a result of the study, the concentration of some VOCs contained in the expired gas of the SAS patients showed higher value than a healthy controls. © 2013 IEEE.
  • Hyperspectroscopic screening of melanoma on acral volar skin., Nagaoka T, Nakamura A, Okutani H, Kiyohara Y, Koga H, Saida T, Sota T, Skin research and technology : official journal of International Society for Bioengineering and the Skin (ISBS) [and] International Society for Digital Imaging of Skin (ISDIS) [and] International Society for Skin Imaging (ISSI), 19, 1, e290, 6,   2013年02月, 査読有り
  • Melanoma screening system using hyperspectral imager attached to imaging fiberscope, T. Nagaoka, A. Nakamura, Y. Kiyohara, T. Sota, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS, 3728, 3731,   2012年12月01日, 査読有り
    概要:Early detection and proper excision of the primary lesions of melanoma are crucial for reducing melanoma-related deaths. In order to support the early detection of melanoma, melanoma screening systems have been extensively studied and developed. Recently we have proposed a melanoma discrimination index derived from hyperspectral data (HSD) in the visible-near infrared wavelength region. The index represents variegation in spectra over a lesion and works well in discriminating melanoma from other pigmented lesions. However the previous hyperspectral imager did not have an enough allowance for measurement of lesions. To overcome the problem with it, we have developed a hyperspectral imager attached to imaging fiberscope. This equipment has been able to accumulate HSD in a view field of 40 mm within about 10 seconds, from which the above-mentioned melanoma discrimination index has been calculated. Performance of the system has been studied in nine cases of melanoma and 18 cases of non-melanoma, obtained from patients and volunteers, all of whom were Japanese. The index has achieved a sensitivity of 100 % and a specificity of 94.4 %. © 2012 IEEE.
  • 加齢黄斑変性の新規自動スクリーニング(Novel automated screening of age-related macular degeneration), Yamauchi Yasuyuki, Kemma Hiroyuki, Goto Hiroshi, Nakamura Atsushi, Nagaoka Takashi, Sota Takayuki, Japanese Journal of Ophthalmology, 56, 6, 577, 583,   2012年11月
    概要:加齢黄斑変性(AMD)と正常黄斑を区別するための、客観的定量的なパラメータを決定した。AMD患者62名71眼と健常者12名21眼において、近赤外ハイパースペクトル画像を撮像した。黄斑ベクトルは各黄斑の平均スペクトルを用い、参照ベクトルは健常者の平均黄斑ベクトルを用いた。ベクトル長と角度の変動は、参照ベクトルとの比較に基づいて算出した。AMD分別指数は、AMDと対照者との間のプロットオーバーラップを最小化するパラメータであった。AMD患者と健常者との間に、統計的有意差が見られた。受信者動作特性曲線(ROC)分析では、曲線下面積は0.888であった。感度は68%、特異性95%、正確性74%で、適切な識別が可能であった。本研究は、AMDを決定するための、近赤外スペクトルに基づく簡便な診断指標を提供する。
  • Novel automated screening of age-related macular degeneration., Yamauchi Y, Kemma H, Goto H, Nakamura A, Nagaoka T, Sota T, Japanese journal of ophthalmology, 56, 6, 577, 583,   2012年11月, 査読有り
  • A possible melanoma discrimination index based on hyperspectral data: a pilot study., Nagaoka T, Nakamura A, Okutani H, Kiyohara Y, Sota T, Skin research and technology : official journal of International Society for Bioengineering and the Skin (ISBS) [and] International Society for Digital Imaging of Skin (ISDIS) [and] International Society for Skin Imaging (ISSI), 18, 3, 301, 310,   2012年08月, 査読有り
  • メラノーマの新しい非侵襲的診断法の開発 : ハイパースペクトルデータに基づくメラノーマ鑑別指標, 奥谷 悠, 中村 厚, 永岡 隆, 清原 祥夫, 宗田 孝之, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 26, 1, 94, 97,   2011年05月, 査読有り
    概要:我々はメラノーマの非侵襲的診断法としてハイパースペクトルイメージャ(HSI)を用いた新しい診断法の開発を進めている。HSIにより得られるハイパースペクトルデータ(HSD)は,病変の位置情報とスペクトル情報からなる。前にHSDに基づく鑑別指標を提案したが,今回新しい概念による指標を提案し,その有用性を示す。メラノーマ5例,脂漏性角化症12例,母斑細胞性母斑7例を解析した。病変毎に異なる部位のHSDを複数計測した。HSD毎,各画素のスペクトルに対応するスペクトル角度を求め,その角度の出現確率から計算されるエントロピー指標を新指標とした。新指標がメラノーマとそれ以外の病変を区別できる鑑別性能は非常に高く,感度,特異度はともに90%を超えた。単一で高い鑑別性能を示す新指標は,有用であると考えられた。なお,新旧指標のROC曲線下面積による比較では,新0.96 vs旧0.77となり,新指標の有用性が示された。
  • 光スペクトルからメラノーマ鑑別指標を導出する方法の検討, 永岡 隆, 中村 厚, 會沢 勝夫, 大坪 真也, 清原 祥夫, 宗田 孝之, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌, 25, 1, 81, 84,   2010年05月, 査読有り
    概要:色素性皮膚病変(PSLs)の形態は主にメラニンとヘモグロビン色素分子の分布および濃度の差異に帰せられる。その定性的かつ定量的差異は可視-近赤領域の拡散反射スペクトルを用いて客観的に解析できる。本論文ではスペクトルを用いて両色素分子の濃度分布の差異を数値化した。本指標は15症例のPSLsに対して,高い精度(感度85%,特異度91%)でメラノーマを他のPSLsから鑑別可能であった。本指標はPSLs辺縁部のirregularityと色の多様性を同時に反映していることが示唆された。
  • Development of blood vessel viewer using multi spectral imaging technology., Nagaoka T, Nakamura A, Aizawa K, Ohtsubo S, Mochizuki T, Kiyohara Y, Sota T, Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 2008, 1234, 1237,   2008年, 査読有り
  • Inspection of skin hemodynamics with hyperspectral camera., Nagaoka T, Eikje NS, Nakamura A, Aizawa K, Kiyohara Y, Ichikawa F, Yamazaki T, Doi M, Nakamura K, Otsubo S, Sota T, Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 2007, 3357, 3361,   2007年, 査読有り
  • Noninvasive measurement of total hemoglobin and hemoglobin derivatives using multiwavelength pulse spectrophotometry -In vitro study with a mock circulatory system., Suzaki H, Kobayashi N, Nagaoka T, Iwasaki K, Umezu M, Takeda S, Togawa T, Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 1, 799, 802,   2006年, 査読有り
  • Relation between hematocrit and optical density in pulse oximetry -In vitro study with Waseda mock circulatory system, H. Suzaki, H. Suzaki, N. Kobayashi, H. Kubota, T. Aomi, T. Nagaoka, K. Iwasaki, M. Umezu, S. Takeda, S. Takeda, A. Uchiyama, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings, 7 VOLS, 2626, 2629,   2005年12月, 査読有り
    概要:Optical properties of living tissues have not been well established even today, and bioopticinstrumentations have to be based on empirical formulae. In order to examine optical properties of the tissue having pulsating blood perfusion, we investigated the relation between optical density (defined as O.D.) of whole blood and hematocrit by transmission spectrophotometry. We used Waseda mock circulatory system that simulates blood circulation in the tissue. It was found that with increasing light path length, O.D. per unit light path length due to scattering and absorption effect, tended to become constant in each hematocrit. For wavelengths of 660, 805 and 940 nm, the relations between O.D. of whole blood and hematocrit predicted by Twersky's equation, Loewinger's equation and photon diffusion equation fitted to the data obtained. Meanwhile, for 1300 nm, the relation predicted by Loewinger's equation gave the best fit to the data. © 2005 IEEE.
