KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

豊山 亜希トヨヤマ アキ

プロフィール

所属部署名国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名講師
学位博士(文学)
専門インド美術史
ジャンル文化/歴史・世界史
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1463-toyoyama-aki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    イギリス統治期のインド美術について研究しています。特に、植民地支配によって普及した装飾タイルの意味について、美学・衛生観念・流通システム・国際関係といった観点から考えています。

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2008年03月, 関西大学大学院, 文学研究科, 哲学専攻 美学美術史専修 博士課程後期課程
  • 2000年04月 - 2002年03月, 関西大学大学院, 文学研究科, 哲学専攻 美学美術史専修 修士課程
  • 1996年04月 - 2000年03月, 近畿大学, 文芸学部, 文化学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2013年04月,  - 現在, 宮城学院女子大学(客員研究員)
  •   2014年04月,  - 2016年03月, 国立民族学博物館(拠点研究員)
  •   2012年04月,  - 2014年03月, 国立民族学博物館(外来研究員)
  •   2009年04月,  - 2012年03月, 日本学術振興会(特別研究員(PD))
  •   2008年04月,  - 2009年03月, 関西大学大学院(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 芸術学, 美術史

研究キーワード

  • 石窟寺院, 文化遺産, 貿易, タイル, 美術史, インド

論文

  • 戦間期インドにおける日本製タイルの受容とその記号性, 豊山亜希, 社会経済史学, 82, 3, 35, 50,   2016年11月, 査読有り
  • インドのマジョリカ熱 : イギリス統治下のインドにおける日本製タイルの消費について (特集 グローバリズムの方法論と日本美術史研究 : 一国主義と受容研究を越えて) -- (グローバリズムの近現代表象を観る), 豊山 亜希, 美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21, 美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21, 32, 83, 88,   2015年, 査読有り
  • Cave Temples as the Imagining of India: The Negotiation between Early Modern Indian Tradition and Colonial Knowledge, Aki TOYOYAMA, The Challenge of the Object: The Proceedings of the 33rd Congress of the International Committee of the History of Art, Part 2, 482, 486,   2013年, 査読有り
  • 「土着の伝統」と「複製の近代」:―ハヴェーリー壁画にみる英領インド期の大衆美術とマールワーリー・アイデンティティ―, 豊山 亜希, 南アジア研究, 南アジア研究, 2012, 24, 56, 80,   2012年, 査読有り
    概要:シェーカーワーティー地方には、この地を故郷とする商業集団マールワーリーによって、1830年代から1930年代にかけて邸宅建築ハヴェーリーが盛んに建てられた。ハヴェーリーを飾る壁画の様式的特徴は、1900年以前と以後の二期に大別される。一般に、前者は土着の伝統を保持するもの、後者は印刷複製画の模倣表現が支配的で伝統を破壊するものと捉えられてきた。
    しかし、本稿における図像解釈の結果、1900年以前の壁画にはカーリーガート画など植民地インドの新たな視覚文化の影響が確認された。そして、この時期の壁画を土着の伝統であるとみる価値判断が、同時代の植民地権力による文化行政方針をルーツとしていることが判明した。
    一方で、1900年以降の壁画には印刷複製画の模写が多く確認され、これもまたオレオグラフなど同時代の新たな視覚文化の影響によるものである。大衆美術からの影響という点で、1900年以前/以後のハヴェーリーは断絶よりも様式的連続性をもつということができる。そしてこの様式的変遷は、英領インド期に商人から産業資本家へと成長したマールワーリーのアイデンティティ変容を映し出してもいる。
  • Through Ports, Passes, and Junctions: Reconsideration of the Excavational Patterns of Minor Buddhist Caves in Western India, Nobuo NAKATANI, Fumitaka YONEDA, Akinori UESUGI, and Aki TOYOYAMA, South Asian Archaeology 2007: Proceedings of the 19th Meeting of the European Association of South Asian Archaelogy, Vol. II Historic Periods, 225, 232,   2010年, 査読有り
  • インド共和国西デカン地方における小規模仏教石窟群の踏査(1), 米田 文孝, 豊山 亜希, 森下 真企, 松並 真帆, 関西大学博物館紀要, 関西大学博物館紀要, 14, 1, 23,   2008年03月, 査読有り
  • The Patterning of Landscape and Ideology: A Study of Buddhist Rock-cut Monasteries in the Early Historic Western Deccan (Unpublished PhD Thesis), Aki TOYOYAMA, Kansai University,   2008年, 査読有り
  • ジュンナル石窟マーンモーディー第四十窟の造営意義に関する一考察 : 銘文とファサード彫刻を手掛かりとして, 豊山 亜希, 関西大学哲学, 関西大学哲学, 25, 109, 141,   2005年10月, 査読有り

