KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

池尻 隆史イケジリ タカシ

プロフィール

所属部署名建築学部 建築学科 
職名講師
学位博士(工学)
専門建築生産・建築計画
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1144-ikejiri-takashi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2019/07/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    建築生産分野でも特に住宅の需給・維持管理に関して研究しています。最近では住宅寿命や空き家問題が中心テーマです。他にも発展途上国(インドなど)におけるハウジングの研究も展開しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2005年, 千葉大学, 自然科学研究科, 人間・地球環境科学
  •  - 1998年, 千葉大学, 工学部, 建築学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2010年04月,  - 2012年03月, 千葉大学(助教)
  •   2005年04月,  - 2007年03月, 東京理科大学(助手)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, 東京理科大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 都市計画

論文

  • A study on distribution of temples and its characteristics in Jorabagan (Kolkata, India), 池尻 隆史, 12th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA),   2018年10月, 査読有り
  • BIT チョール(インド・ムンバイ)の形成とその現状に関する研究, 池尻 隆史, 日本建築学会計画系論文集, 75, 654, 1835, 1843,   2010年08月, 査読有り
  • ネイティブタウン(インド、ムンバイ)におけるチョールの類型に関する研究, 池尻隆史、安藤正雄、布野修司、山根周、片岡巌, 日本建築学会計画系論文集, 603, 37, 44,   2006年
  • ネイティブタウン(インド・ムンバイ)のコミュニティー構成に関する研究, 安藤正雄、布野修司、山根周、片岡巌, 日本建築学会計画系論文集, 598, 219, 226,   2005年
  • An Overview of Spatial Formation and Transformation of the "BlackTowns" in India, Takashi Ikejiri, Masao Ando, Shuji Funo, Proceedings of the 5th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 224, 229,   2004年
  • システムダイナミクスを用いたストック時代の住宅需要の評価, 桑原弘志、安藤正雄、池尻隆史, 第19回建築生産シンポジウム論文集, 195, 202,   2003年
  • A Study on Transition of Building Environment in Village area based on the trend of population decline - A case study on K village in Nara Prefecture, Japan, 池尻 隆史, 11th ISAIA (The International Symposium on Architectural Interchanges in Asia)

書籍等出版物

  • 図説 建築構法, 池尻隆史 南一誠 石山央樹 岡路明良 村上心 山﨑雄介, 共著,   2018年11月, 978-4-7615-2685-6
  • メガシティ/ Vol. 2 メガシティの進化と多様性, 池尻 隆史, 分担執筆, 18メガシティ総覧:その発展経路と居住環境:コルカタ, 東京大学出版社,   2016年09月

講演・口頭発表等

  • 建築部品の3Dデータ化に関する研究 -東南アジアの洋瓦を対象として-, 池尻 隆史, 日本建築学会大会学術講演,   2018年09月
  • 人口減少による集落の空間構造の変化に関する研究 −奈良県吉野郡東吉野村および黒滝村を対象として−, 池尻 隆史, 日本建築学会大会学術講演,   2017年08月
  • 郊外戸建て住宅団地における住宅の更新状況に関する研究 神戸市鈴蘭台地区を対象として , 池尻 隆史, 日本建築学会大会学術講演,   2016年08月
  • 大阪府における空き家の発生要因に関する考察, 池尻 隆史, 日本建築学会大会学術講演,   2013年08月
  • シモン・ステヴィンの宿営地建設に関する考察 その1 シモン・ステヴィンとオランダ宿営地建設法, 日本建築学会 2007年度(九州)大会学術講演,   2007年
  • チョールの形成過程に関する研究 その1 ムンバイのチョール密集地における建物数の歴史的な変化, 日本建築学会 2008年度(中国)大会学術講演,   2008年
  • シモン・ステヴィンの宿営地建設に関する考察 その2 宿営地建設法の発展とその空間的特質, 日本建築学会 2007年度(九州)大会学術講演,   2007年
  • ブラックタウン(コルカタ、インド)の空間構成に関する研究 その2 住宅建築の構成に関する基礎的検討, 池尻隆史、山田協太, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2006年
  • ブラックタウン(コルカタ、インド)の空間構成に関する研究 その1 ブラックタウンの形成, 山田協太、池尻隆史, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2006年
  • ナガパトナム(インド)の空間構成と住居類型に関する考察  その3 住居類型と変容過程 , 山田協太、布野修司、池尻隆史, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2005年
  • ナガパトナム(インド)の空間構成と住居類型に関する考察  その2 街区構成と住居の理念型 , 池尻隆史、山田協太、布野修司, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2005年
  • ムンバイ(インド)の改善チョールとその変容に関する研究 その2 改善チョールの現状とその特性, 重冨惇一、池尻隆史, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2004年
  • ムンバイ(インド)の改善チョールとその変容に関する研究 その1 改善チョールの形成とトラストの活動, 池尻隆史、重冨惇一, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2004年
  • 持続可能なハウジングを目指したシステムダイナミクスモデル構築のための考察, 池尻隆史、安藤正雄、桑原弘志、川本聖一, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2003年
  • ムンバイ(インド)の都市居住に関する研究 その3 チョールのコーポラティブ化, 小島大輔、安藤正雄、布野修司、山根周、高橋正樹、片岡巌、池尻隆史, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2002年
  • ムンバイ(インド)の都市居住に関する研究 その2 チョールの賃貸方式とパガディ, 池尻隆史、安藤正雄、布野修司、山根周、高橋正樹、片岡巌、小島大輔, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2002年
  • チェンナイにおける郊外居住地に関する研究 -郊外におけるガーデンハウス居住地の形成とその変容-, 池尻隆史、安藤正雄、布野修司、山根周、片岡巌, 日本建築学会大会学術講演梗概集,   2001年

競争的資金

  • 科学研究費補助金, インドにおける近代的集合住宅の形成とその現状に関する研究, インド・ムンバイにおいては19世紀初頭にチョールと呼ばれる近代的な集合住宅形式が形成され、現在に至るまで相当数が存続している。本研究課題では、このチョールに着目し、その空間構成上の特徴を明らかにするとともに、インド各地における同種の建築類型の分布について調査・研究を行うことを目的としている。