  • 永久磁石を用いた三次元位置センサの開発とその応用, 永岡 隆, 市川 大輔, 内山 明彦, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 42, 4, 300, 306,   2004年12月, 査読有り
    概要:In recent years, the number of patients complaining of abnormal bowel movements has increased, and the incidence of abnormal bowel movements in the Japanese population over the age of 15 years old has been estimated to have increased to approximately 20%. Clarification of the intestinal peristalsis of the digestive tract is important for elucidating the pathology of digestive disorders. Existing assessment systems have problems with quantification and reproducibility. With this background, the present study was conducted to develop a system for analyzing intestinal peristalsis using three-dimensional (3D) position sensors. By creating 3D position sensors out of permanent magnets, we were able to directly measure the movements of intestinal contents and assess the state of intestinal peristalsis using strain gauges attached to the intestinal wall. The results of in vitro experiments showed that the maximum measurement error was 6.5mm within 250mm of the sensor. A preliminary animal study was conducted using wired position sensors. Radiographic findings showed that the sensors detected the movement of the intestinal contents, and the movement detected by the sensors correlated with the output of the strain gauges attached to the intestinal wall.
  • Development of noninvasive tonometer using resonance phenomenon, M. Nakai, T. Nagaoka, I. Yoshizawa, A. Fujita, S. Takeda, K. Yanasima, A. Uchiyama, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings, 26 III, 2055, 2058,   2004年12月, 査読有り
    概要:A tonometer is used to measure ocular pressure either by shooting a short blast of compressed air onto the cornea or by applying pressure directly to the cornea. At present, the tonometer is the primary instrument available for measuring ocular pressure. However, measuring ocular pressure by such means can either frighten or injure the patient. We propose an improved method of measuring ocular pressure in which the tonometer is applied over the patient's closed eyelid for several seconds. The sensor part of the newly developed tonometer contains a bimorph type transducer and weighs only 28.7 (g). When the sensor is placed on the eyelid and the transducer is vibrated by altering the applied voltage, the current flowing through the transducer changes in relation to the ocular pressure. Ocular pressure can thus be determined based on the current flowing through the system. During measurement, patients are generally unaware of the vibrations of the sensor and report no pain.
  • Development of a small wireless position sensor for medical capsule devices, T. Nagaoka, A. Uchiyama, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings, 26 III, 2137, 2140,   2004年12月, 査読有り
    概要:Medical capsule devices such as video capsule endoscopes are finding increasing use in clinical applications. At present, technologies capable of measuring capsule position in the digestive tract have not yet been established. The present study aims to develop a small wireless position sensor capable of measuring capsule position based on the phenomenon of mutual induction. Currents into primary coils are adjusted to maintain electromotive force induced in secondary coils at a constant level. Electromotive forces induced in the secondary coils are modulated to FM signals using an astable multivibrator, and the signals are passed directly through living tissue at low current and then demodulated by detectors on the surface of the body. A prototype wireless sensor was developed and evaluated in vitro. The sensor was capable of accurately measuring capsule position up to 500 (mm) from the primary coils with an accuracy of 5 (mm). Miniaturization of the sensor is necessary for commercialization.
  • 無線式三次元位置センサの試作, 永岡 隆, 内山 明彦, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 124, 7, 1352, 1358,   2004年07月, 査読有り
    概要:We developed wireless 3-D position sensor. Although we reported a wired position sensor, in order that the wire might affect movement of the sensor, we develop a wireless position sensor newly. For inspection of position measurement algorithm, we first developed a trial product of wireless capsule type sensor without regard to size. The position of the sensor was detected by using mutual induction. In order to maintain the electromotive force induced at secondary coils in the sensor constant, the current flowing into the primary coil was regulated using feedback control. The position of the sensor was measured stably using the feedback control, even when the sensor was relatively far from the primary coil. Induced electromotive forces are modulated to FM signals by using astable multivibrator and the FM signal is flowed into a living body directly with low current, and demodulated from electrode on body surface. The position of the sensor was determined from the current flowing into the primary coil. As a result of accuracy evaluation of the sensor in vitro, the error was 2.17±0.99 mm (Ave±S.D.) in a range of up to 1 m from the magnetic field generator. This sensor is applicable to medical capsule devices, such as capsule endoscope.
  • 一軸コイルを用いた小型三次元位置計測センサの試作, 永岡 隆, 内山 明彦, 日本応用磁気学会誌/日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 28;2, 2, 97, 101,   2004年02月, 査読有り
    概要:This paper proposes a new sensing method that can measure three-dimensional position inside a living body, using a magnetic field. This method is applicable to medical capsule devices, such as the capsule endoscope. The mutual induction phenomenon is used for position measurement. In order to hold constant the induced electromotive force that occurs in the secondary coil, we apply feedback control to the alternating current flowing into the primary coil. This method enables stable measurement of sensor position, even if the sensor exists relatively far from the primary coils. The position of the sensor is measured by calculating six formulas using Newton's method. The relationship between the induced electromotive force and the theoretical value of the magnetic field is determined in advance. Sensor in vitro accuracy was verified. For distances of less than 300 mm from the sensor to the magnetic field generator, the distance error was less than 7 mm. Although a wireless sensor would be ideal, the present sensor is connected to the computer through a thin cable. Development of wireless sensor should be the next research subject.
  • 消化管内計測用三次元位置センサの開発, 永岡 隆, 武田 朴, 内山 明彦, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 41, 4, 239, 249,   2003年12月, 査読有り
    概要:We developed a three-dimensional position sensor that can measure the position of a capsule in the digestive tract. For the purpose of inspecting a new position measurement algorithm, we first developed a prototype wired capsule-type sensor that is capable of being swallowed. Our ultimate goal will be to develop a wireless sensor. The current sensor is applicable for medical capsule devices, such as capsule endoscope. The position of the sensor was detected using mutual induction. In order to maintain the electromotive force induced at secondary coils in the sensor constant, the current flowing into the primary coil was regulated using feedback control. The position of the sensor was measured stably using the feedback control, even when the sensor was relatively far from the primary coil. The position of the sensor was determined from the current flowing into the primary coil. As a result of evaluating the accuracy of the wired sensor in vitro, the error was 2.90 ± 2.10 mm (Ave.± S. D.) in a range of up to 1m from the magnetic field generator. Moreover, using a new position compensation algorithm, we were able to remove distortion caused by the magnetic field.