書籍等出版物

  • Contextualizing Material Culture in South and Central Asia in Pre-Modern Times, 豊山亜希, 分担執筆, Powers of Altering Sanctuaries: The Excavation and Revival of Minor Rock-Cut Temples in the Western Deccan, Brepols,   2016年, 978-2-503-56642-9
  • Routledge Handbook of Heritage in Asia, Patrick Daly and Tim Winter, eds., 分担執筆, Ch.22. Asian Orientalism: Perceptions of Buddhist Heritage in Japan, pp.339-349, Routletge,   2012年

講演・口頭発表等

  • Transaction and Translation of Modernity: Japanese Majolica Tiles in Colonial India, 豊山亜希, History of Consumer Culture 2017 Conference: Objects, Desire and Sociability,   2017年03月24日
  • The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture, 豊山亜希, 45th Annual Conference on South Asia,   2016年10月21日
  • The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture, 豊山亜希, 45th Annual Meeting of Southwest Conference on Asian Studies,   2016年10月15日
  • Modernity, Hybridity, and New Identities: Architectural Representations of the 'Black Town' in Late Colonial Calcutta, Aki TOYOYAMA, The 4th International Congress of Bengal Studies,   2015年12月12日, Tokyo University of Foreign Languages
  • The Tiling of Indian Modernity: Japanese Majolica Tiles in Marwari Architecture, Aki TOYOYAMA, International Workshop "Representing Marwaris in 1920s-30s India",   2015年10月31日, Otemon Gakuin Osaka-Umeda Satellite
  • マールワーリーの近代的アイデンティティとしての日本製マジョリカタイル, 豊山亜希, 日本南アジア学会第28回全国大会,   2015年09月27日, 東京大学
  • Japanese Majolica Tiles in Inter-war India: Modernization, Sanitization, and Beautification of the National Landscape, Aki TOYOYAMA, The 17th World Economic History Congress,   2015年08月03日, Kyoto International Conference Center
  • インドを彩る日本のタイル:インド近代化遺産のもうひとつの物語, 豊山亜希, 第445回国立民族学博物館友の会講演会,   2015年08月01日, 国立民族学博物館
  • Japanese Majolica Tiles and National Aestheticism in Late Colonial Asia, Aki TOYOYAMA, The 9th International Convention of Asian Scholars,   2015年07月07日, Adelaide Convention Centre
  • 石窟寺院をめぐる西デカンの長期の景観変容:立地環境・建築様式・装飾形式の分析から, 豊山亜希, 2014年度マハーラーシュトラ研究会例会,   2015年03月22日, 東京大国語大学本郷サテライト
  • Japanese Majolica Tiles in the Making of Indian Modernism and Nationalism, Aki TOYOYAMA, SNU-INDAS Conference,   2014年12月12日, India Habitat Centre
  • 植民地インドにおける日本製マジョリカタイルの受容:公衆衛生、消費、アイデンティティ表象, 豊山亜希, 第262回民博研究懇談会,   2014年12月10日, 国立民族学博物館
  • Aesthetics, Sanitation, and Nationalism: Japanese Majolica Tiles in Late Colonial India, Aki TOYOYAMA, Seminar Series of the Centre for South Asian Studies,   2014年10月23日, The University of Edinburgh
  • 植民地インドと日本製〈マジョリカ〉タイル―公衆衛生と民族意識をめぐる美学, 豊山亜希, 2014年度現代インド・南アジアセミナー,   2014年09月17日, 広島大学
  • 大戦間期のインド建築における日本製マジョリカタイルの受容とその記号性, 豊山亜希, 社会経済史学会第83回全国大会,   2014年05月25日, 同志社大学
  • Majolica Tiles and Pan-Asianism in Interwar Japan, Aki TOYOYAMA, HISTART '13 Conference: Politics, Ideology, Identity,   2013年11月28日, Mimar Sinan Fine Arts University
  • 大戦間期のインド建築における日本製マジョリカタイルの受容―シェーカーワーティー地方のハヴェーリーを中心に―, 豊山亜希, 現代インド地域研究国立民族学博物館拠点平成25年度第3回合同研究会,   2013年10月20日, 国立民族学博物館
  • 大戦間期のハヴェーリー建築におけるモダニズムとナショナリズム―日本製マジョリカタイルの受容に着目して―, 豊山亜希, 日本南アジア学会第26回全国大会,   2013年10月06日, 広島大学
  • 英領期の北インド・ラージプーターナーにおける商家建築ハヴェーリーの変容, 豊山亜希, 宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所公開研究会,   2013年07月24日, 宮城学院女子大学