  • 3D Analysis of the Alignment of the Lower Extremity in High Tibial Osteotomy., Hideo Kawakami,Nobuhiko Sugano,Takashi Nagaoka,Keisuke Hagio,Kazuo Yonenobu,Hideki Yoshikawa,Takahiro Ochi,Asaki Hattori,Naoki Suzuki, Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2002, 5th International Conference, Tokyo, Japan, September 25-28, 2002, Proceedings, Part II, 261, 267,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • 生命・医療・福祉ハンドブック, 早稲田大学生命・生体・福祉研究所 編, 共著, 眼圧計, カプセル型内視鏡, 超音波診断, 超音波破砕, 放射線治療, コロナ社,   2007年02月

講演・口頭発表等

  • ハイパースペクトラルイメージャーを用いた化粧品の定量評価に関する基礎研究, 永岡隆, 麻生祐未, 横山真由, 河本敬子, Aesthetic Dermatology,   2017年07月29日
  • サマースクールの目指すもの, 永岡 隆, 第56回日本生体医工学会大会,   2017年05月04日
  • 化粧品のもちの定量評価―ファンデーションの時間変化―, 藤本茜, 永岡隆, 電子情報通信学会技術研究報告,   2017年01月11日
  • メラノーマの診断支援システムの開発―病変部の面積が及ぼす影響―, 平野銀次, 永岡隆, 電子情報通信学会技術研究報告,   2017年01月11日
  • 化粧品の主観評価とスペクトルの相関, 舩倉美咲, 永岡隆, 電子情報通信学会技術研究報告,   2017年01月11日
  • Algorithm for reference region delineation for amyloid imaging using pattern recognition scheme and kinetics of administered Aβ probe ― considering the number of clusters ―, T. Yamada, Y. Kimura, T. Nagaoka, C. Hosokawa, T. Murakami, and K. Ishii, Human Amyloid Imaging Conference,   2017年01月
  • Investigation of Potential Usability of Machine Learning to Diagnosis of Parkinson Disease Using SPECT DaTSCAN, S. Watanabe, T. Nagaoka, Y. Kimura, International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA2017),   2017年01月
  • Performance Evaluation of Kinetics-Based Denoising Algorithm for PET Amyloid Imaging, K. Fuji, T. Yamada, T. Nagaoka, Y. Kimura, International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA2017),   2017年01月
  • 陽電子断層画像・アミロイドイメージングによるアルツハイマー病早期診断のためのデータ処理法, 木村 裕一, 山田 誉大, 永岡 隆, 第17回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2016),   2016年12月
  • 臨床データを用いたPETアミロイドイメージングにおける 参照領域自動設定法の性能評価, 山田 誉大, 木村 裕一, 永岡 隆, 岡田 志麻, 細川 知紗, 石井 一成, 生体医工学シンポジウム2016,   2016年09月
  • PETアミロイドメージングにおけるトレーサの動態に基づいたノイズ除去アルゴリズムの可用性検討, 藤井康介, 木村裕一, 山田誉大, 坂田宗之, 永岡 隆, 細川知紗, 石井一成, 生体医工学シンポジウム2016,   2016年09月
  • Deliniation Algorithm on Reference Region for Amyloid Imaging Using a Time History of Radioactivity, Y. Kimura, T. Yamada, C. Hosokawa, S. Okada, T. Nagaoka, and K. Ishii, SNMMI 20016 Annual Meeting, San Diego, USA,   2016年06月01日
  • メラノーマ診断支援装置ハイパースペクトル・イメージャーの性能〜掌蹠の色素性病変〜:第五報, 朴木達也, 高橋聡, 古賀弘志, 清原祥夫, 片桐孝太, 中村 厚, 永岡 隆, 山崎直也, 斎田俊明, 宗田孝之, 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2016年05月01日
  • メラノーマ診断支援装置ハイパースペクトル・イメージャーの性能〜腫瘍厚の推定〜:第六報, 清原祥夫, 永岡 隆, 中村 厚, 古賀弘志, 斎田俊明, 宗田孝之, 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2016年05月01日
  • 肺癌患者における呼気ガス中揮発性有機化合物測定の有用性の検討, 小熊剛, 永岡隆, 小林尚史, 倉橋宗重, 滝口寛人, 友松克允, 友松裕美, 新美京子, 端山直樹, 青木琢也, 浦野哲哉, 阿部直, 浅野浩一郎, 日本呼吸器学会誌,   2016年03月10日
  • Application of hyperspectral imaging in medicine, 永岡 隆, 生体医用画像研究会第3回若手発表会,   2016年03月01日
  • パターン認識に基づいた薬剤動態の判別によるPETアミロイドイメージングの参照領域自動設定法―臨床データに基づいた性能評価―, 山田誉大, 木村裕一, 永岡隆, 岡田志麻, 細川知紗, 石井一成, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年01月12日
  • パターン認識に基づいた薬剤動態の判別によるPETアミロイドイメージングの参照領域自動設定法- 臨床データに基づいた性能評価 -, 山田 誉大、木村 裕一、永岡 隆、岡田 志麻、細川 知紗、石井 一成, 医用画像研究会,   2016年01月01日
  • ハイパースペクトラルイメージャーを用いたメラノーマ診断支援システムの開発, 永岡 隆, レーザー学会学術講演会第36回年次大会,   2016年01月01日, 招待有り
  • パターン認識に基づいた薬剤動態の判別によるPETアミロイドイメージングの参照領域自動設定法, 山田誉大, 木村裕一, 永岡隆, 岡田志麻, 細川知紗, 石井一成, 電子情報通信学会技術研究報告,   2015年11月04日
  • アミロイドイメージングにおける組織放射能時間曲線に対するパターン認識による参照領域設定アルゴリズム, 木村裕一,山田誉大,永岡 隆,細川知紗,石井一成,村上卓道, 第55回日本核医学会学術総会,   2015年11月
  • PETアミロイドイメージングにおける参照領域自動設定アルゴリズムの開発, 山田 誉大、木村 裕一、永岡 隆、岡田 志麻、細川 知紗、石井 一成, 日本生体医工学会シンポジウム2015,   2015年09月26日
  • 宇宙からの目で皮膚を診る, 永岡 隆, 第7回バイオメクフォーラム21, 大阪大学,   2015年07月01日, 招待有り
  • メラノーマ診断支援装置ハイパースペクトラル・イメージャーの性能:第四報, 片桐孝太, 永岡 隆, 中村 厚, Gustav Christensen, Christian Ingvar, 古賀弘志, 清原祥夫, 斎田俊明, 宗田孝之, 第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2015年07月01日
  • ハイパースペクトルイメージャを用いたメラノーマの自動診断−第5報−, 永岡 隆, 中村 厚, 清原祥夫, 宗田孝之, 第15回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2014),   2014年12月01日
  • 経日に伴う潜在指紋成分の蛍光強度の増減, 日比野和人, 中村厚, 永岡隆, 竹内繁樹, 下田修, 高津正久, 秋葉教充, 黒沢健至, 黒木健郎, 宗田孝之, 日本法科学技術学会誌,   2014年10月25日
  • 近赤外カメラによる潜在指掌紋の顕在化~冷媒HFC152aによる前処理の効果~, 中務琢也, 下田修, 澤田祐志, 木村浩司, 上田智一, 三浦由嗣, 大串正則, 阪田昌道, 高津正久, 竹内繁樹, 日比野和人, 秋葉教充, 黒沢健至, 黒木健郎, 中村厚, 永岡隆, 宗田孝之, 日本法科学技術学会誌,   2014年10月25日
  • Possible spectral separation of overlapped fingerprints, 22nd International Symposium on the Forensic Sciences of the Australian and New Zealand Forensic Science Society,   2014年09月03日
  • ハイパースペクトラルイメーシングを用いた肌色計測による化粧品効果の評価, 戸塚広乃, 永岡隆, 宗田孝之, 金銀淑, 花屋承生, 山本佐和子, ベルマン ダミアン, バティス ドミニク, アジュール クリストフ, 日本皮膚科学会雑誌,   2014年04月15日
  • Hyperspectral Imaging of Latent Fingerprints and/or Palm Prints, T. Nagaoka, A. Nakamura,H. Okuda, N. Akiba, K. Kuroki, K. Kurosawa, F. Ichikawa, A. Torao, and T. Sota, 66th Annual Meeting of the AAFS, Seatle, USA,   2014年02月01日
  • System improvements for exhaled breath measurement system, S. Kanou, S. Iitsuka, T. Nagaoka, N. Kobayashi, M. Kurahashi, S. Takeda, T. Aoki, C. Tsuji, T. Urano, T. Abe, K. Magatani, IFMBE Proceedings,   2014年01月01日
    概要:© Springer International Publishing Switzerland 2014. As many as 200 kinds of volatile organic compounds (VOCs) are included in human exhaled breath. Many papers using VOCs as a biomarker of respiratory diseases have been reported. However, it is very difficult to measure very low concentration of VOCs in exhaled breath with high precision. Moreover, it is also difficult to distinguish VOCs in exhaled breath and VOCs in atmosphere. Therefore, measurement of VOCs is rarely used in a clinical field because complicated and large-sized system is required for measure VOCs in exhaled breath. We are developing exhaled breath measurement system which overcame these problems. Our system analyzes exhaled breath discharged from living body by inhaling atmosphere from which VOCs were removed. In this paper, results of system improvements are reported. At first, we adopted a cold trap method with dry ice as a method of purifying atmosphere (method A). Method A needs complicated device and long processing time. Next, we changed the method into solid absorbent from method A (method B). We verified purity of purified air. Concentration of 10 kinds of VOCs contained in both exhaled breath and atmosphere were measured. Selected VOCs are as follows: benzene, cyclohexane, ethylbenzene, heptanes, hexane, isoprene, nonane, octane, toluene and xylene. Atmosphere was purified by the method A and B. Concentrations of VOCs contained in the purified air were measured by gas chromatography. As a result of measurement, almost VOCs were not detected in the purified air made by both methods. Furthermore, time to make purified air was reduced from 70 minutes to 10 minutes. Simplification of the system and shorter processing time than method A were realized by method B while keeping purity.
  • ヒト呼気に含まれる揮発性有機化合物測定システムを用いた日内変動の測定, 狩野早紀, 永岡隆, 小林尚史, 倉橋宗重, 武田朴, 青木琢也, 辻千鶴子, 浦野哲哉, 阿部直, 曲谷一成, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2014年06月01日
  • メラノーマ診断支援装置ハイパースペクトラル・イメージャーの性能:第三報, 青木俊之, 秋山彩織, 永岡隆, 中村厚, 古賀弘志, 清原祥夫, 斎田俊明, 宗田孝之, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集,   2014年06月01日
  • 呼気ガス分析システムの開発に向けた基礎研究, 狩野早紀, 永岡 隆, 小林尚史, 倉橋宗重, 武田朴, 小熊剛, 辻千鶴子, 青木琢也, 浦野哲哉, 浅野浩一郎, 阿部 直, 曲谷一成, 第14回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2013),   2013年12月01日
  • 高出力グリーンレーザによる潜在指掌紋の顕在化(第3報)~潜在指紋成分の蛍光とバックグラウンド蛍光との関係~, 日比野和人, 竹内繁樹, 下田修, 高津正久, 秋葉教充, 黒沢健至, 黒木健郎, 中村厚, 永岡隆, 宗田孝之, 日本法科学技術学会誌,   2013年10月25日
  • Hyperspectroscopic screening of melanoma, T. Nagaoka, A. Nakamura, Y. Kiyohara, H. Koga, T. Saida, and T. Sota, 8th World Congress of Melanoma, Hamburg, Germany,   2013年07月01日
  • 睡眠時無呼吸症候群患者における呼気中の揮発性有機化合物濃度の検討, 青木琢也, 永岡隆, 倉橋宗重, 小林尚史, 山森伸二, 飯塚慎二郎, 滝口寛人, 友松裕美, 友松克允, 新美京子, 端山直樹, 小熊剛, 浦野哲哉, 辻千鶴子, 武田朴, 曲谷一成, 浅野浩一郎, 阿部直, 呼吸,   2013年05月15日
  • 肺癌患者における呼気ガス中の揮発性有機化合物の検討, 小熊剛, 浅野浩一郎, 永岡隆, 小林尚史, 滝口寛人, 友松克允, 友松裕美, 新美京子, 端山直樹, 青木琢也, 浦野哲哉, 阿部直, 日本呼吸器学会誌,   2013年03月10日
  • 睡眠時無呼吸症候群における無呼吸低呼吸指数と呼気中の揮発性有機化合物の関連, 青木琢也, 永岡隆, 倉橋宗重, 小林尚史, 山森伸二, 飯塚慎二郎, 滝口寛人, 友松裕美, 友松克允, 新美京子, 端山直樹, 小熊剛, 浦野哲哉, 辻千鶴子, 武田朴, 曲谷一成, 浅野浩一郎, 阿部直, 日本呼吸器学会誌,   2013年03月10日
  • メラノーマ診断支援装置ハイパースペクトラル・イメージャーの性能:第二報, 秋山彩織, 清原祥夫, 古賀弘志, 山口麻人, 永岡隆, 中村厚, 斎田俊明, 宗田孝之, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集,   2013年
  • ハイパースペクトルイメージャを用いたメラノーマの自動診断−第4報−, 永岡 隆, 中村 厚, 山口麻人, 秋山彩織, 清原祥夫, 宗田孝之, 第13回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2012),   2012年12月01日
  • Subclinical extension of morphea-like basal cell carcinoma: hyperspectral evaluation, T. Nagaoka, Y. Kiyohara, A. Nakamura, A. Yamaguchi, and T. Sota, Dermatol Pract Concept., Brisbane, Australia,   2012年04月01日
  • 睡眠時無呼吸症候群患者における呼気中の揮発性有機化合物の検討, 青木琢也, 永岡隆, 小林尚史, 倉橋宗重, 山森伸二, 飯塚慎二郎, 加藤さくら子, 端山直樹, 浦野哲哉, 辻千鶴子, 武田朴, 曲谷一成, 阿部直, 日本呼吸器学会誌,   2012年03月10日
  • 喫煙習慣による呼気ガスの揮発性有機化合物の変化, 飯塚慎二郎, 永岡隆, 小林尚史, 倉橋宗重, 武田朴, 青木琢也, 辻千鶴子, 浦野哲哉, 阿部直, 曲谷一成, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2012年
  • ハイパースペクトルイメージャを用いたメラノーマの自動診断−第3報−, 永岡 隆, 中村 厚, 山口麻人, 清原祥夫, 宗田孝之, 第12回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2011),   2011年12月01日
  • 足底に発生したメラノーマの自動鑑別, 永岡 隆, 中村 厚, 奥谷 悠, 清原祥夫, 古賀弘志, 斎田俊明, 宗田孝之, 第27回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2011年06月01日
  • 呼気ガス中の極微量の揮発性有機化合物(VOC:Volatile Organic Compounds)の基礎的検討, 久田淳一郎, 青木琢也, 小林尚史, 永岡隆, 山森伸二, 稲村匡紀, 石井博司, 加藤さくら子, 端山直樹, 浦野哲哉, 武田朴, 阿部直, 日本呼吸器学会雑誌,   2011年03月10日
  • ハイパースペクトルイメージャーを用いたメラノーマの自動診断−第2報−, 永岡 隆, 中村 厚, 奥谷 悠, 清原祥夫, 宗田孝之, 第11回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2010),   2010年12月01日
  • ハイパースペクトルデータに基づくメラノーマの新しい非侵襲的診断法の開発, 奥谷 悠, 中村 厚, 永岡 隆, 清原祥夫, 宗田孝之, 第23回日本色素細胞学会学術大会,   2010年11月01日
  • メラノーマの新しい非侵襲的診断法の開発〜ハイパースペクトルデータ(HSD)に基づくメラノーマ鑑別指標〜, 奥谷 悠, 永岡 隆, 中村 厚, 清原祥夫, 宗田孝之, 第26回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2010年06月01日
  • メラノーマの新しい非侵襲的診断法の開発〜ハイパースペクトルイメージャ(HSI)によるメラノーマの診断〜, 清原祥夫, 奥谷 悠, 永岡 隆, 中村 厚, 宗田孝之, 第26回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,   2010年06月01日
  • A noble melanoma discrimination index based on hyperspectral data, H. Okutani, T. Nagaoka, A. Nakamura, Y. Kiyohara, and T. Sota, 21st European Association for Cancer Research Congress, Oslo, Norway,   2010年06月01日
  • ハイパースペクトルカメラを用いたメラノーマの自動診断, 永岡 隆, 中村 厚, 奥谷 悠, 會沢勝夫, 大坪真也, 清原祥夫, 宗田孝之, 第10回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2009),   2009年12月01日
  • 悪性黒色腫の機械診断:可能性試験, 永岡隆, 中村厚, 奥谷悠, 會沢勝夫, 大坪真也, 清原祥夫, 宗田孝之, 応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2009年09月08日