  • 両大戦間期の英領インドにおける日本製マジョリカタイルの受容について, 豊山亜希, 第66回美術史学会全国大会,   2013年05月11日, 関西大学
  • インドの商家建築ハヴェーリーを飾る日本製マジョリカタイル, 豊山亜希, 第29回民族藝術学会,   2013年04月28日, 郡山女子大学
  • The Cave Temples as the Imagining of India: The Negotiation between Early Modern Indian Tradition and Colonial Knowledge, Aki TOYOYAMA, The 33rd Congress of the International Committee of the History of Art,   2012年07月17日, Nuremberg Convention Center
  • The Marwari Haveli as Re-presentation of Colonial Modernity, Aki TOYOYAMA, The British Association of South Asian Studies Annual Conference,   2012年04月13日, SOAS, University of London
  • マールワーリーの邸宅ハヴェーリーの壁画装飾からみる植民地経験とグローバリゼーション, 豊山亜希, 現代インド地域研究国立民族学博物館拠点平成23年度第3回合同研究会,   2012年02月05日, 福岡アジア美術館
  • 植民地経験の表象としてのハヴェーリー:英領インドにおける商業集団マールワーリーの文化交渉実践, 豊山亜希, 関西大学文化交渉学教育研究拠点第4回次世代国際学術フォーラム,   2011年12月11日, 関西大学
  • ハヴェーリーからみたマールワーリーと〈故郷〉のローカル社会との関係性―視点・表象・伝統をめぐって―, 豊山亜希, 日本南アジア学会第24回全国大会,   2011年10月02日, 大阪大学
  • カラード石窟群造営に関する一試論―初期歴史時代の西デカン地方南半部における社会と仏教の関係性を踏まえて―, 豊山亜希, 美術史学会西支部例会,   2010年11月20日, 京都国立博物館
  • Environment and Sanctification in the Making of Cultural Landscape at the Caves of Pateshvar, Aki TOYOYAMA, The 20th International Conference on European Association of South Asian Archaeology,   2010年07月09日, University of Vienna
  • Indian Antiquities in Imagination, Empiricism and Scientism: A Reconsideration of Cave Temple Studies of the Imperial Intellect, Aki TOYOYAMA, The 21st Conference of the International Association of Historians of Asia,   2010年06月25日, River View Hotel (Singapore)
  • インドにおける文化遺産概念の形成と諸問題:石窟寺院を事例とした美術史的考察, 豊山亜希, 第42回南アジア研究集会,   2009年07月18日, 旅館「伯梁」
  • Cutting Practice on the Rock, Layering Sanctuaries on the Water: Assimilation and Reproduction of Tradition in the Western Deccan Caves, Aki TOYOYAMA, The 3rd International Conference on South and Southeast Asian Association for the Study of Culture and Religion,   2009年06月03日, Institut Seni Indonesia
  • The Reconstruction of Oriental Identity through Buddhist Heritage: The Study of Indian Cave Temples, Its Reaction and Interpretation in Asian Countries from the 19th Century till Today, Aki TOYOYAMA, The International Conference on Heritage in Asia: Converging Forces, Conflicting Values,   2009年01月09日, National University of Singapore
  • ターナーレー(ナードスル)第7窟浮彫の考察―西インド初期歴史時代における仏教石窟寺院への新視点―, 豊山亜希, 第61回美術史学会全国大会,   2008年06月01日, 東京大学
  • 西インド仏教石窟寺院の分布と造営時期に関する考察, 米田文孝、豊山亜希, 日本考古学協会第74回総会,   2008年05月25日, 東海大学
  • Through Ports, Passes, and Junctions: Reconsideration of the Excavational Patterns of Minor Buddhist Caves in Western India, Nobuo NAKATANI, Fumitaka YONADA, Akinori UESUGI, and Aki TOYOYAMA, The 19th International Conference on European Association of South Asian Archaeology,   2007年07月03日, Bologna University (Ravenna Section)
  • Buddhist Caves as a Symbol of Socio-economy: With Special Reference to Junnar Caves in India, Aki TOYOYAMA, The 2nd International Conference on South and Southeast Asian Association for the Study of Culture and Religion,   2007年05月27日, Mahidol Unversity
  • ジュンナル石窟レーニアードリー第6窟について, 豊山亜希, 第58回美術史学会全国大会,   2005年05月28日, 大阪大学
  • 西インドの石窟寺院―ジュンナル石窟寺院を中心として―, 米田文孝、豊山亜希, 国際シンポジウム「古代インドの都市像を探る」,   2004年11月20日, 関西大学
  • ジュンナル石窟マーンモーディー第25窟及び第26窟について, 豊山亜希, 第55回美学会全国大会若手研究者フォーラム,   2004年10月09日, 京都工芸繊維大学