  • 悪性黒色腫診断支援画像, 中村厚, 永岡隆, 大坪真也, 會沢勝夫, 清原祥夫, 宗田孝之, 応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2009年09月08日
  • Optical Diagnostics System of Melanoma based on Hyperspectral Imaging Technique, A. Nakamura, T. Nagaoka, S. Ohtsubo, K. Aizawa, Y. Kiyohara, T. Sota, 7th World Congress on Melanoma, Vienna, Austria,   2009年05月01日
  • Melanoma Discrimination Index derived from Optical Spectra, T. Nagaoka, A. Nakamura, K. Aizawa, S. Ohtsubo, Y. Kiyohara, and T. Sota, 7th World Congress on Melanoma, Vienna, Austria,   2009年05月01日
  • 色素性病変診断のためのメラニン量分布画像, 中村厚, 野村将大, 鈴木麻悌, 大里奈央, 松村あずさ, 大坪真也, 會沢勝夫, 宗田孝之, 永岡隆, 古川雅代, 清原祥夫, 伊藤祥輔, 若松一雅, 日本皮膚科学会雑誌,   2009年04月20日
  • 色素性病変診断に向けたメラニン,ヘモグロビン濃度強調マップの作製, 中村厚, 永岡隆, 大坪真也, 會沢勝夫, 清原祥夫, 宗田孝之, 日本皮膚科学会雑誌,   2009年03月25日
  • Automated Melanoma Recognition using Hyperspectral Image Analysis, T. Nagaoka, International Workshop HITS 2009, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan,   2009年02月01日, 招待有り
  • ハイパースペクトルカメラを用いた悪性黒色腫の自動診断, 永岡隆, 中村厚, 會沢勝夫, 大坪真也, 望月徹, 清原祥夫, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2009年
  • 多層モデルによる皮膚の分光特性推定, 永岡 隆, 清原祥夫, 中村 厚, 野村将大, 鈴木麻悌, 大里奈央, 松村あずさ, 大坪真也, 會沢勝夫, 宗田孝之, 古川雅代, 伊藤祥輔, 若松一雅, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2008),   2008年12月01日
  • 3次元皮膚モデルを用いたメラニン濃度分布の画像化, 中村厚, 永岡隆, 古川雅代, 野村将大, 鈴木麻悌, 大里奈央, 松村あずさ, 大坪真也, 會沢勝夫, 清原祥夫, 伊藤祥輔, 若松一雅, 宗田孝之, 応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2008年09月02日
  • 3次元皮膚モデルの光学的特性, 永岡隆, 中村厚, 古川雅代, 野村将大, 鈴木麻悌, 大里奈央, 松村あずさ, 大坪真也, 會沢勝夫, 清原祥夫, 伊藤祥輔, 若松一雅, 宗田孝之, 応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2008年09月02日
  • 眼底スペクトル画像に対するリング照明に起因した照明ムラの除去, 永岡隆, 中村厚, 宗田孝之, 會沢勝夫, 大坪真也, 日本糖尿病眼学会誌,   2008年04月28日
  • 近赤外光を用いた眼底スペクトル撮像装置の開発, 中村厚, 永岡隆, 宗田孝之, 會沢勝夫, 市川文彦, 金澤真雄, 毛塚剛司, 白井正彦, 日本糖尿病眼学会誌,   2008年04月28日
  • 近赤外眼底分光画像に関するリング状照明モデルによる輝度値補正, 中村厚, 永岡隆, 野村将大, 大坪真也, 會沢勝夫, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2008年
  • ハイパースペクトルカメラを用いた皮膚血行動態の観察, 永岡 隆, 清原?夫, 中村 厚, 會沢勝夫, 大坪真也, 宗田孝之, 市川文彦, 山嵜登志夫, 土居正雄, 中村勝重, 第8回システムインテグレーション部門講演会(SI2007),   2007年12月01日
  • in vitro皮膚組織モデルを用いた分光学的メラニン色素濃度定量法の検討, 中村厚, 谷川沙耶香, 古川雅代, 會沢勝夫, 永岡隆, 大坪真也, 若松一雅, 伊藤祥輔, 宗田孝之, 応用物理学会学術講演会講演予稿集,   2007年09月04日
  • Application of decorrelation stretching method to hyperspectral fundus image processing, T. Nagaoka, A. Nakamura, K. Aizawa, M. Kanazawa, T. Kezuka, M. Miura, M. Usui, S. Ohtsubo, T. Sota, Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,   2007年08月31日
    概要:We have developed a near-infrared hyperspectral imaging system that can acquire both spectral and spatial data covering a 50-degree field at the fundus surface within 5 seconds. Single wavelength band reflectance images with bandwidth of 20 nm have demonstrated that choroidal vascular patterns can be clearly observed as bright images for the central wavelength ranging from 740 to 860 nm, while retinal blood vessels are seen as dark images for that ranging from 740 to 920 nm. It is desirable for clinical use to separate the choroidal vascular patterns image from the retinal blood vessels image. To this end, we have applied the decorrelation stretch to processing of spectral images. We have found the following. Original fundus spectral images have stripes noise. The decorrelation stretch emphasizes the noise and, thus, the noise has to be removed by, for example, DCT (Discrete Cosine Transform) filter beforehand. The choroidal vascular image can be successfully separated from the retinal vascular image. Furthermore, the macular is superimposed on the latter as it should be so from the viewpoint of anatomy. The result suggests that useful information may be extracted by combining hyperspectral images with the decorrelation stretch.
  • Near-infrared hyperspectral images of human ocular fundus and their processing with decorrelation stretch, T. Nagaoka, A. Nakamura, K. Aizawa, M. Kanazawa, T. Kezuka, M. Miura, M. Usui, S. Ohtsubo, and T. Sota, Progress in 2007 ARVO Annual Meeting "The Aging Eye", Florida, USA,   2007年05月01日
  • ハイパースペクトル医用画像を用いたerythema indicesの観察, 永岡隆, 中村厚, 會沢勝夫, 大坪真也, 清原祥夫, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),   2007年
  • ハイパースペクトル眼底画像への非相関強調の適用, 永岡隆, 中村厚, 會沢勝夫, 金澤眞雄, 毛塚剛司, 三浦雅博, 臼井正彦, 大坪真也, 宗田孝之, 日本分光学会講演要旨集,   2006年11月08日
  • 近赤外眼底ハイパースペクトル画像撮像装置の開発, 中村厚, 會沢勝夫, 永岡隆, 市川文彦, 金澤真雄, 毛塚剛司, 三浦雅博, 臼井正彦, 宗田孝之, 日本分光学会講演要旨集,   2006年11月08日
  • 近赤外眼底スペクトル画像撮像装置の臨床応用に向けた検討, 丹後学, 中村厚, 會沢勝夫, 永岡隆, 金澤真雄, 毛塚剛司, 三浦雅博, 臼井正彦, 市川文彦, 宗田孝之, 日本レーザー医学会誌,   2006年07月15日
  • 眼底スペクトル画像上でのニュートン法を用いた照明ムラ補正, 黒岩洋平, 永岡隆, 中村厚, 會沢勝夫, 大坪真也, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 近赤外眼底スペクトル画像, 中村厚, 會沢勝夫, 永岡隆, 市川文彦, 金澤真雄, 毛塚剛司, 臼井正彦, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 永久磁石を用いた3次元位置検出システムの開発(第4報), 桑田英悟, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 眼底スペクトル撮像装置を用いた糖尿病性網膜症由来浮腫の観察, 丹後学, 中村厚, 會沢勝夫, 永岡隆, 金澤真雄, 毛塚剛司, 臼井正彦, 市川文彦, 宗田孝之, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • 多波長パルス分光法による多項目血液成分無侵襲計測器の開発, 須崎裕典, 小林直樹, 永岡隆, 武田朴, 戸川達男, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集,   2006年05月15日
  • スペクトル画像を用いた脈絡膜血管観察, 中村厚, 永岡隆, 宗田孝之, 会沢勝夫, 市川文彦, 金沢真雄, 毛塚剛司, 臼井正彦, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集,   2006年03月22日
  • 眼底スペクトル画像における照明系に起因した輝度値変化の補正, 永岡隆, 中村厚, 宗田孝之, 会沢勝夫, 大坪真也, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集,   2006年03月22日
  • Development of a small wireless position and bleeding detection sensor, T. Nagaoka, A. Uchiyama, 2005 3rd IEEE/EMBS Special Topic Conference on Microtechnology in Medicine and Biology,   2005年12月01日
    概要:Medical capsule devices such as video capsule endoscopes are finding increasing use in clinical applications. At present, technologies capable of measuring capsule position and detecting a bleeding in the digestive tract at the same time have not yet been established. The present study aims to develop a small wireless position and bleeding detection sensor. The sensor position are measured by using the phenomenon of mutual induction and Newton's law. Electromotive forces induced in the sensor are modulated to FM signals using an astable multivibrator, and the signals are passed directly through living tissue at low current and then demodulated by detectors on the surface of the body. A prototype sensor was developed and evaluated in vitro. The sensor was capable of accurately measuring capsule position up to 500 (mm) from the primary coils with an accuracy of 5 (mm), and detecting 0.5 cc blood in 500 cc physiological saline. © 2005 IEEE.
  • C-10-4 永久磁石を用いた三次元位置センサの開発と評価(C-10.電子デバイス,エレクトロニクス2), 永岡 隆, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2005年09月07日
  • 永久磁石を用いた三次元位置センサの開発と評価, 永岡隆, 電子情報通信学会大会講演論文集,   2005年09月07日
  • 永久磁石を利用した三次元位置センサの応用, 市川 大輔, 永岡 隆, 内山 明彦, 武田 朴, 電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会,   2005年07月19日
  • Relation between hematocrit and optical density in pulse oximetry -In vitro study with Waseda mock circulatory system, H. Suzaki, N. Kobayashi, H. Kubota, T. Aomi, T. Nagaoka,K. Iwasaki, M.Umezu, S. Takeda, and A. Uchiyama, 3rd Annual International IEEE-EMBS Special Topic Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology, Oahu, USA,   2005年05月01日
  • 運動中の心電図計測・解析システムの開発, 千代田茂雄, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 透過波を利用した超音波断層像構築に向けた基礎研究, 桑田英悟, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 永久磁石を用いた位置検出システムの開発(第三報), 市川大輔, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2005年04月25日
  • 永久磁石を用いた位置検出システムの開発(第二報), 市川大輔, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会秋季大会論文集,   2004年11月05日
  • 無線式カプセル型三次元位置センサの開発, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会秋季大会論文集,   2004年11月05日
  • 無侵襲Co‐O xim eterの開発, 須崎裕典, 小林直樹, 窪田洋, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会秋季大会論文集,   2004年11月05日
  • 磁気を用いた無線式三次元位置センサの開発, 永岡 隆, 市川 大輔, 内山 明彦, 日本応用磁気学会学術講演概要集 = Digest of ... annual conference on magnetics in Japan,   2004年09月21日
  • 非観血血圧計測における耐ノイズ性向上に関する基礎的研究, 堂田英則, 臼田孝史, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2004年05月19日
  • 永久磁石を用いた位置検出システムの開発, 市川大輔, 永岡隆, 武田朴, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2004年05月19日
  • カプセル型三次元位置センサの無線化への検討, 永岡隆, 内山明彦, 日本ME学会大会論文集,   2004年05月19日