MISC

  • 幻想が作り出す「伝統」――インドの「野外美術館」, 豊山亜希, 月刊みんぱく, 40, 8, 16, 17,   2016年08月, 招待有り
  • インドのナショナリズムを「扇動」した日本のタイル, 豊山亜希, 民族藝術学会会報, 88, 5,   2016年
  • インドの近代化遺産とビジネス・コミュニティ, 豊山亜希, 『現代インド・フォーラム』, 28, 3, 9,   2016年
  • ハヴェーリーにおける「インド的近代」の表象 : 植民地インドにおける商業集団マールワーリーの変わりゆくアイデンティティ, 豊山 亜希, 多民族社会における宗教と文化 : 共同研究, 17, 3, 33,   2014年03月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009807811
  • 植民地経験の表象としてのハヴェーリー:英領インドにおける商業集団マールワーリーの文化交渉実践, 豊山 亜希, ICIS次世代国際学術フォーラムシリーズ 第4輯『近代世界の「言説」と「意象」―越境的文化交渉学の視点から―』, 239, 270,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005686841
    概要:The examination of modernity in Asia is often accompanied by the evaluation of the colonial experience and its refl ection onpostcoloniality. Among Asian experience of colonialism, that of India may have infl uenced highly on the awakening of identity indiff erent levels of the world. Of various facets of colonial experience of India, this paper focuses on the mercantile community of India called Marwari. The recent development of Indian economy highly owed to conglomerates, among which not a few leading fi rms such as Birlas and Bajajs are from this community. Their ancestors left their homes in the barren region of Shekhawati in north India, and made their fortunes in the nineteenth-century colonial cities. From the early twentieth century, they gradually entered into industry and developed into conglomerates. While the preceding studies on the Marwari community have been led mainly by the fi elds of economic history and anthropology, aiming to understand the characteristics of their moral economy, this paper argues on their cultural practices from an art-historical perspective, particularly on their residential mansions called havelis.Living in humble style in colonial cities or their economic headquarters, the Marwaris spent their fortunes for philanthropicdeeds in the form of architectural projects such as havelis, temples, and wells in their hometowns of Shekhawati, dating between the1830s and 1930s. Famous for their colourful mural paintings, it has been generally considered that havelis were the visual spectacles of the Marwaris to show off their economic success to the eyes of their hometowns. It may be likely that havelis were cultural devices that were strategically created for