  • Development of 3-D Position Sensor for capsule endoscopy, T. Nagaoka, 3rd International Conference on CAPSULE ENDOSCOPY, Miami, USA,   2004年02月01日
  • 生体用カプセル型三次元位置センサの開発, 第17回日本エム・イー学会秋季大会,   2003年
  • 有線式カプセル型三次元位置センサを用いた大腸の蠕動運動の計測, MEシンポジウム2003,   2003年
  • 消化管運動計測のためのカプセル型三次元位置センサの開発とその小型化の検討, 平成15年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,   2003年
  • 永久磁石を用いた生体内のカプセル位置検出システムの開発, 第42回日本エム・イー学会大会,   2003年
  • 消化管内のカプセル位置を取得する三次元位置センサの開発, 第42回日本エム・イー学会大会,   2003年
  • 消化器官の運動や生理的現象を解析するシステムの開発 -第2報-, 電気学会研究会資料(医用・生体工学研究会),   2003年
  • Development of Three-dimensional Position Sensor for the Digestive Tract, IEEE EMBS Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering 2003,   2003年08月
  • Development of the three-dimensional position sensor for capsule position detection in digestive tract, Conference of the International Society on Biotelemetry,   2003年08月
  • 消化器官の運動や生理的現象を解析するシステムの開発, 永岡 隆, 長澤拓弥, 武田朴, 松本孝嗣, 高尾良彦, 穴澤貞夫, 内山明彦, 電気学会研究会資料(医用・生体工学研究会),   2002年10月01日
  • 脛骨高位骨切り術シミュレーションのための軟組織の変形と干渉を考慮できる膝モデルの開発, 永岡 隆, 川上秀夫, 米延策雄, 菅野伸彦, 萩尾圭介, 吉川秀樹, 越智隆弘, 服部麻木, 鈴木直樹, 第41回日本ME学会大会,   2002年05月01日
  • 磁気式位置センサを用いた三次元超音波内視鏡システムの開発, 炭山 和毅, 鈴木 直樹, 服部 麻木, 小泉 直史, 永岡 隆, 内山 勇二郎, 池田 圭一, 角谷 宏, 田尻 久雄, 青木 照明, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS,   2001年12月30日
  • 高位脛骨骨切り術の 3D simulation program を用いた術前計画の検討, 川上 秀夫, 菅野 伸彦, 萩尾 圭介, 米延 策雄, 吉川 秀樹, 越智 隆弘, 永岡 隆, 服部 麻木, 鈴木 直樹, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS,   2001年12月30日
  • 筋・腱モデルを備えた脛骨高位骨切り術シミュレーションシステムの開発, 永岡 隆, 川上 秀夫, 米延 策雄, 菅野 伸彦, 萩尾 圭介, 吉川 秀樹, 越智 隆弘, 服部 麻木, 鈴木 直樹, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS,   2001年12月30日
  • The Development of Diagnosis Support System using 4D Imaging and VR Environment, T.Nagaoka, N.Suzuki, A.Hattori, Richard A.Robb, K.Sumiyama, N.Koizumi, and A.Uchiyama, The 5th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics SCI, Florida, USA,   2001年08月01日
  • 四次元画像診断支援システムの開発, 永岡 隆, 鈴木直樹, 服部麻木, Richard A.Robb, 炭山和毅, 小泉直史, 内山明彦, 第40回日本ME学会大会,   2001年05月01日
  • コンベックス走査式超音波内視鏡により得た超音波三次元データセットの表示法の開発, 小泉直史, 炭山和毅, 青木照明, 鈴木直樹, 服部麻木, 永岡 隆, 内山明彦, 第40回日本ME学会大会,   2001年05月01日
  • VR環境を用いた四次元画像の効果的な表示法の開発, 永岡 隆, 鈴木 直樹, 服部 麻木, ROBB Richard A., 炭山 和毅, 内山 明彦, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS,   2000年12月30日
  • コンベックス走査式超音波内視鏡を用いた新しい3次元超音波内視鏡システムの開発, 炭山 和毅, 鈴木 直樹, 服部 麻木, 小泉 直史, 永岡 隆, 日野 昌力, 鈴木 博昭, 青木 照明, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS,   2000年12月30日
  • 四次元CTデータセット可視化のための表示システムの開発, 永岡 隆, 鈴木直樹, 服部麻木, 松下 聡, 高津光洋, 内山明彦, 第39回日本ME学会大会,   2000年05月01日

作品

  • ハイパースペクトルイメージング技術の臨床応用, 永岡 隆, その他,   2008年04月 - 現在
    発表内容:位置情報と波長情報を同時に取得することができるハイパースペクトルイメージング技術を利用し、無侵襲で生体の様々な情報を計測・診断するシステムの開発を推進。早稲田大学・三鷹光器・静岡がんセンター・信州大学・国立がん研究センターなどと共同研究を実施。眼科・皮膚科・消化器外科・口腔外科用途のシステムを開発した。眼科では加齢黄斑変性を検出するシステムを開発。皮膚科ではメラノーマを高い精度で鑑別するシステムを開発し、国内外における臨床試験が進められている。特にメラノーマを鑑別するアルゴリズムの開発と、装置のインターフェースの開発に従事。アルゴリズム開発ではリモートセンシング分野で使われていたSpectral Angleの技術と、エントロピーの原理を組み合わせた独自のメラノーマ鑑別指標を開発。メラノーマを90%以上の精度で鑑別することに成功している。
  • マルチスペクトル眼底カメラの撮影画像に生じる照明ムラ除去法の開発とその応用, 永岡 隆, その他,   2006年04月 - 2008年03月
    発表内容:生活習慣病(成人病)の早期発見のための検査の一つとして,集団検診などで眼底画像による検査が実施されている.眼底画像は一般に眼底カメラと呼ばれる機器で撮影されることが多いが,その撮影時の照明として,リング状の照明が用いられることが多い.眼底画像を撮像するための光路を確保し,かつ十分な光量の照明を当てるためにリング照明が採用されているが,リング照明の場合,照明光が平行光とならず,被写体に対してどうしても照明ムラが発生してしまうという欠点を抱えている.当該研究課題では,この照明ムラを数学的手法により取り除き,リング照明下ながら,平行光によって照明されたような眼底画像を取得する方法の開発を推進.研究で開発したアルゴリズムを基に,コンピュータグラフィックスを用いた画像表示システムを構築し,画像本来の持つ情報を損なうことなく,照明ムラを取り除くことに成功.眼底画像全体のコントラストの向上と,暗部に隠されていた血管の走行を確認することに成功.
  • 生体内三次元位置計測センサの開発とその応用, 永岡 隆, その他,   2003年04月 - 2006年03月
    発表内容:食生活の欧米化により患者数の増加が予想される消化器系の疾患に対し,臨床において試験が進められているカプセル型内視鏡であるが、その位置を正確に把握できないという問題を抱えていた。そこでカプセル型内視鏡の位置を計測できる程度のサイズ・精度を持った三次元位置計測センサの開発を東京慈恵会医科大学などとの共同研究として推進.有線式の試作機における動物実験を実施し、位置計測アルゴリズムの有用性の確認を終え,臨床応用に向けた実用化研究に着手.相互誘導起電力を応用したセンサと永久磁石を用いたセンサの2種類を開発。センサの無線化,小型化,多機能化,生体外からの姿勢制御についての技術開発を推進した.特に相互誘導起電力を用いた位置センサの開発において、双方に三軸必要であったコイルを、検出側1軸、励磁側6軸とすることで、検出精度を落とすことなく、カプセル側の電子回路を小型化することを実現。
  • 脛骨高位骨切り術シミュレーションのための軟組織の変形と干渉を考慮した膝モデルの開発, 永岡 隆, その他,   2001年04月 - 2003年03月
    発表内容:高齢化社会の進展により患者数の増加が予想される、変形性膝関節症に対する外科的措置である脛骨高位骨切り術の手術シミュレーションシステムの開発を大阪大学医学部との共同研究として推進。術前に計測された患者のMRI画像からモデルを構築し、歩様推定に必要な各種座標系を自動的に設定できるシステムを構築。事前に術式、切除量をシミュレーションできるシステムを開発した。システムは実際の臨床現場に導入され、術中でもリアルタイムに各種パラメータをモデルに反映し、シミュレーションできる機能が高く評価された。
  • 三次元CTの効果的な表示法の開発, 永岡 隆, その他,   1999年04月 - 2001年03月
    発表内容:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)における「高速コーンビーム3次元X線CT」プロジェクトにて開発された、高速コーンビーム3次元X線CTを用い、三次元CTで得られたデータを効果的に表示・診断が可能なシステムの開発を推進。また、米国Mayo Clinicとの共同研究で、4次元X線CTによって計測された犬の心臓の拍動データの解析を担当。VR空間上で膨大なデータから必要なスライドのみを容易に選択できる環境を構築。形状の把握に適しているサーフェスレンダリング法と、流体の流れを可視化できるボリュームレンダリング法を組み合わせ、心臓内の血流の状態と心臓内壁の拍動状態を同時に観察できる新しいレンダリング方法を開発した。

MISC

  • 学会紹介 第13回生体医工学サマースクール : ヘルスケアハッカソンの試み, 黒田 嘉宏, 荒船 龍彦, 永岡 隆, 大須賀 美恵子, 生体医工学 = Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering : 日本エム・イー学会誌, 54, 4, 194, 196,   2016年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021017831
  • がんの超早期診断に資するマルチスペクトルカメラの開発, 永岡隆, 中谷電子計測技術振興財団年報, 24, 92, 103,   2010年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002218077992608
  • 表在性腫瘍や血管障害を診断することができるマルチスペクトルカメラの開発とその表示法の開発, 永岡隆, 望月徹, 宗田孝之, 中村厚, 村田学術振興財団年報, 21, 370, 378,   2007年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292041107734
  • カプセル型医用機器等の生体内位置計測に適した小型位置センサの開発とその応用, 永岡隆, 内山明彦, 武田朴, マツダ財団研究報告書(科学技術振興関係), 19, 39, 42,   2007年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282710216794
  • カプセル内視鏡などのカプセル型生体計測機器に適した三次元位置計測センサの開発とセンサを用いた腸ぜん動運動機能の計測, 永岡隆, 医科学応用研究財団研究報告, 23, 72, 77,   2006年02月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902234485413327
  • 永久磁石を用いた生体内三次元位置センサの開発とその応用, 永岡隆, 内山明彦, 立石科学技術振興財団助成研究成果集, 15, 52, 55,   2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102240735563964

特許

  • メラノーマ鑑別指標の導出方法, 宗田 孝之, 會沢 勝夫, 大坪 真也, 永岡 隆, 清原 祥夫, 特願2009-103999, 特開2010-252904, 特許第5565765号
  • 睡眠時無呼吸判定装置, 倉橋 宗重,小林 尚史,武田 朴,永岡 隆,阿部 直,浦野 哲哉,青木 琢也,辻 千鶴子, 特願2012-164532, 特開2014-023603
  • 非侵襲ヒト皮膚メラニン計測法及びその装置, 宗田孝之, 中村厚, 大坪真也, 會沢勝夫, 永岡隆, 古川雅代, 特願2008-220313, 特開2010-051589
  • メラノーマ診断用画像の作成方法, 宗田 孝之, 中村 厚, 大坪 真也, 會沢 勝夫, 永岡 隆, 清原 祥夫, 特願2008-306809, 特開2010-125288, 特許第5408527号
  • 点光源撮影画像の補正装置および補正方法, 永岡 隆, 宗田 孝之, 會沢 勝夫, 中村 厚, 大坪 真也, 特願2005-364372, 特開2007-173894

受賞

  •   2017年09月, 日本生体医工学会, 生体医工学シンポジウム2017ベストレビューワーアワード
  •   2017年07月, 公益社団法人日本青年会議所 , 超生産性向上大賞 文部科学大臣賞, 超ライフの創出 ~ゆりかごのデータから墓場のデータまで~
  •   2017年07月, 公益社団法人日本青年会議所 , 超生産性向上大賞 内閣総理大臣賞, 超ライフの創出 ~ゆりかごのデータから墓場のデータまで~
  •   2015年09月, 日本生体医工学会, 生体医工学シンポジウム2015ベストレビューワーアワード
  •   2009年12月, 公益社団法人 計測自動制御学会, SI2009 優秀講演賞
  •   2009年02月, 公益社団法人 計測自動制御学会, 計測自動制御学会学術奨励賞 研究奨励賞
  •   2003年08月, 一般社団法人電気学会, 電気学会C部門研究会優秀論文発表賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ハイパースペクトラルイメージング技術による多癌種診断システムの実用化とその応用, 永岡 隆
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ハイパースペクトルイメージング技術を用いたがん診断, 永岡 隆, ハイパースペクトラルイメージング技術を用いた、がん診断支援システムの開発を推進。特にメラノーマ診断支援システムとして、臨床での使用に耐えうるシステムを完成させ、臨床試験に取り組んだ。200症例を一件のトラブルもなく集積することに成功。本研究において新たに開発されたメラノーマ鑑別指標を用いることで、感度・特異度ともに90%以上という高いメラノーマ鑑別能力を発揮した。内視鏡に接続する装置も開発し、動物実験により、皮膚同様にスペクトルを計測できることを確認した。今後はメラノーマ診断装置の世界展開をめざし、欧米での臨床試験を推進する予定である。
  • 財団法人中谷電子計測技術振興財団, 第24回(平成19年度)研究助成, がんの超早期診断に資するマルチスペクトラルカメラの開発, 永岡 隆
  • 公益財団法人 村田学術振興財団, 2007年度研究助成, 表在性腫瘍や血管障害を診断することができるマルチスペクトルカメラの開発とその表示法の開発, 永岡 隆
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(A)), 表在性腫瘍の超早期診断技術の開発とその臨床応用, 永岡 隆, 我々はハイパースペクトル(HS)・イメージング技術を用いた診断システムの開発研究を行っている。本システムによる計測の同意が得られた被験者を計測した。スペクトルをベクトルとみなし、基準ベクトルとのなす角を計算した。得られた角度分布マップのフラクタル次元を鑑別指標と定義し、この指標の有用性を統計的手法を用い確認した。感度は84%、特異度は90%であった。本鑑別指標は悪性腫瘍の特徴を反映した高性能な指標になり得ると考えられる。
  • 公益財団法人 立石科学技術振興財団, 平成17年度研究助成, 永久磁石を用いた生体内三次元位置センサの開発とその応用, 永岡 隆
  • 公益財団法人 カシオ科学振興財団, 第22回(平成16年度)研究助成, カプセル型生体内三次元位置センサの開発と その応用, 永岡 隆
  • 財団法人 倉田記念日立科学技術財団, 第37回(平成16年度)倉田奨励金, 生体内に適した無線式三次元位置センサの開発と応用, 永岡 隆
  • 公益財団法人 マツダ財団, 第20回(2004年度)マツダ研究助成, カプセル型医用機器等の生体内位置計測に適した小型位置センサの開発とその応用, 永岡 隆
  • 公益信託 小澤・吉川記念エレクトロニクス研究助成基金助成金, カプセル型内視鏡の位置検出に適した無線式三次元位置センサの開発, 永岡 隆
  • 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 2003年度 研究助成, カプセル内視鏡などのカプセル型生体計測機器に適した三次元位置計測センサの開発とセンサを用いた腸蠕動運動機能の計測, 永岡 隆
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 消化管内出血部位検知センサの開発, 永岡 隆, 無線カプセル型機器の生体内での3次元位置情報は,X線などの被爆無しに長時間正確に計測することができない.本研究では,生体内の3次元位置を非侵襲かつリアルタイムに計測することができるシステムの開発を目的とした.本システムは,マーカである小型永久磁石,平面磁界センサアレイとその駆動回路,磁界測定値の集計・計算・表示装置であるPCにより構成されている.本研究ではカプセル内視鏡の直径に合わせφ8mm×3.8mmの希土類ネオジウム磁石を採用した.磁界の計測を行なうセンサアレイには,縦横それぞれ50mm間隔で3×3の格子状に磁界センサ9個を配置した.このセンサアレイ2個を300mm間隔で正対させて配置し,センサアレイ間における磁石の位置を測定対象とした.各センサから駆動回路,A/Dコンバーターを介した後にPCへと磁界分布が集積される.PCでは,永久磁石を磁気双極子とみなし,磁気双極子から発生する磁界の理論値と実測値との差が最小となる値を,永久磁石の空間位置座標として算出する.最適値の算出にはガウス・ニュートン法を用いた.これまではフラックスゲート素子を採用していたが、計測可能な最小磁界が10mGと大きいため,システムの計測範囲が狭いことが問題であった.そこで,0.1mG〜2Gまでの測定が可能であるAMR素子を採用した.また,センサに変更に伴い駆動回路,プログラムを改良した.磁気センサの感度軸方向について測定した結果,7mG付近までは計測電圧と真値との誤差が10%を下回った.この素子を利用して,フラックスゲート素子により構築したシステムと同じシステムを構築する場合,計測範囲を400mmまで広げることが可能となる.駆動回路の改良により計測可能な最小磁界をさらに小さくすることを予定している.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生体・電子計測学, 近畿大学
  • 電子回路, 近畿大学
  • 基礎数学演習, 近畿大学
  • バイオセンサ, 近畿大学
  • 情報工学特論, 東京工科大学
  • ディジタル回路 , 東京工科大学
  • 論理回路, 東京工科大学