self-representation of the Marwaris in thecolonial economy. However, it may be questionable to see the haveliconstruction of the Marwaris continued on the basis of a single intention for about a hundred years, even though colonial Indiaduring this period experienced drastic changes from British high imperialism to national movement. This paper attempts to see those changes through mural representations of havelis, thereby the characteri stics of colonialityin Asia and its refl ection on postcoloniality are substantiallyunderstood. The paper fi rstly defi nes as to who the Marwaris are. Secondly, the reason why the Marwaris invested their fortunes in the hometowns rather than the economic headquarters is argued. Thirdly, the mural paintings on havelis are analysed according to their subject matters, and those mural paintings and its relationwith contemporary visual culture are discussed. And lastly, the making of identity of the Marwari community in diff erent stages of colonial India is revealed.
  • 『アジャンター遺跡の保存修復にむけた専門家会議』, 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター編・発行,   2010年
    概要:翻訳(英語→日本語)
  • 西インド前期仏教石窟の消長過程に関する研究--ジュンナル石窟における建築様式の展開を中心に (「美術に関する調査研究の助成」研究報告) -- (2007年助成), 豊山 亜希, 鹿島美術財団年報, 25, 395, 405,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016606166
  • 『インド石窟寺院の美術史的研究―西インド地域を中心として―』, 山岡泰造・中谷伸生・上杉彰紀・豊山亜希ほか,   2006年
    概要:平成15‐17年度科学研究費補助金(基盤研究B 海外学術調査)研究成果報告書
  • ジュンナル石窟マーンモーディー第25窟及び第26窟について―紀元前後のインド社会における仏教僧院の役割―, 豊山亜希, 第55回美学会全国大会 若手研究者フォーラム論文集, 169, 179,   2005年
  • マヘート遺跡出土のヒンドゥー彫刻に関する若干の考察, 豊山亜希, インド共和国マヘート(舎衛城)遺跡の研究―王宮地区の調査―(平成14-16年度科学研究費補助金・基盤研究B2・研究成果報告書, 79, 92,   2005年
  • 西インドの石窟寺院―ジュンナル石窟寺院を中心として, 米田文孝、豊山亜希, 関西大学国際シンポジウム資料集 古代インドの都市像を探る, 33, 66,   2004年

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助員(若手研究B), 植民地期インドの商家建築壁画にみる近代性と民族主義の形成過程, 豊山亜希
  • 科学研究費補助金(若手研究B), 植民地インドにおける商業カーストの邸宅建築に関する基礎的研究, 豊山亜希
  • 科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 西インド仏教石窟寺院の基礎的研究―美術史及び考古学を軸とした学際的アプローチ―, 豊山亜希
  • 科学研究費補助金(若手研究スタートアップ), 西インド仏教石窟寺院の基礎的研究―美術史及び考古学を軸とした学際的アプローチ―, 豊山亜希
  • 日本科学協会, 笹川科学研究助成(学術研究部門), インド仏教石窟寺院の展開過程における〈ミッシング・リンク〉を求めて―コーンカン地方の造営例に関する美術考古学的研究, 豊山亜希
  • 鹿島美術財団, 「美術に関する調査研究」研究助成, 西インド前期仏教石窟の消長過程に関する研究―ジュンナル石窟における建築様式の展開を中心に―, 豊山亜希
  • メトロポリタン東洋美術研究センター研究助成, 西インド仏教石窟の消長過程に関する研究, 豊山亜希